--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.19
Tue
退院した日のこともあり、私だけ病院へ受診に行く。

ああ、ぼんずを置いて出掛けるなんて、なんかソワソワワサワサする・・・


とはいえ、今日は旦那が有給を取ってくれ、出生届やらなんやかんや役所巡りをしなければいけないので

私が病院に行っているあいだ、旦那がぼんずを看てくれることに。

そして私と入れ替わりで役所へと羽ばたく予定の旦那。

旦那、ぼんずとはじめての2人っきりだというのに半端ない余裕を感じる。


・・・なんだろう。母に看といてもらうよりも、安心するんだけれども・・・。




ぼんずの名前を決めるのにあーでもないこーでもないとグダグダしていたら、

気が付けばもうすぐ2週間経過してしまう! というわけで

旦那は職場に「いやあ、嫁さんの調子がまた悪くて・・・」という理由で休むことに。


そして私はさっそく病院へ向かう。

まだバリバリ本調子ではないので、母が付き添ってくれる。


乳が張るため、出るギリギリに授乳を試みるも ぼんずはおねむ。

仕方がないので手搾り搾乳。 時間に追われると上手く出ないでやんの。

なんとか40ccほどひねり出し、旦那に託す。

足らない分は退院時、病院でもらった粉ミルクで補ってくれとお願いする。


以前から旦那は哺乳瓶にえらく執着していた。

「いいなー。いいなー。飲ませたいなー。」と、哺乳瓶を見る目がやけに輝いていたのだ。

ちゅうちゅう飲むのが面白いらしく、ずっとおっぱいを吸っているぼんずに哺乳瓶を使いたかった模様。


いや、私も哺乳瓶使いたいけれど、いまだ粉ミルクの配分やら作り方やらが分からんの。

そして乳が張るから粉ミルクの出番が難しいの。



はてさて、私の子宮の戻りは順調で、子宮収縮の薬を飲んでいたせいもあり

ぼんずがいた子宮はすっかりぺちゃんこになっていた。


なんか、さみしかったなあ。

もう「ぼんず」は私の中にいないんだ。

そして「ぼんず」は、家に帰ったら待ってるんだ。 ・・・不思議だなあ。


やけにノスタルジーな私  隣に妊婦さんが座ると、やけに心がざわざわした。


貧血の数値も全く問題なし、2週間後の1か月健診までは病院に行かなくて済むよ。良かった。

急いでタクシーに乗り込み、ぼんずと旦那の待つ家へ帰る。


旦那に「乳が張ってきた ぼんずはいつミルク飲んだかね?」とメールで尋ねた11時過ぎ。

「11時過ぎに60飲んだ うんこテロリストや」と返信が来る。



ほう、うんこが沢山出たらしい。


帰ってみると、うんこに汚れたぼんずの服やらタオルやら、しっかり洗って干してあった。

そして哺乳瓶で飲ませた感想は、「いやあ~! ・・・いいね、楽しいね。」 だった。


・・・いろいろとマメな旦那だ。


私よりもずっとおおらかで、余裕のある旦那。

私よりも明らかに子育てに向いてやがんの。 くそう。

そして私と入れ替わりで役所巡りに旅立つ旦那。



頑張れ。  台風やけど。


妊娠・出産 ブログランキングへ


お昼過ぎ、ぼんずの熱を測ったら急激に39.4まで上がり、最終的に38.2!!


あああぁぁぁぁぁぁ!!! 熱! 熱やあぁぁぁぁぁぁぁ!!!

病院! 病院! ここらへんにあんの!? 分からんてえー!! まだかかりつけ医おらんてやー!!


と、焦る私。 旦那が測ると37.3。 それから何度か測るが37.2~37.4でうろうろ。



ああ・・・ 新生児のこの微妙な体温は何なの・・・

全然おおらかさも余裕も持ち合わせていない私。 



ああ、だれか、新生児に詳しいひと、住み込みで助けてください・・・

関連記事
スポンサーサイト

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://tonmi0531.blog.fc2.com/tb.php/136-ab7ea36d
トラックバック
コメント
新生児や赤ちゃんは、36.5〜37.5度が平熱なので、ご安心を(^^)
これからの季節はないと思いますが、36.5度より体温が低くなっている場合は、身体が冷えて低体温が心配なので、服をもう一枚着せるなり、布団をもう一枚かけるなどして、身体を温めてあげてくださいね(^^)

小児科は早めに見つけていた方が安心ですよ!
任意で高額ではありますが、生後6週間目からロタウイルスの予防接種も受けられるようになりますし(^^)
小児科医が、ママと性格が合わない、子どもと性格が合わない場合も時にはあります。
そんな時は、別の小児科にかかって全然OKやし、そんな事は普通にある事なので、悲しんだり、自分を責めなくて大丈夫です(^^)

頼もしい旦那さまで良かったじゃないですか!
やる気のある内が肝心!!!
ここは「あなたの方に抱っこされている方が、赤ちゃん良く寝てくれるは(はーと)」とかなんとか、旦那さまがお家にいらっしゃる時には、どんどん頼っちゃいましょう☆
産後の身体に無理は禁物ですd(^_^o)
周りの人に沢山頼って、身体を心を休めて下さい(^^)

次男は生後3ヶ月半ですが、約5年ぶりの新生児にアタフタしてしまいました(^^;;沐浴も毎回汗だくで、オムツ替えもテキパキできず、男の子なので何度噴水を浴びたことか(-。-;

初めてなら尚更です(^^)

少しずつ、ゆっくり慣れていったら大丈夫(^^)
ポップ | 2012.06.19 17:32 | 編集
体温のことが気になり過ぎて、頻回に測ってまた気になって・・・と悪循環だったので、

昨日から1日2回測ることにしました。 ・・・少な過ぎ??

手が冷えていたり、逆に熱かったり・・・本当に新生児の身体は女体の神秘以上に不思議です。。


小児科も、早くインターネッツなんかで下調べしなければ!と思いつつ・・・

どういう症状のときに病院に行けば良いのやら、再び悩みはつきません。

おむつかぶれとか、軽症なもので一度行ってみるのもアリかしらと思う私ですが

旦那や母親は まだ新生児やから病院行ったら逆に病気もらうって! と、言ってみたり。


とにかく、1か月健診までは体調維持してほしいと願うばかり、神頼みの私です・・・・・


本当に旦那がおおらかで良かったと、心底思います。

そして想像以上に私がヘボくて心底ゲンナリです・・・。


ポップ様のような大先輩がご近所さんだったら、どれだけ心強いだろうかと現実逃避・・・

隣人がどんな人かも分からないこんな世の中じゃ、と、反町隆史のごとく歌ってしまいたい気分です。


ありがたいコメントに感謝です! 

ヘボなりに、マイペースに赤子と過ごせるように頑張ります!
かもめ食堂 | 2012.06.22 19:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。