--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.18
Sun
昨日で両親教室も3回目。

相変わらず 旦那も私も積極的に行きたがるタイプではないため、家を出るのもギリギリ。


2人揃って若干 憂鬱ぎみで出発。

病院に到着したのは開始5分前ギリギリ、それでも会場入りする他の夫婦がチラホラ・・・

ああ、あの人達も馴れ合いあんまり好きじゃないのかしら と 淡い期待を持つも



一瞬で玉砕

90割の夫婦が互いに絡みたいオーラを放っている。

少し離れた席の2人の奥様方なんて、和気あいあいとキャイキャイ話はじめている

・・・ああああ  無理、無理、無理ですって この雰囲気

しかも

再び会場内のホワイトボードには 「自己紹介」と書いている。

・・・ああああ  もう何 何なの またか またなのか


何回自己紹介させる気なんだ  あえて言おう、カスであると


旦那と私 「自己紹介」の文字をみるや否や 言葉を交わさずとも若干気分は沈み気味


そんな時、助産師さん登場

「では皆さんお揃いのようなので、そろそろ始めますね~!」

明るい声で進行される両親教室。 自己紹介のことで胸いっぱいな旦那と私。

そんななか、隣に座っていたご夫婦の自己紹介が終わった。

ついに来た、私と旦那の出番  先に旦那が上手いこと言い、私もボソボソっと口を滑らす。

自己紹介の難関も終わり、旦那共々ホッとすると同時に すでに若干帰りたい。


和気あいあいと話が弾んでいた2人の奥様方の自己紹介は、なんというか

ガンガンズイズイ、自己アピールしまくり 私妊婦ですアピールも凄まじく、

旦那と2人 「ああ、やっぱり私たち こういう感性で良かったね」 と 

心が通じた 気がした。

ママ友とかママサークルとか、本気で無理だな。 受け付けないな。 と心から思った。

子供を通じて、気の合う友達が1人でも出来てくれればいいや。

・・・そうもいかないんだろうな・・・。ママ付き合いって。 ああ 嫌だ。



とまあ、出だしからの微妙っぷりに帰りたくなりながらも

今回の両親教室はちょっと楽しみだったのだ。

というのも、分娩の経過や呼吸法 入院までの経過・実際の分娩シーンのビデオ鑑賞という

まさに今私が不安に思うことを知れる、本当にためになる情報満載の第3回目。


まずは、またまた グループワーク。

今回は 「分娩の経過の順番は?」 という、カードを分娩の進行度合いに並べ替えるという

進研ゼミティックなものだった。


「陣痛が10分間隔になる」「病院に連絡する」「破水する」「赤ちゃんの頭が見える」

「子宮口が10㎝開く」「おしるしがある」といったカードを、3組の夫婦が囲む。

今回は結構グイグイいきたがる奥様がほとんど並べてくれたため、私 ほぼ無言。

とりあえず、旦那に合わせて頷いてみたり、へ~! という顔をしたり。 カスである。

グループごとの発表は、なぜか旦那がしていた。

というよりか、やらざるを得ない 的な雰囲気に。   貴様、偉いな。


全てのグループが発表し終わり、助産師さんからの正解発表と詳しい説明が始まる。


その後はいよいよ分娩ビデオだ。

助産師さん、「ビデオが古いものなので、映像も古いんですけど…気にしないでくださいね~!」

とフォロー。 いやいや、いいんだよそんなこたぁ。 ビデオ、レッツ再生


・・・あああ、 古 なにこれ  

少なくとも80年代前半の映像である。産院もおじいちゃん先生で、壁が白いタイル、術着も古い。

若干ホラー映画ティック。

と、最初はビデオのクオリティーが気になったものの 出産シーンになるにつれ、見入ってしまう。

ビデオの中の女性は、「ふ~ うん ふ~ うん ふ~ うん」と、痛みをこらえながら

必死に出産時の呼吸法を実践していた。

そして、女性のおまたから 赤子の頭部だけ出ている映像が流れる。


ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ


あかん 絶対痛いよ 痛いに決まってるやんか なによ この映像 まじか まじめなんか


顔は物凄く平然としていたが、心は物凄く動揺



さらにビデオの中の女性は 「ああ・・・鏡・・・鏡みたいぃ・・・!」 と、

まさかの自分のおまたから 赤子の頭部だけ出ているところを目視している。


す、すげえ・・・ すげえよあんた 


私には無理だ、そういうのには神秘も奇跡もクソも感じないんだ。すまん。

とにかく痛みでそんな余裕は無いだろう。

ビデオの中の分娩は一気に進み、赤子の全身が まさに「産み落とされた」。

その瞬間、ビデオの中の女性は号泣 「あああ・・・赤ちゃん・・・あああ・・・」と

力無い声で必死に、今まさに 自分から出てきた赤子を胸に抱いた。

立ち会っていた旦那の腕を必死に握り、

「あああ・・・良かったぁ・・・あああ・・・ 赤ちゃん・・・ ああああ」と再び号泣。


このシーンはちと泣きそうになった。

家で1人で見たら きっと号泣していただろうな・・・ と思っていたとき、

左右からグジュグジュ 鼻水をすする音がした。

2,3人の奥様が嗚咽する手前くらいに号泣していた。

あの 人が泣いているのをみると、興ざめしてしまう現象は何なのだろう。 私だけだろうか。

他の奥様方は私同様、若干目が潤んでいる という感じだった。

旦那衆は正直 「うわぁ・・・・」 という表情を浮かべている人が殆どだ。

そらそうだろうよ。 私とて半分はそういう気分だ。



と、分娩ビデオの後は実際の分娩時にする呼吸法を教わる。

一応、 ヒッヒッフ~ も実践。 

旦那、ヒッヒッのところで息を吸い、フ~で吐く と思っていたらしい。

旦那、「え?ちゃうの?全部吐くの?」  すまん。正直私も考えたことなかった。

というか、知らんかった。 下手すれば私もヒッヒッで息を吸うもんだと思っていた。

そしてビデオの中の女性がしていた フ~ ウン の呼吸や、ハッ ハッ ハッ の呼吸

5種類くらい実践した。



しかしもう忘れてしまった。 やばいな・・・


妊娠・出産 ブログランキングへ



その②に続きます。 
関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://tonmi0531.blog.fc2.com/tb.php/54-9261d836
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。