--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.07
Mon
5月最初の健診がやって来た。

前回が助産師外来だったので、医師の診察はかれこれ1か月ぶり。


・・・36週4日というと、ほぼ37週か・・・  ということは、内診かしら・・・

と、昨日の夜思い立ち、お恥ずかしながら アンダーヘアーのお手入れをしようとする私。


しかし、 なんということでしょう。

アンダーがもうなんか、アンダーでさえなくなっているというか、インサートしているというか、

もうつまり、視界には腹しか見えない状態。


長年の勘と匠の技で、鏡のない浴室でお手入れを試みたところ、



なんということでしょう。



左側だけジョッサリ刈ってしまう という惨事に見舞われる。

まさに時代に乗ったアシンメトリーヘアー。


もう、いいんだ。 誰も私のアシンメトリーなヘアーには気付くまい。


そんなヘアー事情を抱え、中待合いで診察の時を待つ私。連休明けのせいか、いつもよりも混んでいる。 

しばし待っていると、 先に腹囲を測りま~す、 と助産師さん登場。


まずは助産師さんによるおっぱいマッサージアドバイス。

おっぱいの模型を自分の乳にあてがい、助産師さんの言うとおりに模型の乳首を転がす。


・・・こんなにこねくりまわすのかよ・・・! 乳首がもげる思いで模型をいじる。

「うんうん、そんな感じです! 37週に入ったら本格的に、お腹が張っても毎日続けてくださいね!」

と、ノリノリな助産師さん。

本格派おっぱいマッサージ・・・ 言葉だけ見ればオッサンが通ういかがわしいお店みたいだ。

とにかく、赤子が吸いやすいように乳輪、乳首を柔らかくしなければ。 

以前の助産師外来でも言われたけれども、私の乳輪と乳首はイマイチなんだ。

しかしマッサージで硬さや柔軟性が変化するなんて、おっぱいの神秘だよ。


そして腹囲測定タイム。

前回99.5センチ。 ああ、明らかにオーバー・ザ・100センチなんだろうな・・・ 

と微妙な心境のなか、助産師さんのメジャーが腹に巻きつく。


「はい、いいですよ~」 助産師さん、何センチでしたん? 聞く間もなくテキパキ動く助産師さん。

あああ・・・105センチとかなってるんかしら・・・ 着衣の乱れを整えていると、


「あ、フグ田(仮名)さん!? もう一回測らしてもらいますね~」

カーテン越しに助産師さんリターンズ。 え、そんなに異常な腹囲なんすか?

