--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.23
Sat
この数日、再び添い寝のまま次の授乳まで寝てしまう日々だった。

もおー、ほんと、やりたいことが何も終らない!


やりたいことというのは、通販のカタログをパラパラして早々に処分したり、

手紙を出したい人に宛てたものを書きとめることだったり、

娘が着なくなった服を、最後にもう一度娘に着せて写真撮ったり、


まあー、ほんと、どうでもいいことばっか!




そんなどうでもいいことばっかりしたがる私、の娘、また再び再度、顔面に湿疹の波が来ている。

乗るしかないっしょ、このビッグウェーブに!



小児科医ミサワにいつも処方されるステロイド薬、もういやや。使いとうないんや。

私なりにちょこっと調べてみたけれども、処方されている「ロコイド軟膏0.1%」、

そんな強い薬でもないんだけれども、なんせ常用しているもんだから

もうちょっと弱い薬は無いんか!と、よく分からない不安が湧いてきた。

ここはやっぱ、皮膚科行くしかない。


というわけで、徒歩では行けない、自転車でも私道知らない、という状況だったため

旦那に車出してもらう。

レンタカー!今日はデミオ!


娘、はじめての皮膚科!はじめての女医!


さすが皮膚科、老若男女入り乱れていた。そんなところに我が子の奇怪な「あひー!」という声。

恋のマイアヒ思い出した。


あわわわ、わわわわ、あわわわわわわわ、


別に泣いてないからいいやん、と構えておれたらいいんですが、

道案内で同行してくれた旦那を含め家族3人場所取って、

さらに赤子をうるさくさせているのもなんか迷惑かも、とそわそわ。

小児科なら気にしないんだけれども、さすがに普通の病院。

赤子嫌いな人だっているだろう。


そんなこんなで隅っこに立つ私

座ると娘、暇になって愚図る可能性があったので私はあえて立ち、

さらにユラユラしていたんだけれども、気を遣って席を詰めてくれる人が多発。


ちゃっかり座っていた(つうか家族3人立ってたらそれはそれで邪魔)旦那に

順番が来るまで病院で待機してもらい、私は娘っこが声を発しても気にならないよう外で待つ。

外っつってもビル内にある皮膚科なのでエレベーター前の広場みたいなところ。


何度も何度もエレベーターが開いては閉まり、人が降りたり乗ったり。

そのたびに我が子は首をそちらに向け、活発。

静かな待合いで気を遣うより、ずっと楽だ。

おういいぞ、もっとわめけ!なんなら泣き叫んでもいいんだぞ娘!いやちょっと困るけれども。



しばらくすると旦那がキィっと扉を開け、「次やわ」と呼んでくれた。

こういうとき旦那がいて助かる。



さて、初めての皮膚科はとにかく、先生が早口!

なんというか、頭が良過ぎる人特有の話し方というか。

旦那は難なく聞き取れたんだけれども私は無理だった。

難しい単語が出てくると「は? 〇〇って、何?」といちいち引っかかってしまい、

その後の文章をすべて逃してしまうのだ。アホ特有のミス。


旦那、ナイスなことに「〇〇だと〇〇ということですよね?」と、私に分かるように要約してくれた。

さすがやで!伊達に司法試験10年落ちてたわけやないで!よっ!三振法務博士!


旦那、司法試験制度が変わった当初は2年ほど働いていたけれども、満を持して大学院へ通うことを決意

学生となった30過ぎのオッサン、頭良く要領良いのに、2択でミスする典型的な人なのだ。

法科大学院を出ても司法試験を受験できるチャンスは3回しかない。

その3回ともミスった人を「三振法務博士」と、暗に馬鹿にするようだ。

大学院を出ても、全く役に立たない博士号を取得するのみで、何も残らないという壮絶な世界。

これに人生賭けてる人、まじですごいよ。なんとか救済措置はないんだろうか。


なんの話をしていたんだ、


旦那がいたおかげで女医とのやりとりもなんとか出来た私、薬のことも聞く。

ステロイド推進なのか排除なのか、それはもう医者の考え方と自分の考えが合うかどうか。

私はちょいと、ステロイドに違和感を抱きはじめていたのでちょいと聞いてみた。


結果、この女医はステロイドも使いようですよ、というフラットな人だった。

たしかに、完全にステロイドを排除しようとするとなぜかちょっと宗教的になってしまうし、

私の根本にはそこまで芯の強いものはなかった。

なので、現在使用しているステロイド剤よりもさらに効力の弱いものを処方してもらうことに。

ついでにおむつかぶれの薬ももらう。もう、アズノール、限界です。全く効かない。


かぶれもひどくなっていたので娘の尻を女医に見せる。

その際、ちらっと腹や背中、太ももなんかをチェックした女医、




「あら、身体はきれいね~」、だって。



なんかあれ、ブッサイクな女を誉める時の言葉みたいで嫌だ。



旦那にも帰り道で聞いてみたら

「そらそうやで、ブサイクはなんでかスタイルがええっちゅう決まりや。」

「な、ぽーちゃんよ!」


なんやねんそれ、

まあたしかに、顔はイマイチな女子がうなるほどナイスバディーだということはよくある。


そうしたら私って、なんて中途半端な女なんだ。

ブサイクな女、とか上から目線で言ってる場合じゃない。

たとえブサイクでも身体はめっちゃきれいなんだったら、私完敗やん!

