--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04.06
Fri
いやはや、旦那の出張の日程が 再び急に変更になり、それに便乗して私も実家へ。

水曜から帰り、2泊3日の旅でした。

旦那は鹿児島と福岡へ行き、お土産に非妊婦なら芋焼酎を頼むところ 

なにか美味しそうなものを買ってきておくれと、発注をかけた次第です。


そんなこんなで昨日と今日は、母と赤子の服やらベッドを見にいくことに決定。


5日は母と共に徒歩20分弱にあるイオンモールへ ベビー服売ってるか視察することに

実家の近くにある西松屋は交通の便が悪いところにあり、徒歩だと30分弱なため却下。



そんな流れでイオンモールのベビー・マタニティ売り場に到着


・・・今までなぜ来なかったんだろう。ちょっとしたパラダイス銀河・・・

品揃えもけっこう充実・お手頃価格・意外と縫製しっかりしてるくさい


ああいうの可愛い~☆ あ、こんなピンク無理~☆ なにこれ無理~☆ と、

私の許容範囲内のピンク・フリフリはここまで という水準を母にさりげなく伝達。


母が可愛いと手に取るものは、だいたい やっぱりフリフリ・ピンクだった。

さすが ネオ・パー子・・・


その日は短肌着2枚組を2セット買い足し、退院の時に着れるような

ちょっと正装ティックな2WAYドレスとぼうしを購入。 

IMGP0934 - コピー

これでお宮参りも行ける気がする・・・

意外とセレブリティ―なぼうしは、980円とお買い得。

2WAYドレスは1480円と普通な価格ながら適度に正装ティック。

いい感じ いい感じ。


セレモニードレスとやらはどうも私、受け付けない・・・

あのレーシーなテロテロした装飾生地がなんか うわあああああ ってなる。

ベルサイユ宮殿みたいな、金持ちの便所カバーみたいな、西洋人形みたいな、なんか

・・・とりあえず、好きじゃないんだ。


まあ、着せられるのはぼんずなので、私が着るわけではないからアレなんだが。


お宮参りだとか、写真撮影だとか、本気でちゃんとしたドレスいると思ったら買おう。

というより、買ってもらおうという気マンマン。 


まあ、なんだ。ぼんずだって隔世遺伝でフリフリ大好きな子になって、

「なんで私はこんなクソ安い 綿100%みたいな服着てお宮参り行ってんの!?」

と反抗されたら返す言葉もございません・・・

写真の時くらいはぼんずにテロンテロンしたやつ、着てもらおうかな・・・


そして今日はアカチャンホンポへ。

大物はポイント10倍なので、もうアカチャンホンポで揃えることにした。

もらえるものはもらうんだ。


まずはベビーベッドと布団のフロアへ直行し、母と全てのベッドを吟味。

嵐の日に来店したとき、旦那と狙いを定めたベッドも再度隈なくチェック

腰痛持ち夫婦なため、ベッド生活ならある程度高さがあるものが良いけれど、

ぼんずが誕生してから引っ越す予定なのに、引越し先すら未定な私達

布団生活なのかベッド生活なのか、そこも未定な危なっかしい旦那と私の2人組

あぶない刑事 舘ひろしと柴田恭兵みたいな旦那と私・・・


しかし今日は母と私の2人組。

あれこれ見て、結局高さを3段階調節出来るベッドを選ぶ。

最初はミニベッドにも魅かれたが、母の「大は小を兼ねる」という 悪魔の囁きに心奪われ

普通サイズのものに。

本当は木の色やデザインがイマイチな感じだったが、私のベッドじゃない・・・

とにかくデザインより腰痛予防と使いやすさだ! と、すぐに妥協。


そのぶん布団はやさしいデザインなアンパンマンを即決。

私が無類のアンパンマン好きだけあって、タオルケットもアンパンマン・・・

・・・なんか布団だけ浮く気もするんだが・・・ すまんよ、ぼんず・・・。

乳飲み子の間だけ、オカンの我がまま、聞いておくれよ・・・


そして吐き戻し防止にもなるちょこっと傾斜がつくマットもついでにレジへ。

ついでにベビーバスもレジに持っていく母と私。


さてお会計、私は旦那の母からもらったお金で支払う気マンマンだったのに

母が 「これくらいは買うってばよ!!」



いや、母がうずまきナルトのような口調でそう言ったわけではないのだが、

そんな勢いで支払いをしてくれた。


いや、トータル5万は超えてるぞ・・・?

うち・・・貧乏やのに・・・おかあちゃん・・・ と、申し訳ない気分いっぱいに。

しかし母とて旦那の両親ばかりに買ってもらうのも悪いというか、そんな感じだったので

ベッドと布団とベビーバスは買ってあげようと以前から計画していたようだ。


・・・これは ぼんずが産まれて実家でお世話になったあと、

温泉旅行とかが選べるカタログギフトなんかプレゼントしなければ・・・。

両方の親に何かプレゼントすべきだな・・・。


現金はきっと受け取らない・・・というか、

親たちは我々から金をもらうと、胸が張り裂けそうにキュン・・・と 逆に心配されそうだ。

我々夫婦がほぼ貯金無しな状態はバレバレだしな・・・。



とにかく、両方の親に、ありがとう!


これだけ何不自由なくいろんなものを買い揃えてもらえて、

産まれてくるのを皆に待ってもらえるぼんずは、本当に幸せだなあ。

そんなぼんずが私の腹の中で生きてるんだぜ? ワイルドだぜ?



ぼかぁ、幸せだなぁ。


裸の大将・・・じゃないな、 若大将な私にポッチリを・・・


妊娠・出産 ブログランキングへ


ベビーベッドは実家に届くように段取りしてもらい、

実家にあるベッドにベビーベッドをくっつける手法で産後の生活はスタートしそうだ。

2つのベッドなのに、一体感・・・


ちょっと昔のパチンコのコマーシャルみたいだな。

「あなたと・・・合体したい・・・」


正式には、「あなたと・・・合体してた・・・」か。

産まれてからは2人に分裂するんだもんな。


・・・あああ、もうちょっとしばらく合体したままでいいや・・・。
関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://tonmi0531.blog.fc2.com/tb.php/85-17d98ce0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。