ビビりまくりまクリスティーな私

「・・・え~・・・と、 うん、やっぱり合ってるね!」

・・・はい?  若干、杉下右京みたいになる私
 
「前回より4センチ小さくなってますけど、問題ないですからね♪

 赤ちゃんが動いたりで腹囲は変わりますからね」 と助産師さん。

・・・はい? もういちど、杉下右京化する私


どうも前回より腹囲は小さくなり、95.5センチ。 それでも大きいな・・・。

しかしなぜかちょっとホッとした、杉下右京化している私。


子宮底は31センチ。 体重はちょいと服分の重さをサバを読み、それでも+1㎏。

やっぱり体重増加が半端ない。 しかしぼんずは絶好調に元気だ。


助産師さんとの絡みが終わり、再び診察室の前で待つ私。 しばし待ち、順番が来る。 

「じゃあこちらからどうぞ~」 と案内されたのは、やっぱり内診の部屋だった。


左だけかりあげクンなんですけど・・・ 先生、そんなとこ見ないわよね・・・

ちょっとだけ気がかりな私、いそいそとぱんつとズボンを脱ぎ、内診台に座る。


久しぶりの内診、

なんというか、膣に器具が・・・! という感覚が超絶に久しぶりだったので、ちょっと痛い。

しかし頭上のエコーを見ていると、ぼんずが映っているではないか

自然とリラックスする私。 ぼんず、本当に元気だ。

推定体重はこれまた意外にも2493g。 

てっきりこの腹の大きさだと、3000g近くまでいってるものだと思っていたが、親孝行な子だ。

とりあえず、順調に成長してくれているようでホッとしたよ。

今週の木曜には37週目に到達。 いよいよ、正産期だ。


妊娠・出産 ブログランキングへ



ここからちょっとグチグチ打ち込みます、ええ、ただのグチです。すみません。


今日も中待合いに旦那か彼氏か知らんが、連れ込む女がいた。

そりゃあ、いろんな事情で一緒に来るのは構わないんだよ。

良識のある人は付き添いの旦那は立って待ってるとか、呼ばれるまで外待合いで待っているもんだ。


しかし明らかに場所取り過ぎなそのアベック。

それぞれが携帯をいじり、2人して足を組み、狭い通路なのに妊婦が通るのに邪魔じゃなかろうか。

ただでさえ大きいお腹で見えにくいのに・・・ 妊婦だけじゃなく調子の悪い人だって来ているのに。

幅を取ってゆったり座るアベック、でかい声でしゃべりだし、周囲への気遣いはもちろん皆無。

中待合い入口では立って待ってる人だっているのに・・・!


女のほうはきょろきょろ、他の妊婦が呼ばれるたびにアゴを上げてじーっと見たり、

(汚い言い方をすると、ガンをとばしている状態。) 男も周囲を気遣うことなく。


帰り際、カバンを男の組んでいる足先にあててやったんだぜぇ? 腹で見えないフリして。妊婦っぽく。

いや、実際腹大きいから見えないんだよ。男の足。危ないというより邪魔。


産科・婦人科は女特有の科だ。 男がいるだけで嫌な人だっているだろう。

皆がみんな、妊娠してめでたいね~♪ という人じゃないんだぞ。


しかし、あんな平然と男を中まで連れてくる女は何なんだ?

事情があるなら、せめて邪魔にならんように座れ。 そして他の患者が座れない状況なら男は立て。

同じ女としてほんと嫌だ。 周りがみえない女はほんと嫌。 男もだけれども。

傍若無人とは、まさに彼らのためにある言葉だと思ったよ。

まさに、傍らに人無きが如し。 波平さんに見せたら、確実に「バッカモ~ン!」をくらうぞ。


と怒り狂う私は異常かしら・・・ いや、あれはないわ。妊婦仕様な精神状態でなくても、ないわ。


このあと後期検査で血液採取とレントゲン撮影を体験する私。

次に続きます。
comment 0 trackback 0
04.21
Sat
今日は両親教室。 しかも最後。





めっっっさ うれしい!!  と、



旦那と2人、喜び勇んで出発。

あの馴れ合い空間とも今日限りでさよなら・・・! こんな嬉しいことがあるだろうか!