私は顔もイマイチ、身体もイマイチ。

いちばんモテへんやんか。



と、何の話をしたかったのか分からなくなったのでこの辺で・・・



クリックをお願いします。

育児日記 ブログランキングへ

今日は「そろそろ娘にも本気で絵本読むか・・・」と思い立ち、本屋へ行く。

15冊くらいまとめて買った。本当はもっと欲しい本がたくさん!でも破産する!ので我慢する。

支払いは旦那の祖母がくれた初節句のお祝い金から。

娘のために使うんですもの、私が気に入った絵本を買ったけれども、これは娘のものですもの。

私が中身見たいがために買ったんではないんですもの、決して。


その後西松屋へ行き、プレイマットを買い足す。

さらについでに、春夏の洋服がたくさん!並んでいたので旦那とあれでもないこれでもない、選ぶ。

旦那のコーディネートにははずれが無いので、けっこう選んでもらった。

「これ、これと合うで」とか、まるでピーコ。








もう!踏んづけてやる!

なに見てんのよおっ!!

旦那、今日は法科大学院でよく一緒に行動していた子らと飲みに行く。

梅田(大阪の都会)に18時50分集合!だって。

いいなあ、なんか。

酒が飲めるのも羨ましいけれども、なんかこう、何年か会っていないのに突然、

「飲みに行きますよ~!」とか言って集える友人がいる旦那が。

友達と酒飲むって、楽しいだろうなあ。

私はこの先、いつ、そんな思いが出来るんだろう。

友達、っつうか、この先出来るのはママ友なんだろうなあ。

こういう時、仕事の付き合いで酒飲むのしんどいだろうけれども、

声を掛けるとサッと集まる男どもが羨ましく思う。

旧友であろうが、職場の人間だろうが、なんか集ってるなあ。男。


そういや旦那、大学院時代は途中で結婚したからなんか変な立ち位置。

もともと30代過ぎていたから目立っていたらしく、(中には50代の人もいたらしいけれども)

しかも30代に見えなくておしゃれな男前(本人談)だったから、人気者だったらしい。

女子からも陰で噂されるくらい、だったらしい。へえ、だから何。とか思う。


そんな彼が今日酒を共にしているのは、

私と同じくらいの年の野郎と、私よりもさらにいくつも年下の野郎たちらしい。

その友人たちも司法試験を見事に落ち、1人は公務員、1人は法律関係のけっこう良い役職、

そしてもう1人は弁護士の息子!だからなのか、

世界一周船の旅とか、日本一周とか、好き勝手やってるらしい。いいなあ、人生謳歌している。



「あーあ、ほんまは〇〇(大学時代の友人)たちと飲みに行きたいのに~!」

と言いながら家を後にした旦那。

なんなのあいつ、友達多い。
関連記事
スポンサーサイト

comment 4 trackback 0
トラックバックURL
http://tonmi0531.blog.fc2.com/tb.php/366-0ed2dde9
トラックバック
コメント
子ども向けの絵本って、けっこう値が張るんですよね~。
1冊1000円前後でしょ?
だから数冊買っただけで、もぅ、ちょっとした服が買えるお値段。
それでも、子どものためなら・・・と、買っちゃいます^^
・・・で、財布の中身が激減していて、後で後悔。

私も買った本なのですが、子ども向けにと色んな方面から推奨されているらしい本で、「だるまさんが」シリーズ(かがくいひろし作)というのがあります。
これ、お勧めですよ~♪
絵が可愛いです。
でも、お勧めってだけで、「読んでみてみて♪」と押し付けるつもりはないので、読み流してください(笑)
ネットではなくリアルの現場でママ友などにお勧めの本を教えてもらうと、けっこう気を遣うんですよね^^;
買わなきゃなの?どうなの?
と思ったりして(笑)
だから、読み流してください~。

皮膚科の病院、お疲れ様でした^^
ポツポツが早く良くなりますよぉに。
かなみ | 2013.03.24 16:01 | 編集
ご無沙汰しております☆
ようやく桜も咲いてきて、春になってきましたね(o^^o)
感染症祭り(長男と次男の移し合い…)の冬も終わり、やっと落ち着いて過ごせそうです。

