--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.30
Fri
ここ数日、我が子が甲高い声を出す。

いや、私の影響では無いはずです、

もう2週間くらい前から頻繁に「きゃぁぁぁああ~ん」「ああぁぁぁああ~」「きぃぃぃぃいい~」

と、彼女の声色は心電図のような波をえがいて変化する。

最初は「え、なに、機嫌悪いの?」と思いヒヤヒヤしたが、そうでもないよう。

いわゆる奇声、を発している娘の顔は、別段泣き顔でも、渋面でもないのだ。

非常にニュートラルな表情、

もしくはウド鈴木氏が「あ~天野くぅ~ん」と言い終わった瞬間のような表情。


口をまん丸に大きく開け、

今までならば、まさにウド鈴木氏のように「あ゛~~」と唸り声をあげていたのが奇声に変化。

まあ、いろんな声を出す練習でもしているんでしょう。 と思いつつも、


むむ? もしや何かのサイン!?


と、川平慈英氏のごとく不安に駆られてしまった。


で、久々、アイポンでグーグル大先生に質問。

すると、予測変換が凄いのなんのって。


「赤ちゃん 奇声」「生後5か月 奇声」「乳児 奇声」とか、

なんか奇声奇声奇声、奇声という文字を見すぎて、檸檬に見えてきた。


ああやっぱり、いろんな赤子が奇声のような声を出しているんだ。

そしていろんなおかあさんがた、私のようにちょっと気になって検索したりしているんだ。

なんかそれだけで検索するの止めてしまった。

べつにおかしいことではないと分かっただけで満足。



で、ここ2、3日で、ぼんずはより一層尻を高く持ち上げることが増えている。


まるでジャイアンにフルボッコにされ、うつ伏せに横たわるのび太のよう。
突き上げる尻、突き抜ける熱意

尻!尻!! もう、尻が気になってしゃあない・・・

こう、気のせいか、ひざで体重を支えてる感が出ている気がしませんか?

ええ、気のせいです。



で、カメラのデータ整理をしばらくしていなかったのでちょっとしようかと思いつき、

データを確認していたら、先日の親友の結婚式の写真が出てきた。


あー・・・なんか、結婚式って、良いもんだなあ・・・

私もしてみたいなあ・・・


とか乙女ティックに思うも、私は絶望的に友人がいなく、招待出来る人がいないのだった。

それに金だよ金、金が無いんだよ。


と、私のキャンディキャンディみたいな夢は、現実という絶望に瞬殺される。

キャンディキャンディ、スキャンティー



「キャンディ・・・

 運命はね、人からもらうものじゃないんだよ。自分の手で切り開くものなんだ。
 
 君はこのまま一生泣き続けているつもりかい?

 強くおなり、キャンディ。自分の運命を自分で探すんだ…!」



アルバート氏の台詞、今の私に染みる…!


幼稚園の時の枕カバーがキャンディキャンディだった。

当時はなんとも感じなかったけれど、キャンディって、スーパー波乱万丈な女の子!

そして病的なくらいに前向き!なんなのあの子!!



で、親友の挙式中、ぼんずを抱いたまま泣きそうになるのを我慢、

そうだ、上を見上げよう、と、上を見上げたら、また素晴らしいのなんのって!

また泣きそうになったじゃない! 私ったらバカっ!!

なんかこういうのいいなあ
こういう、おんなのこのゆめ、みたいな場所へ行くと、心が洗われる。

ちゅうか現実との差がありすぎて、湧き上がる「こんなはずじゃなかった」感。

ああ、私って、強がっていたって所詮はおんなのこなのよ・・・!

元々は私だって、花も恥じらう、少女マンガ大好きだったおんなのこ・・・!!

漫画家になりたくて、友達とマンガ書いて交換していた小学生だったはずなのに・・・!





どうしてこうなった♪ と、小踊りしたい衝動に駆られている。


育児日記 ブログランキングへ

北斗晶と佐々木健介夫妻みたいなんになりたいなあ・・・。

ほんで子どもを「アンタたち~!」って呼ぶの。

ほんでたまに「チビ共~!」って呼ぶの。




・・・釜ジイみたい。
関連記事
スポンサーサイト

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://tonmi0531.blog.fc2.com/tb.php/282-fb5f66fd
トラックバック
コメント
あぁあぁあ!!ぼんちゃん!ぼんちゃんのツーケー!!
なにこのぷんわり感。女児の尻可愛すぎです!
息子の尻は硬すぎるのです!ボリュームに欠けるのです!
おむつ交換ぎりぎりまで待ってボリューム出させたろかと思うほど。

奇声出ますよねー。出しすぎで喉枯れてますよ。あほかと。
「あれ?私こんな声も出るんだ!」とマライヤキャリー的に楽しんで試してるそうなのでほっておいていますが
家事中とかだとびくっ!となるからやめてほすぃ。

尚、奇しくも我が枕カバーもキャンディキャンディでした。
ショッキングピンクの奴。今思えば夢見悪そうですね。
ちなみに中学まで使ってました。

釜じい、離乳食作りながらおむつも替えられて便利そう。
ちえ | 2012.12.01 08:42 | 編集
我が子のSK-2(尻・ケツ・2つに割れてる、略して、素晴らしいケーツー)、
ぷるっぷるのプリップリで、思わず触りたくなります…!
あっダヴのコマーシャルみたいになってしまった!

たしかに、オムツがポリマーの限界を迎えた頃まで待つのはしのびないですが、
男児は赤子時代から堅いのですね・・・!
まさに、「宣誓!我々は~!スポーツマンヒップにもっこり~!」、ですね。

ちえ様の息子さんも奇声発生中なのですか!
最初はあれでしたが、ここ数日激しすぎるので、私も若干イライラすることもあり・・・
これではいけません。
この程度でイライラしていたら、これからの子育て、お先真っ暗…!
早くこの大声奇声に慣れてしまわないといけませぬね。

息子氏、マライア・キャリー並みの歌唱力だとクリスマス引っ張りだこですよ!
スケジュールはセーブしときましょう!

ちえ様もキャンディキャンディの枕カバーとは、何たる偶然!
私のキャンディカバーは、白地で枕面にキャンディとアンソニー、
両側のピラピラにそれぞれ4人ずつ、その他のキャラが書いてあったタイプのやつでした!
そしてその次に使用したのは花の子ルンルン…
確かに、悪い夢でも見そうですね。

離乳食を作るという工程が増えただけで、こうも時間に追われるものなのですね…
釜じい、実際いたら私はバルサン焚くと思いますが、
確かにあと4本は手が欲しいです。

あ、アシュラマンなら丁度いいですね。
顔は一つで良いですが。
かもめ食堂 | 2012.12.03 23:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。