--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.27
Mon
あの、ずっと気になっているのですが、

どこの赤子もそうなんでしょうか。


我が子、気が付けば目頭に抜け毛が溜まってるんですけども、

どこの赤子も溜まるもんなんでしょうか。


最初は、


あら、こんなキワにまで睫毛がびっしり!
うちの子、睫毛長くて多いんだわ♫


と、浮かれポンチだった私ですが、

よく見ると生え際が無いという、
奇怪な有様を目の当たりにしたわけですよ。

試しに、目頭からちょろっとはみ出している毛、
指で引っ張ってみたわけですよ。

そうしたら、出てくるわけですよ、

睫毛でもない、髪の毛でもない、どこの馬の骨か分からない毛が、

目頭から2本3本と、気味が悪いですよ。

長さ的に睫毛のような、しかし細さからして髪の毛か。

全くわからない、ああわからない、


2012年4月~13年3月生 ブログランキングへ

歌舞伎役者が目頭に色を入れるような、

そういうニュアンスで溜まっている毛なのでしょうか。



そして我が子、目頭に毛を溜めて違和感無いのか。

いまのところ、目に異常なく毛の撤去作業は捗っているからいいのか。

こんなんで眼科行くのもなあ・・・


せやけど、

『この時、烏上さんはその毛を気にもとめず、

まあ、取っとけばいいでしょ! と、

指で引っ張り出すという禁忌を犯し、

あろうことかその後、放置していたのです。

そして2週間が経ったある朝・・・』

的な、たけしの家庭の医学みたいなことになったら、

・・・いや、無いか。
comment 0 trackback 0
08.26
Sun
今日、帰省中のいとこが娘2人を連れて我がマンションに遊びに来ました。


鹿児島に住んでいるいとこ、

もうすぐ4歳になるおませな姉、10カ月の妹、2人をたった1人で連れて帰ってきたんだって。

すごいわ。 私、子が1人でもあわわわわ、あたふた、挙動不審になることだろうに・・・!



訪問と同時に、照れ出す姉。 頭にはプリキュアみたいなカチューシャ。真っ白なワンピース。


女の子だねえ。

最近はすっかり女の子で、ピンクが大好き、ピンクのものを集めているらしい。

そして、スカートしかはかないそうだ。


そしていとこに抱っこされている10カ月の妹。

すごい、もう、子どもだ。赤ちゃんじゃない! いまにも口利きそうだ! …それは言い過ぎた! 

足の裏のサイズもぼんずの数倍はある! 

全体的なサイズはそんなに変わらないように見えるのに、何かが圧倒的に違う。



髪の毛だ。


私の子には髪の毛がない。 毛といっても、産毛だ。 とうもろこしのひげみたいな、そよそよする毛。


目の前にいる赤子は、髪を縛れるほど毛がはえている。もう大人やないか。


まあよく見れば、肩幅も手のひらの大きさも腰のあたりも、全然違う。




そんな姉妹、うちにあがるやいなや、地べたにぺたっと座り、姉のほうは、まだ照れている。

妹のほうは、かばんのキーホルダーやペットボトルの底をかじっている。


いとこはそんなことで、動じない。 しずかに、そっと見守り、本当に危ない時だけ注意している。



す、すごい・・・ 「おかあさん」だ・・・

ちゃんとしたおかあさん。 芯があって、ぶれない。


私はまだ子を持って2か月ちょい。まだまだおかあさんの役割なんてない。

乳飲ませて、身の回りの介護というか、仕事していた時の延長みたいな感じだ。

しつけだの、見守るだの、私がしているところ、全然想像できないわ。



しばらく子どもらは床にへばりついたり、こそっと姉が妹をいじめたりしていた。

ぼんず、なんと冷たい目でそれを見るやら。

全く動じない。ぶれない。

妹にボール投げられても、はたかれても、泣かない。 不動明王みたい。

ちょっと見直したよぼんず。えらい。


姉はちょっと飽きてきたのか、手持無沙汰、いとこに甘えだした。




旦那に頼み、近くのショッピングセンターで妹には絵本を、

姉には髪飾りとキティーちゃんのハンドタオルを買ってきてもらっていた私

丁度いま、それ渡すのにグッドタイミングだわ。


旦那から渡すかコソっと聞くと、嫌や、と、瞬時に拒否。

なので、かなりキャラを作って(私も子どもの扱い分からないので苦手)姉に渡す。

すると姉、パッと奪い取り、妹の絵本まで奪い取った。 おお、そんなガツガツしてるんか。


私が開けるー! と、包装をべりべりする姉。 ペットボトルをしがみながら号泣の妹。

それを傍観するのみの、ぼんず。

やだわ、なんだか、混沌としてる!