思わずテンションも上がり気味な旦那と私。



いやいや、子が産まれてからは もっと馴れ合いの場に参加しなくてはいけないんだぞ。

もっと濃密な感じなんだぞ。 旦那は助けてくれないんだぞ。 と、ちょっと気分が沈んだけれども。


でもいいんだ。 今日が終わればいいんだ。




はてさて、今日のメインは沐浴。

そしておもに旦那衆が行う。 というか、旦那衆のための実習だった気がする。


まずは、助産師さんの実演を参加者全員で食い入るように見学。

前のめりで真剣に覗き込む旦那もいれば、後ろで手を組み興味なさげな旦那もいる。


私の旦那は、興味ある風に装いつつ、よく分からない姿勢で挑んでいた。



まずは赤子人形の抱き方をレクチャーされる旦那衆。

耳に水が入らないように、親指と(手の大きい男性なら)人差し指で耳の後ろを軽く押さえ

手のひら全体で後頭部から首あたりを支える。

そしてもう片方の手で、お股からおしりにかけて支えるように持つ。


赤子をしっかり抱え、いざ湯船へ。

目のまわりからガーゼで優しく拭き、お股は最後に洗うという流れを記憶中の旦那衆。


「では、実際にやってもらいましょう!」

という助産師さんの掛け声で、旦那衆の発表会が開始される。


トップバッターは、やや調子乗り気味の比較的若い夫婦。

実践する旦那方はいちいち失敗をフォローするかのように、グチグチしゃべりながら実演。

それに合わせて奥さんがいちいち「モォ~ッ♪」と答える。


そして、それを見てなぜかイライラする私。 旦那も若干イラッとしている様子。 

グチャグチャうるさいねん・・・はよせえや・・・ と、心がすさむ私。

最近気が荒くなることが多い私。胎教に悪いったらないや。


そして何組かの夫婦が実演を終え、私と旦那の順番が来た。

旦那は異常に物覚えが早いので、怖ろしくテキパキと終わらす。

こういう時の旦那の要領の良さは、ちょっとうらやましい。 

しかし家ではそのテキパキさは、一切発揮されることがないんだ。 くそう。


そんなこんなですべての旦那衆が実演を終え、最後の両親教室は無事終了。


「はぁぁぁぁ~・・・・ やっと終わった~!」と、喜びの雄叫びをあげる旦那。


帰りはルンルンで足取りも軽い旦那と私。

調子に乗って、ミスタードーナツでドーナツを買ってしまう。


なにはともあれ、無事に沐浴の予習が出来てよかったよ。

産むまでに確実に忘れ去っている気がするけれども・・・いいんだ。

産まれたら嫌でも覚えるだろう。 と、適当なことを言ってみる。


ああ・・・ドーナツ食い過ぎて胃が悪いよ・・・。

まじめに臨月に突入したら自粛するんだ。 これは本気なんだ。

出産後はドーナツそんなに食べないんだ。 そうするんだ。


・・・しかし甘いものはうまいっ!

せんべいもうまいっ! 何食べてもうまいんだけれども。


妊娠・出産 ブログランキングへ


底なしの食欲が半端ないや・・・。

もうこれ以上肥えたくないんだけれども・・・
comment 0 trackback 0
04.16
Mon
本日はお日柄もよく、非常に病院日和だ。

病院近くの大きな公園の桜がまだまだギンギンに現役で、ちょっとした花見気分で向かう。

どうでもいいけど、鳩の集団が地面に座り まどろんでいた。

もうちょっとで踏みそうになったじゃないか・・・

そうか、君らも花見か。   そうか。  なら仕方ない。
   


さてさて、今日は2回目の助産師外来。

いつもより丁寧にエコーを見せてもらえ、しょうもない質問もし放題。


たまにおりものに色(白と黄色の間)が付くんですけど・・・
 ↓
特に心配ないですよ♪
 ↓

ごくまれに、黄色なのか若干黄緑がかったような色かな?という時があるんですけど・・・
 
今日ここ↑


妊娠後期はおりものが増えるし、体調的に雑菌が繁殖しやすくなることもあるので

あまりにも黄緑だったり、量が増えるようなら受診しにきて下さいね。 ということだった。

いまのところ、見た感じ黄色っぽく よく見るとうす~く黄緑がかりつつある黄色 という感じ

しばらくおりものの量・色の経過を見ることに。 まさに おりも政夫



そしてぼんずの心音を聞く。 1分間でおよそ160回くらいの鼓動

おおお!元気に生きとる! ひと安心。


それからエコーを見る。

今日はおもしろいくらいよく動き、  ・・・いや、動くというか うごめく感じか・・・。

エコーのほうにしっかり顔を向けているぼんず。

なんてゆうサービス精神・・・! 


