--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.01
Fri
気が付けば、昨日が予定日だったわけで、

ここ数日、気分的に散歩とかすべきかしらと30分ほど散歩したりなんかしちゃってるわけで、

旦那、酒を飲んで陽気なとき、腹に向かって「や~いぼんず、ビビってる~!」と

まだ出て来ないぼんずをいじめるわけで、そんな旦那をグーで殴る私なわけで、



おもしろいくらいに出産の兆候がない私です。

早く会いたい気持ちもあるけれど、いまだにゆっくり私の腹でくつろいでいるぼんずを想像すると、

ついつい笑けてしまう。


ぼんずも今から私の腹から出ていく準備をしたり、頭の骨をトランスフォームして産道を通ったり、

非常に重労働かつ、恐ろしい所業をこなさなくてはいけない。

我が子ながら、えらいと思う。


ずっと腹の中にいれば、自分の力で生きていかなくても良いのに。

腐ったことや気分を害する出来事に直面することなく生きていけるのに。

汚い大人達の餌食になることもないのに。


・・・そう思うと、無理にでも腹から出なければ生きていけなくなる仕組みはすごい。

胎盤に寿命があって、羊水はいつまでも満タンを保てず、居心地が悪くなるとは。

腹の中での生活にタイムリミットがあるなんて。 ははあ、考えたな、神様。


いや、神さんがそういう仕組みにしたのかは知らないけれども。


ぼんずもあと数日すればこんな下界に出なければいけないのか。


嫌なことたくさんあるし、嫌なくらい傷つかなければいけない世界だけれども、

たまに、物凄い楽しいこととか幸せなことがあるということを、ぼんずに知らせてやらなければ。

まずは私を幸せにするという、重大な役割を担がされたぼんず、

しんどいだろうけども、狭い産道とやらを頑張って進んでくるのやで。

そのあと、おとんやらばっちゃんじっちゃんを喜ばせてあげてくれ。



それにしても、高嶋政伸のドロ沼離婚劇、ぼんずには関係のないことなんだろうな。

ミヤネ屋を見ている私は、ぼんずのこともだけれども、高嶋政伸の件も気になるんだよ。

姉さん、事件です! の頃は好青年だったなあ。


人気ブログランキングへ

6月は、つばめの子が巣立つ時期か。 ぼんずも仲間に入れてもらおう。



関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 1
トラックバックURL
http://tonmi0531.blog.fc2.com/tb.php/123-b4ef3711
トラックバック
気が付けば、昨日が予定日だったわけで、ここ数日、気分的に散歩とかすべきかしらと30分ほど散歩したりなんかしちゃってるわけで、旦那、酒を飲んで陽気なとき、腹に向かって「や...
まとめtyaiました【こんな私にも予定日が来た】 | まとめwoネタ速neo | 2012.06.01 20:29
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。