「もう入ってないの~?」と姉。

ピンクが好きだと聞いていたので、他の髪飾りもあげてみた。

(妊娠するずっと前から、女の子欲しいと思っていなかったはずなのに、可愛い髪飾りを見つけては

 着々と集めていたのです。私らしくもなく、アンパンマンの大きい缶にたくさん。

 その中から、ぼんずに似合わないだろうブリブリした女の子っぽいものを数個、用意しておいたのです。)


すると姉、嬉々として「このりぼんのする~!」と小躍りしている。

おお、プレゼント攻撃、効果あり、やな。

なんか、貢ぐおっさんの気持ち、分からんでもないな。


そして可愛い小振りの紙袋もあげてみた。そうすると、そこに自分のこだわりで詰めていく。

ちょっとした自分の中のルールとかこだわりとか、女の子だね。

ごちゃごちゃと入れているようで、整頓させている。

 

いとこ、「子どもたちだけで写真撮ってもいい?」と言ったので、便乗して私も写真撮った。

 

後で見直したら、ぼんず、どれもガツンといわしてる顔だ。 全くかよわくない。 

1人だけバウンサーに座っている。なんかそれが社長椅子みたいで、ドンみたい。二重あごやし。


そして写真撮るよといってまとまるはずもなく、すぐに飽きる姉、ぐずる妹、

動じない、だけども若干不機嫌そうなドン。 最早ドン小西化している。


妹をあやそうと、いろんなおもちゃを試すが、すぐに姉がぶんどる。

そして妹泣く、またぬいぐるみとか見せる、また姉がぶんどる。


そして姉が飽き、床に放り出したおもちゃを妹が拾い、ぐずり、姉に妨害されながらもつかまり立ちし、

そしてバウンサーにお座りになっているドン小西に投げる。

そしてドン小西、ちょっとだけ眉毛が柴犬になる。

これをず――――――っと、繰り返していた。


子ども2人って、大変!!!! 2人以上を育てているおかあさん、超人だ!!!すごいわ!!!



まだ2人目のこと考えたくはないけれど、とはいえ、いずれは2人目欲しいけれど、

なんか今日、ひとりでいっか・・・と思ってしまった。


2012年4月~13年3月生 ブログランキングへ

旦那、いとこ達が帰ったあと、毒付いていた。

ソファーでジャンプしたり、押したりしていた姉。安物のソファーなので随分と外見が変わっていた。

なんか、ボロ雑巾みたい。

「あのガキはほんまにぃ~」と、半分冗談、半分やや本気でうざかったみたいだ。

いや、私だって、いとこといえども人の子。菩薩のように可愛いと思えないわ。


小憎たらしい。だけども、出産前よりかはずいぶんとイラッとしなくなった気がする。

それでも対応時はキャラは作ってしまうけれども。



旦那がチョイスしたキティーちゃんのハンドタオル、姉が包装を開けているときにチラッと見たら、

榮倉奈々×HelloKitty と書かれたタグがついていた。


おっさ~ん! チョイスチョイス~! 


ぼんず預けて私が行けばよかったんだけれども、暑いし、正直、何回も外出るの、嫌だし・・・

行かせといてケチつけて、すまんね旦那。


とはいえ、榮倉奈々とHelloKittyの関係とは何だ。
comment 0 trackback 0
08.25
Sat
アイマイミーマイン♪

と、小学生の頃よく言っていました。


いまもやっているんですな、ひとりでできるもん。

昔は「まいちゃん」だったのが、今は「まいんちゃん」、だって。 時代だねえ。

現代は まいんちゃん のほうがウケが良いのかね。



旦那の仕事が激務に激務を重ねている。

帰宅時間も9時で早いと感じるくらいになってきた。朝は7時前に家を出るのに。

そら、ハゲも進行しつつあります。 歯が痛くても歯医者行けません。



ということで、私、気が付けばぼんずを一人で風呂に入れられるようになっていた。

お祝いでもらったおもちゃ券で購入した安物のバウンサーを、風呂場の前へ持っていき、

おむつのみ着用、上からタオルで保温したぼんずを座らし、風呂の扉半分開けて私シャワー。

ぼんず、しずかに着席したまま待っている。

そして不思議そうにこっちを見ている、気がする。(裸眼の私は視力0.0いくらなので見えない)

