--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.15
Fri
退院した日、いろいろありました。

旦那は出張なので母に付き添われ退院。

タクシーに乗り込み、怖々と車の揺れからぼんずを守る。

慣れないマンションに到着し、母に玄関の鍵を開けてもらっていた時

私の股から、何かが凄い勢いで流れ出る。

最初はあまりの勢いにおしっこかと思い、
早々と部屋へ入り、とりあえずぼんずを布団へ。

流れ続ける何か。


すると、産褥パッド(大)の吸収キャパシティを越え、
レギンスをつたって何かが床にドバドバこぼれる。


ちっちっちっ、


血~~~!!!!


なんか殺人現場っぽい血のあとが、まっさらな部屋に残る。


母、パニック。

私、とにかく血が出ないように横になり、すぐ病院へ電話する。



どのくらいの量?

う~ん・・・

車出せます?


こういうとき、機動力のない私と母。

世の中に取り残された気分。


とにかく、救急車を呼んで病院に来るよう指示を受ける。

いやあ、初めてだよ、救急車呼ぶの。

と、混乱した頭でぼんずをどうすればいいかと、
泣きたくなる。


比較的すぐに来た救急車。

バイタル測り~の、いきさつを聞かれ~の、

ぼんずを見ながら答える。

いやあ、血が出ると、そのショックと出血のせいで若干頭がぼんやり。


ストレッチャーで運ばれる私

ぼんずを抱く母、救急車に乗り込む。

ああ・・・もうすぐ乳の時間だよ・・・


そして病院に到着、主治医が処置する。


びっくりしたね~!

大丈夫やからね~!


と言われながら、ぼんずのことで頭が混乱、
目からぬるま湯が止まらない。


なにやら点滴何種類か打たれ、処置は進む。

子宮内に卵膜やらは残ってないらしい。

カチャカチャと器具の音を聞きながら
1時間くらいでおおよそは終わる。


大丈夫よ~


医者が顔側に来た。

びっくりしたねえ、
子宮が元に戻るとき、なにかの拍子に緩んで出血することがあるんです~
年に1、2人なるんですよ、


なにそのレア感


産後出血 というくくりに入るらしいけれど、いまだに意味が分からない。

しかも、再びそういうことが無いとは言い切れないらしい。

こわいわ。びびらせんなや。

今は自分よりぼんずのことで必死だというのに・・・!


入院となると、一度娑婆世界に出たぼんずとは離れることになるので
日帰りに。

なんだよ、ついさっきまでおったのに

会計済ませたらあっさりしてやがる。

また病院が嫌いになる。


安静にしている間、2度ぼんずに乳を飲んでもらう。

あ、病院から乳首の帽子借りて。

こういうときも、いっちょまえに乳は張るんだなあ。

なんとかフラフラながら帰宅、血まみれのマンション、
退院の時にドレスアップしたぼんず、

なんなんだろう、この、混沌としている感じ。

私の精神も、かなり参ってしまった。

ああ、なんか、母親失格だけれども、一瞬だけ、エスケープしたくなった。



妊娠・出産 ブログランキングへ


ああ。世のおかあさんになった人は強いや。

いや、私がカスなだけか。

病院からもらった薬を飲みながら、(授乳には影響ないらしい)
ぼんずが鼻息荒く手足バタバタするのを見て戦々恐々としている私です。

来週の火曜日、受診しなければいけなくなる。
ぼんずを預けるのも不安、搾乳する元気もあるかどうか。
すでに乳首も皮剥けて痛いしよ。
割り切って2回くらいはミルクを飲んどいてもらうか・・・

ああ、新生児って、未知数すぎる!

そして私、ヘボ過ぎる!
関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 1
トラックバックURL
http://tonmi0531.blog.fc2.com/tb.php/134-2ed88704
トラックバック
退院した日、いろいろありました。旦那は出張なので母に付き添われ退院。タクシーに乗り込み、怖々と車の揺れからぼんずを守る。慣れないマンションに到着し、母に玄関の鍵を開けて...
まとめtyaiました【帰宅の瞬間、大量出血】 | まとめwoネタ速neo | 2012.06.19 11:11
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。