しかしなぜ、写真をもらえる医師の診察の時は 顔をそむけるのかぼんず。

私に似て、医者嫌いなのかぼんず。

・・・じゃあ仕方ないなぼんず。



「あーっ!すごいっ!見えます!?」と、助産師さんも思わず声が高くなるくらい 

はっきり顔が見える。表情も面白いくらいはっきりと見えた。

そしてぼんず、怖ろしく鼻筋が通っていた。

助産師さんも、「すご~い!鼻筋!見えます!?こんなにはっきり見えるの珍しいですよ!」と言う。

いやいや、私には鼻筋という器官は存在しないのだよ。

100割旦那の遺伝子だな。 ・・・良かったよ・・・。 女の子で私に似たら、ちと可哀相だ。

鼻筋を誉められ気分が良くなったのか、ぼんず 手を頬にあてがい、悩ましいしぐさをする。


きみ、談志師匠みたいやな。



しかし、さすが旦那の赤子。可愛くないわけがない。

外見がという意味ではなく、愛おしさが半端ない。

うごめくしぐさも、エコー中は生中継でお送りされるため 感動の超大作。

普段は寝る前に松平健並みの暴れんぼんず将軍で、「モォ~~・・・寝れないじゃな~い・・・」と

私もついつい瀬川瑛子になるが、映像が見えると話は別だ。

なんかこう、パソコンにエコー見れるあの棒みたいなやつ繋いで、家でも手軽に見れないだろうか。






im





さすれば、私だって真島先生みたいにご機嫌なのに・・・

rep_070809_02 - コピー



エコ-中、なんとぼんずがあくびをしたよ!はじめて見たよ!胎児のあくび!

まさに「ふああぁぁ・・・」と言っているかのような、あくびだったよ!

あんなにはっきり見えるなんて!助産師さんも感動していたよ!

と、テンションが若干上がり気味な助産師外来でした。


妊娠・出産 ブログランキングへ


私、いまだに元気になりたい時などにはマツケンサンバⅡを聴いて、

プロモーションビデオのDVDを見ています。

そうすると、自分はなんてちっぽけなことでチマチマ悩んでるんだろうか。
 
  ば か ば か し い   と、 ある種フレッシュな気分になれる。

なので、陣痛CDに加えようか本気で思案中だったりする。

いや、確実にイライラするんだろうけども。


ちょんまげものは大好きな私。 時代劇のサントラとか買ってしまうくらいに好きだ。

ちょんまげCDを聴くと、旦那にはイラッイラされるけれども。 好きだ。
comment 2 trackback 0
04.02
Mon
4月に入って1回目の妊婦健診


この前行ったと思っていたら あっという間に健診の日。 

それだけ出産予定日にも近づいているんだよなぁ・・・  

年取ったせいもあるけれど、本当に1か月があっという間だ。


病院に向かう途中、いつも通る大きな公園にある桜の木が咲きかけていて 

ちょっとテンション上がる。


桜の木を見つつ、ああ、新年度だな。 新入社員の季節だな。 と、

ちょっと意味の分からない感慨にふけっているうちに病院に到着。


いつも通り血圧・体重測定・検尿を済ませ、中待ち合いで順番を待つ。


4月最初の月曜日、新年度だからなのか何なのか、とにかく物凄く混雑している。

いつもより倍近く待つ。 ああ、尻がしびれてきたよ 隣の人が近いよ 息苦しいよ


若干拷問のようなキュウキュウ度合い そしてなぜか私だけ両隣はおばちゃん


そして右の人は強烈にタバコ臭い。 携帯をカバンから出したり入れたりよく動くおばちゃん

腹にその都度、軽い肘鉄をお見舞いされる。 その都度、私も軽くイラっとする。

腹を狙うんじゃないよ! と、浅香光代のように心境は大荒れだ。

そんなに携帯気になるなら ずっと出しとけ! ずっと手に持っとけ! ガサガサすな!