さっさと洗って頭にタオル巻いてメガネかけて、いよいよぼんずの出番。

旦那が洗身したほうがにこにこ笑顔なぼんず。私でごめんね。


湯船に入ると、邪心が一切ない、無の境地にいるぼんず。

この齢で、「無」を顔で表現できるとは、末怖ろしいわ。



もうそろそろ、子の生活リズムやらを考えていかないかんね。

だもんで、まだ遅めに分類されるけれども、8時半までには入れるようにしている。2、3日前から。


目標は7時。

そして8時過ぎにはぼんずが就寝しているのが理想だな。

まあ、そんな上手い事いくわけないですが。


いつまでも大人時間に合わせていてはいかんね。


私の記憶が正しければ、小学生の低学年の頃、

9時にトイレで目が覚めて、廊下を歩くと聞こえた、母の部屋から漏れるテレビの音、

(たしか たけしのTVタックルだった)にドキドキしていた。


9時で「わあ!大人の時間や!」と思っていたくらいだ。


なので、子には成長ホルモンが出始める8時近くに眠れる習慣をつけたい。


旦那には悪いが、私と子は子ども時間で行動するから、

酒飲みっぱなしで空き缶空き瓶散らかしっぱなしとか、勘弁してくれ。


旦那の些細なことでイライラする私、まだまだ健在だ。


育児・乳児 ブログランキングへ

今日は昼寝一度もしなかったぼんず。夜もぐずり、大泣き2度ほどし、

いましがた寝に入りました。

空腹で泣くも、おっぱい咥えてすぐ泣いたり、(これけっこう私傷ついたりするの。ショックなの。)

泣き疲れて意識飛ぶ感じで寝たり、(これけっこう辛いの。見ているほうも辛いの。)

でもすぐ目覚めて、寝れないことにまた大泣きしたり。

そんなぼんずも先ほど、左の乳だけ一気飲みして、疲れ、死んだようにぽっくり寝ました。

おだやかに、スヤスヤと眠りの世界に行ってくれない日は、なんだか私も心穏やかじゃないわ。



おやおや、穏やかじゃないねえ。 たおやかがいいんだねえ。
comment 0 trackback 0
08.25
Sat
母親の手料理を食べに実家へ帰るという謎の行事のため、今日、実家へ帰る旦那。

じゃあついでに義母に花でも贈りなよ、という話になり、旦那と子と私、イオンへ行くことにした。


歩いて行くにはさすがにまだ子に負担だし暑い。

レンタカー借りる金あったらもっと良い花買える。

というわけで、バスに乗って行くことにした。


ぼんず、生まれてはじめてのバス。人生初の、バス。 初めて3人で乗る、バス。 バルス。





義母の誕生日を覚えていなかった旦那、それどころじゃない日々だった私(授乳の悩みなどで)


すっかりプレゼントし損ねていたのだ。


つり革持ちたいけど、旦那の前に乗った思春期の女の子が乗り口付近に陣取り、邪魔。

あれなんで、若者と女の子は電車では特に、乗降口で立ち止まるんだ。奥に詰めなさい。


前にも進めず後ろにもすすめず、その場にとどまる私。ぼんずも目覚める。

しばらく眉をしかめ、キョロキョロと黒目が動く。 

初めての乗り物だもの、気の済むまで観察なさい。


一駅進んだ時、旦那の前に立っていた女の子がやっと動く。私たちはすかさずつり革へ移動する。

旦那と少ししゃべりつつ、ぼんずの様子を伺うが、機嫌は良くも悪くもないようす。


そんなとき、背中をツンツンされる感覚が。


「空いたから座りなさい」


声を掛けてくれたのは、後ろに座っていた80代くらいの女性だ。

いえいえ、すぐ降りますんで、とすぐ言えず、とりあえず笑顔で手をぶんぶん振り、拒否。していると、

すぐさま乗ってきたこれまた80代くらいの女性が座る。

そしたら、声を掛けてくれた女性が、「も~、座ったら良いのに」と下唇を突き出していた。

いやいや、気持ちだけありがたく頂きます。若輩者は立っておるべきです。


そんなこんなでイオンに到着。

すぐに花屋へ向かうが、良い花がひとつもない。 鉢植えもない。 なんにもいいものがないのだ。


旦那、これやったら、帰る途中で降りて、ええ花屋で買うわ。 と言う。

イオンに到着して1分、目的を見失った私たち。

あんまり長居してはぼんずの負担になる。 ぼんずの足が冷えてきた。


とりあえず、義父母に見せる用の写真をセルフで数枚現像し、帰ろうとしたとき、

夏物最終値下げ! ののぼりが見える。 ベビー服 と書かれた紙も貼ってある。


おお、これはまさに私のためにある売り場ではないのか、

ぼんずには悪いが、少し見せてもらうことに。 

そしたら、なによ、この値段。バカじゃないの。

「今付いている値段よりさらに半額」と書いているけれど、500円って書いてあるけれど、


じゃあ、250円になるの? バカなの?