友達の看護師に、たいがいワセリンでなんとかなるよと言われて(それもどうなの?とか思いましたが(^^;;)、安いし、害もないだろうし、でお風呂あがりに頬やお尻に塗っていたら、次男はツルツルになりました。
ご参考まで(^^)
ワセリンもジャータイプが安いですが、チューブタイプが使い勝手が良くてオススメです。
ステロイド剤も塗る時に、ワセリンで薄めて(ワセリンとステロイド剤を少量ずつ混ぜる。作り置きせず1回分)塗るという技もあるようですよ。

次男が歩き出して、大変になってきたのもあるのですが、ヨチヨチ歩く姿は、まぁなんとも可愛く、心くすぐります。
ぼんずちゃんも歩き出したら、更に可愛くなりますよ~*\(^o^)/*

絵本も名本、新本色々あって迷いますよね!
図書館で借りて気に入った本を買ったり、福音館のこどものとも012を毎月買ったりで、我が家に50冊くらいあります(^^;; もう整理しきれなくなってきました。。。
子どもに寄って本の好き嫌いが幼いながらにあって、本当に面白いです。
こればかりは、親が気に入っても子どもが気に入らなければ、興味を持ってもらえず、悲しい思いもありますが(笑)、それは子どもの個性そのもの。
ぼんずちゃんのお気に入りの絵本が見つかりますように☆
ポップ | 2013.03.24 21:48 | 編集
かなみ様、

そうなんです・・・
絵本、高過ぎ!ですよね・・・

とはいえ、可愛い我が子には銭など惜しくない親心というか自己満足というか…。
どの絵本がお気に入りになるのか分からないので、手当たり次第買いたくなります。

おおおおおっ!だるまさんシリーズ!!
私、実は一冊買ってみたのです、だるまさん、が、のやつです…!

娘の反応は、最初はちょっとにやっとしたのですが、
その後は読んでいる私に興味を抱いたのか、今のところ可もなく不可もなく、と言う感じでした・・・
しつこく何度か読もうと思います!
ですが、ぱっと開いた時の食いつきはけっこう良かったです。

確かにそうですよね・・・
実際にママ友や友人がいたら、「〇〇いいよ~!絶対おすすめ!」と言われたら、
買わなければいけない空気というか・・・。
さらに「ウチの子はイマイチでした~」と言おうものなら・・・怖ろしい限りです…!

ですが、「おすすめ!」と言われた絵本は読みたくなりますよね!
とはいえ、だいたいの本屋はフィルムがかかっていて・・・読めないですよねえ…。
みほん、とかマジックで書いて、一冊解放してはもらえないでしょうか・・・

皮膚科、なんとか無事に終わりました!
順調に回復すれば良いのですが・・・
ご心配いただきありがとうございます!
かもめ食堂 | 2013.03.24 23:39 | 編集
ポップ様、

お久ぶりです!コメントありがとうございます。

長男さんと次男さん・・・大変だったのですね…!
春は春で花粉やら、今年はよく分からないものまで浮遊していますが・・・
それ以外は風邪もひきにくくなって、ちょっとひと段落!という感じですよね。

ワセリン!
私ももれなくワセリン信者になりつつあるので、
家にはワセリンのチューブが転がりまくっています・・・!
確かにワセリン、薬効でなく保護して治癒を促す!的な感じが良いですね!

そして!ステロイドと混ぜて使用する技!
どうして思いつかなかったのでしょう・・・・・!
またまた素敵な情報に感謝と感激とワセリンです…!!

そしてそして、次男さん!
もう歩かれているのですね!おめでとうございます!というのはおかしいですね・・・
ですが、赤ちゃんだったのが歩くようになるなんて私にはまだまだ想像出来ないのですが、
可愛いでしょうねええぇ・・・・!
つたない歩き方で、頭が重いからフラフラして・・・想像しただけで可愛過ぎです!

そうなんですよね…絵本選びはかなり悩みました。
湯水のごとく絵本にだけお金を使えるわけでもないし、かといってはずれを引きたくないし・・・
なので、はずれてもいいように、
まずは私が大好きだった「うさこちゃんシリーズ」はとりあえず買いました。
娘が好きにならなくても、手元にあるだけで私は嬉しいので・・・。

それにしてもしかけ絵本や音楽の鳴る絵本・・・
今は本当にいろんなものが出ているんですね・・・知りませんでした!
とりあえずは、いろんな系統のものを買ってみたのですが・・・
あとは我が子の好みに委ねるのみ!です・・・!
かもめ食堂 | 2013.03.25 00:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。