--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.27
Fri
と言われ、落ち込んでから 次の排卵で無事受精しました。

いちびんなや~!!

と、医者に言いたくなったものです。


仕事を辞めて2か月は今まで通り自然に任せていたものの、なんだかおりものが気になるな・・・

まさか旦那、お風俗にでも通ったのか?

いやいやそんな激しくおりもの!ではないぞ おりも政夫・・・

そんなこんなでなんとなく、おりものの質が気になり、

そして妊娠を阻む症状がないか婦人科で検査してもらうことに。

まずは看護師の問診そして内診 医者は中年男性で、ちょっと舞の海似の人だった。

いくら中身はオッサン寄りの私でも、自動で股を開かす椅子には抵抗がある。

えげつい椅子やでと思いつつ、内診。 

ついでに子宮頸がんの検査・性病検査やら一通りしてもらうことに。

妊娠を希望しています と伝えると、なにやら不妊外来に回される。

回されるといっても舞の海ひとりがやっているちいさなクリニック


どっちみち舞の海が内診するわけなのであった。


軽い気持ちで通うことになったが、毎週の血液採取と内診 ちょっと心が折れそうになる。

しかも検査受けるのに戸惑うと、舞の海が間髪入れず

「問題がないかどうかは検査せんと分からんでぇ?」と責め立てる まるで青い稲妻

検査いうたかてあんた、わし無職やさかいに金ないんやでぇ・・・


ホルモンの働きが正常か、検査をしなければ問題があるか分からないから当然なのだが

「私、病院通わないと妊娠できないのかしら」と不安になる毎日。

それと同時に 本当に不妊治療で身も心も財政も削りながら頑張る人の

想像をはるかに超える大変さにぶるっときた。お金はもちろん、心もボロボロになりながら

検査・検査・検査・・・・リセットする度に言いようもない落胆・・・

わけも分からず内診中に泣きそうになった。


とりあえずは排卵日あたりを指摘され、そこを狙ってライドオンするように指示を受ける。

まさにタイミング療法というやつであった。


通いだして2か月、私も次々と検査をすり抜けた頃


「プロラクチンがなぁ。高いんやわ~」


プロラクチン? 何それヨーグルトかなにかですか?

「このホルモン値が高いとなぁ、妊娠しにくなってまうねん。」

この流暢な関西弁を話す舞の海、さらっと恐ろしいことを発言する。

じゃあなに、私、妊娠できないんっすか?

いや、そういうわけではないらしい。

その日からプロラクチンを下げる薬(カバサール)を服用

しかし気になり家に帰ってインターネッツで調べてみると、

プロラクチンを下げても妊娠率が必ずしも上がるわけではない・・・だと・・・?

諸説あるみたいだけれど、プロラクチンが高くなっている原因も人によって違うため

服薬=正解ではないらしい。

しかし私としては気の問題だ 副作用だろうがしばらく続けてみよう。

それでも駄目なら最も嫌な卵管造影の検査を受けよう・・・・・・

痛いともっぱら評判だが、

検査後いわゆるゴールデンタイムと呼ばれる妊娠しやすい期間が訪れるという・・・

でも痛いのはもう嫌なんだよ舞の海

と複雑な心境のなか、排卵日あたりの受診

「今日は排卵を助ける注射打つでぇ~」 さすが舞の海、軽快である

看護師に注射の説明を受ける。筋肉注射で、いわゆる排卵を誘発するものだ

いやぁ、私もこれは何ですかそれは何ですかと もっと聞いてよけば良かった

注射後、再び舞の海ルームへ

「明日な!」 ああ、ライドオンの指令か

舞の海の助言の通りにしていると、    生 理 が 来 な い。

結果的に無事懐妊することが出来たのだ。

もちろん、舞の海のおかげもあるけど、いちばん私が助けられたのは旦那の言葉だった。



別に出来なかったら出来ないで今は良いいやん。

妊娠出来ひん身体じゃないって分かったから良いやんか。

30歳までは自然に任せたらいいやん。

それでもあかんかったらその時はその時考えたらええやん。

そんな痛い思いせんでええやん。病院嫌なんやろ?



この言葉は今でもちゃんと覚えている。

この言葉のせいで、実は泣きそうになった記憶がある。

そしてこいつと結婚して良かったな~と、実感。(けんかもするけれど)

ホッとして いっきに気が楽になった。

身体的なことも大事だけれど、何よりも精神的な落ち着きや安心って本当に大切だなと実感した。

ぼんずも気を張った私には降臨したくなかったのだろうな。

命って、いろんな偶然や愛情や喜び いろんなことが重なり合って誕生するんだな、ぼんず。


しみじみ飲めば しじみ汁が飲みたくなったらポッチリを


妊娠・出産 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://tonmi0531.blog.fc2.com/tb.php/11-860c668b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。