--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.15
Thu
今やっている昼ドラ、どうなっているんですか。

もう、乳飲み子であろうとも、子どもの前では見てられない!


といいつつ、ついつい観てしまう。

そしてついつい、ぼんずも見ているようす。


そしてぼんず、濡れ場では男子中学生のように局部を押さえ、あらぬ姿に・・・!

悶絶♡昼下がりのぼんず

尻!

尻!

尻もっこりし過ぎ!と、ついつい私もぼんずの尻を触ってしまう・・・!

いけませんねえ。


しかし赤子の尻ったら、性的な興奮とはまた別な、なにか、訴えてくるようでならない。

もう触らずにはいられない。


しかしあんまり触りたい欲求を持ちすぎな自分に、嫌な気分になることがある私。

なあんか、釈然としないなあ。

我が子、赤子の尻とはいえ、女の子のおしりを撫でまわすババア・・・

変態!

なんかとても嫌!


さて、

そんな調子で葛藤しながらも我が子の尻をあまり触り過ぎないようにしようとは心掛けている、

そんな私ですが、


ここのところ寝かしつけっつうか、風呂あがりの授乳後即就寝するぼんずの横で添い寝すると、


100割寝てしまう。


だもんで「あ!これ!ブログに記録しておこう!!」と思ったぼんずのちいさな成長も、

一切合財忘れてしまった。

ぼんずがぐずりながらモソモソしているうちに、

うつ伏せ→仰向けに成功していたのはいつのことだったのか、あ、それは昨日の夕方だったかな


ぼんずに話しかけるとき、旦那も私も もう中学生 みたいになっていることに気が付いた事とか、


ぼんずを風呂に入れているとき、「よいしょ~、よいしょ~」と言って間を持たせようとする私が、

森田まりこのネタ、「宝塚歌劇団を受験する少女」の時のようなリズムになっている事とか、


ほとんどがどうでもいい。思い出せることといえば、だいたいがどうでもいいことだ。


本当はもっと、なんか、こう、記録しておきたかった出来事があった気がするんだけれども・・・


しかしほんと、パソコンする時間が減った。

いや、ただ寝かしつけという名目で熟睡しているだけだけれども。


ぼんず、日中はほとんど昼寝をしないので、極力目を離さず家の用事をしている感じだし、

夜は私、予定外の速さで寝るし。自分の時間、全て睡眠に使っている!

馬鹿野郎!

以前なら寝かしつけた後にパソコンしたり、朝の機嫌が良い時に人のブログを見たりしていたのに。

三宅久之氏のブログも久しぶりにチェック~♪とか思ってパソコン開いたら、

三宅氏の訃報を知ったし・・・ 一体なんなんだ、私は。

それにしても三宅氏のご冥福をお祈りいたします。なんか残念だ。

最近、三宅氏のブログの存在を知って最初はちょけて読んでいたのに・・・



そんなこんなで、ここのところぼんずは右回転のみでしかうつ伏せになれなかったのが

左回転でも出来るようになったり、

まだ1度しか成功していないけれども、寝返りまがいの事もするようになったり、

リモコンやティッシュに手を伸ばすようになったり。

キューピー3分クッキング観終わった私がトイレに行っている間に、韓国ドラマになっていたり。

徐々に、まじで目が離せなくなってきている。

そしてティッシュとか、無造作に床に置いておったらいけませんね。あぶないあぶない、

ひさしぶりに言いたい、「あぶない刑事」。

離乳食まがいのお粥のような重湯のような代物も、いまのところ昼食時、上手に飲みこんでいる。

私の乳の乾燥も、ハンパなく乾燥している。馬油塗るの、相変わらず忘れる。

フジパンの点数もやっと7点たまった。

フジパンはなかなか安売りにならないから、点数もなかなかたまらない。

さて、寝るか。

おはようからおやすみまで、クリックでおねがいします。

育児日記 ブログランキングへ

そういえば、

働いていた頃にお世話になったパートのおばちゃん達がぼんずに会いに来てくれた日のことも、

まだブログに記録していない。 ああ、もう、まじで忘れてしまう・・・!

とりあえず、日中すこしでもぼんずがウトウトしていたら、

おばちゃん達に送る写真の台紙を画用紙で作ったりしています。

私は図画工作が大好きだ。

そしてゴミばかり作る。ぼんずに危険を及ぼさないか。はた迷惑な主婦だ。
関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://tonmi0531.blog.fc2.com/tb.php/272-f82caa75
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。