サイズは80・90・95・100が殆ど。 まあ、来年の夏か、春に着られればいいのよ。

適当に90と95を選ぶ。 イオンなのに、なかなか品揃えが良い。 女女していない服もある。

ペコちゃんのTシャツも売っていた。 もちろんお買い上げする予定で手に持つ。

旦那は男児用から服を選び持ってくる。何度却下しても、男児用を持ってくる。バカなの?



合計4枚選び、レジへ向かう。


ほ、ほんまに250円なんやろうな・・・!


他には700円、と書かれた服も2枚選んだ。


「ハイ、4点で1200円になります」


真面目に言っているの? バカなの? むしろ良いの? え、良いの? 後で何かを請求したりしないの?



1200円ちょうど払った。レジの人、ありがとうございました だけだ。


おお、ほんまに、1200円でけっこういい服4枚も買えたで!


イオンに来てよかった・・・! いってみヨーカ… あ、違うわ



ルンルンでバス乗り場へ向かう。ちょうどバス来るし、なんか、ツイてるね、ノッテるね


再びバスに乗り込む旦那と私。 そうしたら、デジャブですよ。


「ここ、座って?」と、席を譲ってくれようとする女性がいるんですよ。



今度は50代くらいだろうか、立ち上がって譲ろうとしてくれている。

「いえ、すぐ降りるんで、ほんとにいいんですよ、ありがとうございます、すいません、いや、ほんとに」

若干早口で全力で断る私、女性の肩をさすってまで、強烈な断り方。逆に失礼なくらいだ。


「そお~?いいの~?」  女性、せっかくのご厚意を無にする人見知りですいません。


旦那と無言でつり革握る。 自然と目の前の広告に目をやる。


怪しげな、マイク真木が山高帽かぶったような感じのオッサンがいる。

羅王、と書かれている。 何の人かと思えば、占い師らしい。マイク真木が。



降りる駅ひとつ間違えたけれども、ルンルンで帰宅。


結局ぼんずの服と、ぼんずの写真現像しただけだったな。

あと、見知らぬ女性に気を遣わせただけだったな。



イオンに行っても、自分の物はどうも買う気になれなくなった。

チャオパニックが出しているリーズナブルな服屋を覗いてみたが、どうも違う。

着飾ることをやめるつもりはなく、自分の好きなテイストの服をこれからも着るつもりだが、

なんか、購買意欲がない。もったいない。服買う金あったら絵本買ってみたい。


おかあさんアピールしたくないのに、思考が母親ティックになっている感が否めない。

これもホルモン、関係あるのかしら。

子の為に自分犠牲にしてます感なんか、いらないのに・・・ 無意識に、子のことばかり考える。


2012年4月~13年3月生 ブログランキングへ

バスに乗っていても、若者の席譲る率、少ないなあ。

私は譲ってほしくないけれども、音楽聴くフリしていたり、携帯ずっといじっていたり。

年配の人が優先座席から立ち上がって席を譲ってる風景に違和感だ。



あ、私みたいなやつに全力で断られた時が面倒だから、若者は席譲らないのかね。
comment 0 trackback 0
08.24
Fri
ぼんず、生後78日目

髪、サイド部分が伸びてきており、しかし額は産毛だ。

















毛沢東




あっ間違えた、
















毛が毛沢東




横顔は可愛い我が子、

正面は妖怪えだ豆小僧(今作った妖怪)みたいになってきた。



        



               ~ぼんずの変革~
 

     鼻高いクール系ベビー♪





          ↓

   (この間に何かが起こったとしか考えられない。)

            ↓

 


        坊

        ↓
  

       出川哲朗

        ↓


       毛沢東








・・・ほんまにこの子、可愛くなってくれるの?


まだ斜め45度はギリギリ可愛く見えるけれども・・・


はいはいしだしたら痩せるの?

・・・心配だ。
comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。