尻のしびれと酸素の薄さとタバコのにほいに気が荒い私


そんな私をよそに、おばちゃん、ついに携帯で通話しだす。

想像を絶する、場末のスナックのママ以上に酒やけした声だ。

私の左隣のおばちゃん、右隣のおばちゃんをグイグイ覗き込む。 私さらにキュウキュウ





ああ・・・    もう、  どうでも   いいや・・・





しばらく無心を心掛け、無の境地に旅立つ。 そのおかげか、私の番号が呼び出される。



ああ・・・・・ やっと解放される・・・・



一気に広がるフローラルフルーティーのかほり・・・ 

いや、なんか パァァァ・・・! とバラが咲いた背景に、脳内の私がスキップしていた。



そのまま妄想スキップで診察室へ


診察室のベッドで腹を出して待機  けっこうな時間を軽いヘソ出しルックで待つ。

すると助産師さん登場、腹囲・子宮底を測ってもらい、腹にタオルをあてがわれ今度は先生待ち

ああ、腹冷える・・・ 

10分弱待ち、やっと先生登場  やっぱり今日はいつもより待たされる気がする。



その理由がなんか分かったぞ! いつもの先生の後ろに、何かおる!!



研修医くさいぞ、この人・・・  いや、新人医師か? 異動してきた医師か?


・・・とりあえず、いつもの雰囲気とは違うのは確かだ。

しかし先生、後ろの人が誰で 何目的で私の腹を見に来たのか説明してくれず

さあ?アンタの小汚い腹でも見せてみなさいよ!  的な威圧感を醸し出しながら

後ろの人がグイグイ覗いてくる。 私の腹を。 



昔から思うのだが 研修医がいます とか、患者には一言伝えるべきだと思う。

医者は当然のように研修医を引き連れてくるが、個人的にあれは不快だ。

一応、患者だって人間だもの。 と、愚痴りたくなる。



さて、ぼんずがエコー越しに画面に現れ、腹の冷えも忘れるくらい安心する私

おお、いとしの我が子・・・ と、感動覚めやらぬなか 先生がぼんずの頭の直径を測る。


「順調に成長してますね~ 順調すぎるぐらい!  ・・・ちょっと頭大きいかなぁ~!?」


・・・ぼんず、頭が大きいようだよ。 頭でっかちらしいよ。 ・・・ちゃんと出てこられるのかね?


ぼんずの体重はまたまた増え、1812g

私の体重もまたまた増え、2週間前より0.6kg肥える。 ・・・あああ、止まらない体重増加


子宮底は29cm  前回より3cm上昇している。 そら胃も圧迫されますわな。

腹周りも前回より6cm大きくなっていた。  ・・・ただの食べ過ぎなのか? 増え過ぎだ。


今日のぼんずはエコーに背を向け、終始うつ伏せで過ごしていた。

顔も見えず、おまたも見えず、 見えるのは背骨と握りこぶしのみ・・・。

ああ、なんだかつれないなァ・・・ぼんずよ・・・。


しかしよく動くぼんず 元気そうで何よりだ。 

すくすく育ってくれるのは良いのだけれども、あんまり頭大きくなり過ぎないでおくれよ。

わし、股裂けの刑は怖いんやでぇ・・・


妊娠・出産 ブログランキングへ


ぼんずとの再開を終えるとともに、先生の後ろの人は そそくさと退散していった。


・・・なんだったんだ・・・。 


そういえば、


分娩のときに研修医が見学に来ることがあるよ~!ぞろぞろと股のほうにいるから嫌やった~! 


