--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.24
Sun
今日は午前中に掃除やプレイマットの増設を済ませる。



とんと暖かくなった昨今、

裏起毛のごついカバーオール、ピチピチで入らなくなったカバーオール、

なんせカバーオール、「着なくなった服箱」に詰める。

着なくなった服を入れる箱、なので着なくなった服箱。


着なくなった服箱には、娘の歴史が詰まっている。



季節が変わるごとに、(っつってもまだ3回め)箱の中身は増えていく。

娘が産まれたのは春が終わり夏がやってくる手前だった。

夏から秋になる頃には、すっかり小さくなった娘の服が手に余った。

そして秋から冬になる頃、だんだんと増えていく娘の服に囲まれ、

冬から春になろうとしている今、丈は充分足りているのに横幅が入らない服ばかりに囲まれる。



おおきくなっているんだなあ、と、しんみり実感しながら着なくなった服をたたむ。

さて、あんまりにも多いから箱の中身を一度外へ出しましょう、

底のほうに律儀に並ぶ、娘の短肌着、ガーゼ地のコンビ肌着、良い綿の長下着。



あんまりにも懐かしくて、ついこの間のことだったのに、とても遠くへ行ってしまった私の娘。

いつかの娘が着ていた肌着を広げる。

今、私の側にいる娘にはどう頑張っても入らない肌着。

あれ、これ、誰。と、娘を見ながら思う。

私の知っている娘は、メリーを飽きもせず眺め、手足をジタバタさせていた娘で

私の隣にいる娘は、自由に動き、自分の意思を持ち始めていて、私の顔や旦那の顔を見比べる娘だ。


すっかりマタニティブルーから脱却していたはずなのに、ずーんとあの時に引き戻される。


もう絶対に会えない娘、なのにその娘が着ていた洋服はここにある。

もう絶対に会えない娘の代わりに、私の隣に今の娘がいる。


不思議だなあ、

あんなにも必死に、朝なのか夜なのか時間の概念がどうにかなる感覚と共に娘と過ごしたのに。

いつになったら楽になるんだろう、と、朝刊が配達される音とともにぼんやり立ち尽くしていたのに。


今はただただ愛おしい。あの頃の娘。

もう、あの頃の娘に触れることはないんだなあ。





とか、どうも胸がざわざわしていた今日の朝。



私はまだ、子育てにすら到達していないんだなあ、と改めて実感する。

なんだろう、まだ、動物だ。娘は動物。

とても鋭く研ぎ澄まされた本能のようなものと、急激に伸びようとする知能と、

ごちゃごちゃになる娘、を育てる私。

まだ人間じゃないわ、この子。


なんだろう、人間よりもずっと可能性があって、輝いていて、無条件に可愛い存在。



まだまだ、「天の恵み」ティックな感じのする娘っこです。




さて、話は変わり今日は自宅からほど近いところにある植物園みたいなところへ行った。

巨大な公園の中にあるので、どっちがメインなのか分からなくなるくらい。


今日は何か月ぶり!ベビーカーを使うことにした。

植物園のなかは迷惑になるだろうから抱っこし、公園に出た後にベビーカーに乗る娘。


娘っこ、ベビーカーから身を乗り出したり、振り返って私や旦那を見たり、可愛い。

なんせキョロキョロしていた。キョロキョロしていなかったら、おもちゃしゃぶってた。

風が時折強く吹いたのでその時はちょっと怪訝な顔つきだったけれども、だいたいは機嫌良かった。

娘っこ、いろんな種類の変わった植物を見るも反応は薄い。

いちばん食いついたのは、園内にある滝。ずっと見てた。それ植物関係ないで。





大滝秀治




娘っこがあまりにもリアクション薄いので、早々に植物園を後にした。


その後、公園内をとぼとぼ歩く。娘はおもちゃしゃぶる。


公園には人が溢れ返っていて、犬を散歩する人やら家族連れやらアベックやら・・・

もう本当に、人だらけだった。

そんななか、やたら人が多い所は桜が咲いていた。



娘っこ、人生初の桜と産みの親と共に写真に写る。


これ何桜?


どうでもいいけど、これ、桜?



本日もどうかクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

去年は妊婦桜だったけれども、今年は子連れ桜!


何言ってるか自分でも意味が分からない!


それでは今日はこのへんで!

関連記事
スポンサーサイト

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://tonmi0531.blog.fc2.com/tb.php/367-6f9ecfe8
トラックバック
コメント
こんにちは^^

ご自宅から近い場所に植物園があるだなんて、素敵ですね~♪
羨ましいです(笑)
今はまだぼんやりとした反応かもしれませんが、少しずつ大きくなっていくと、同じ場所を歩いていても、その都度違った反応が見られるようになると思いますよ^^

子どもが昔着ていた服を整理していると、かなりしみじみとしちゃいますよね~。
・・・で、捨てられない(笑)
明らかに「もぅ誰も着ないでしょ?」と分りきっている服でも、捨てられないんです。
片付けられない親というより、捨てられない親。
そして子ども関連のものが、押入れに入りきらずに溢れ返ってます^^;
どれも思い出がいっぱい詰っていると思いません?
かなみ | 2013.03.25 14:54 | 編集
かなみ様、

植物園、大人は意外と気分転換にもなって良かったのですが、
肝心の娘にはイマイチだったようで・・・
いろんなポピュラーな花が咲いていたら良かったのですが、なんだか珍しい植物ばっかりで…
また来年あたりの春に連れていこうかな、とか思っています!

そうなんです!どうしても捨てられなくて・・・。
安物ばっかり買うので、すぐに毛玉が出来るし傷むのも早いし、
60や70はサイズが合わなくなるのも早いのですぐいらなくなるし、
なのですが、全てが娘の著しい娘の成長と共に触れていたので…
見ているだけでも、特に新生児の頃に着ていた肌着なんかはセンチメンタルジャーニーです・・・・

モノより思い出。と、ちょっと前まで車のコマーシャルで言っていたのですが、
まさにその通りなのですが、
やっぱり、モノも思い出ですよね。
簡単には手放せません!
今の娘を可愛がれよ!とか思われそうですが、
昔の娘も等しく可愛い!とか思ってしまいます・・・。
かもめ食堂 | 2013.03.26 23:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。