と、仕事をしていた頃に職場の人が言っていた。



なんなんすか、その嫌がらせ・・・  まじで勘弁してくださいよ・・・


研修医を拒否する権利ってあるのかしら・・・ 黙秘権みたいな感じのやつ。

産後のおまたなら かろうじて許すが、分娩時は嫌だ・・・

いやだぁぁぁぁぁーーー!!
comment 2 trackback 0
03.19
Mon
今日は妊婦検診へ行って参りました。

今日もきちんと頭を下にして、おりこうさんな ぼんずです。

エコーの際も、こちら側に顔向けする、おりこうさんな そんなぼんずです。




体重も増え過ぎやないかと疑われるほど増量し、29週4日目で1580g

私の体重も 増え過ぎやないかと確信するほど増量し、前回よりも約1㎏肥えた。



・・・やべえ・・・ 

最近チョコレートのアイスばっか食って 

そのうえ せんべい食いながら焙じ茶飲んで、

昼の再放送ドラマ観まくって ダラダラしているからか


昨日 晩ごはんをたこ焼きにして、4回も焼いて食いまくったからか



とにかくヤバイヨヤバイヨ 出川さんリアルにヤバイヨ


まじで明日から本気出す   と、何回宣言すれば本気を出すのだ私


と、体重増加に焦りを感じつつ、ぼんずのエコーは順調に進行。

先生から「今日は調子良いですねぇ~」と、ぼんず お褒めにあずかる

私も、 そうでっしゃろ?うちの子ですねや~ と誇らしげ。



「ん~~・・・ これなら4Dしっかり写ると思うけど・・・どうします?」

先生から4Dのお誘いがかかる。

「ただ、お金かかっちゃいますけど・・・ これだけしっかりこっち向いてくれてたら、
 
 お顔もはっきり見えるかも~」 先生、あんた、商売上手だよ。

そんなこと言われたら、欲しくなるに決まってるやないか。 ぼんずの顔写真・・・

旦那に見せてやりたい・・・ でもお金かかる・・・ 一瞬戸惑うが、0.1秒で決断 

「お、お願いします!」

いくら課金されるか聞かずに即答


腹の中のぼんず写真 = price less


ということにした。 うん、そうだ。 ぼんずが大きくなったら見せるんだ。


そして初4D体験  

まだ3D映画も観たことないのに 最先端を行ってしまったようだな・・・


2回ほどチャレンジしてくれる先生。 するとぼんず 胎盤のほうへ顔をうずめ、

顔をかたくなに映さないようにしやがる。

「あ~~!! こっち! こっち向くのだよ~!!」先生、必死に呼びかけ

エコーの棒で私の腰骨あたりをグリングリン  先生、それ地味に痛いですぞ

私もぼんずに声をかけてみたが、奥へと潜ってしまった。

「えらい内向的な子ですね・・・」 私、ついついボソッと言ってしまう。


その後 5~6回は撮影してくれたものの、

結局、2回目の画像のみ顔が認識できるレベル。

先生も「あ~・・・残念~・・・この画像、写真にしちゃいます?」と残念顔に。

私、ぼんずの顔が認識出来ただけでも すこぶる嬉しかったため

「はい!お願いします!」と元気よく返事した。 小2男子的な返事の仕方だった。


まあ、なんだ。 

ぼんずよ、なかなか捕まえられないポケモンみたいだったぞ。 

確認出来たと思ったら、そそくさと消えてしまうなんて。 切ないやないか。



とはいえ、ハイテクな技術に驚きを隠せないアナログな私

先生から渡された4Dなぼんずに、ただただ驚きと喜びをあらわにしてしまった。



まあ、あれだ。

4Dは特殊なメガネいらんのかね。

赤と青のメガネいらんのか。 ああ、それは古いタイプのやつなんか。 


便利な世の中になったものだ。

ほれ、便利なポッチリもあるぞ ぼんず。


妊娠・出産 ブログランキングへ



しかし、腹の中からすでに 人見知りの血を受け継でいるのか。 

写真嫌いなところ 私に似るのか。  ・・・頼むから似ないでくれ、ぼんず。

いっぱい写真残したいから、ちゃんと写ってくれるのだぞ。  例えば、

修学旅行の、部屋の中でほたえる写真とか  学芸会で、出しゃばってカメラ目線の写真とか

友達のお誕生日会で、主役より目立って写り込んでいる写真とか  ・・・・・・。


・・・やっぱり 私に似ててもいいか。 

グイグイ行かれると どう対処していいか分からん。

どんな子になるんだろう。 ぼんず。 楽しみだな。
comment 2 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。