--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.05
Sat
今日、ベビーベッドが実家に到着する予定だったので 旦那にも実家に来てもらった。


お互い3日から実家に帰っていたため、私は ぼー と、ベッドが到着するのを待つだけ

旦那は、暑いなか奈良県のやや田舎から大阪市のやや田舎に わざわざ来てくれる。

すまない、旦那。

旦那が無事我が実家に到着して間もなく、ベビーベッドもメーカー直送で無事到着。

想像をはるかに超える、段ボールのデカさ。  ほれ、旦那の出番だぞ。

こういうとき、男手という言葉に納得する。 

・・・妊娠してなければ、こんなのちょちょいのちょいなんだぞ!と強がることなく、男手に頼る私。

差別じゃないよ。 性別それぞれに合った役割や仕事で区別されることは、良いことだと思う。



それからゆっくりする間もなく、

その足でチャイルドシートを譲ってくれるという、いとこの実家へ向かう。母の姉の家だ。 

いとこはもう2人の女の子のおかあさん。 もう使わないだろう、とわざわざ譲ってくれることに。

けっこう新しい型で、立派なチャイルドシート。  ありがたい。 ありがとう、いとこ。






いや、車持ってないんだけれどもね。




そうして、準備万端と思った矢先、


私の実家で現在 衛生的にも問題なく使える部屋 というのが2階にしかない、ということに

旦那と旦那母がえらく心配している という事案発生。


私の母は私を出産した際、2階の部屋で産褥期を過ごしたと豪語していたため

私も「大丈夫だろう」と楽観的だったのだが、産後すぐの階段上り下り・・・

確かに、非常に由々しき事態だ。 


そりゃあ階段を何とか上り下りしながら頑張る人もいるんだろうけれど、急に不安になる私

私の実家近くで旦那の通勤に使える地下鉄の駅がある場所に引っ越してしまおうか、と

旦那は言う。2~3年くらいの仮住まいだろうし、と。 



実家近くでないといけない理由は、

私の母が自転車も車も何もかも、乗り物という乗り物に乗れないからだ。

産後、母としては毎日通って面倒みてやるってばよ! くらいの勢いなのだが。

なんせ足がないんだよ、母。 母の徒歩圏内もしくはバス移動圏内という条件を守りつつ、

旦那の通勤に負担のない場所・・・  そんなところあるんだろうか。


実家に運んだぼんずグッズ。 

これをここで使うことになるのか、それとも新居に再び運ぶことになるのか・・・


臨月、間もなく正産期というのに 突然の 家 が な い 状態に陥りそうな状況。



なんか旦那と私らしい。 

いつも間際になって大きな問題が表面化して、結局なんとかなるのだけれど 

その後すぐに後悔するという展開。 

いつも間際まで問題を引っ張り、結局決断のとき、若干ミスるという展開。


そんな2人はB型。 どうしようもなくマイペースなんだ。


いや、血液型と性格は関係ないと言われているけれども、

私は自分の このどうしようもない性格を、B型のせいにして生きている。 

そうしないと、ちょっと冗談きついんだよ。


ごめんよぼんず。

家なき子にはさせるもんか。 というか私だって家ないと困る。


というわけで、今日はさっそく不動産屋に寄ってみた。 

臨月だがバタバタな数週間になりそうだよ。 

ぼんず、もうちと腹の中で待っていておくれよ。


ほれ、久々に外食したけれども、ぼんずにあやかってみたぞ。

bo -

おいしさ広がる・楽しいふれあい

それがぼんずクオリティー。


人気ブログランキングへ


そういえば、ぼんずという名前の由来 

旦那が私のことを呼ぶ あだ名のうちのひとつだったんだが、 なぜ「ぼんず」なんだろう。


最初、旦那はクソガキを総称して呼ぶ「ぼうず」を「ぼんず」と言っていたらしいが、

気が付けば私のあだ名のひとつとなり、今では胎児の名前。


・・・嫁と子どもをぼうず呼ばわりはひどくないか、旦那よ。 

いや、私もぼんずと言っているんだけれども。 

なので最近は「ぼんちゃん」と言ってみたりする私。 女の子にぼうずは無いな、ぼんず。

あ、やっぱりぼんずがしっくりしてしまうと、たった今 気が付いた。
関連記事
スポンサーサイト

comment 4 trackback 1
トラックバックURL
http://tonmi0531.blog.fc2.com/tb.php/107-fe561017
トラックバック
今日、ベビーベッドが実家に到着する予定だったので 旦那にも実家に来てもらった。お互い3日から実家に帰っていたため、私は ぼー と、ベッドが到着するのを待つだけ旦那は、暑...
まとめtyaiました【産後に住む家がない】 | まとめwoネタ速neo | 2012.05.06 01:04
コメント
過去記事に失礼いたします。

わたしも、産後実家で過ごしたのですが
部屋は思いっきり2階でした!

産後に階段がどうとか、全然考えていませんでした…
たしかに良くないかも…!

わたしの場合は、同居している祖父が
結核患者だったため、祖父と接触しないための、あえての2階だったのですが。

いちおう、2階で産褥期をすごした人間がここにいます…

でも、一番いいのはちょうど良いお部屋が見つかることですね!

とり子 | 2012.05.08 18:17 | 編集
コメントありがとうございます!


本当に この瀬戸際感が半端ない時期に、まさかの事態にあたふたしています・・・

2階での産褥期経験者 と聞くと、かなり心強いです!

なんとかなる、なるようにしかならない! と、アニマル浜口のように反芻してみたり。


とはいえ、我が家も諸事情で、離れの2階を借りる予定なのですが

この離れは母の妹がおもに住んでいるため、どうも私も気を遣うというか何というか・・・

母の妹は未婚で子どもも好きではないので、身内とはいえ

夜泣きする赤子の声に耐えられるかどうか一抹の不安がよぎる昨今です。


ちんさくんで有名な不動産屋に行ったとき、けっこう脈ありな物件がちらほらあって

この週末に物件の見学へ行き、無事に決まれば良いのですが・・・


ただ、担当になった人が怖ろしく香水くさいという難題も併発、

物件まわりの際、車内にこもるであろうそのにおいに耐えられるか、

新たな心配がうまれているところです・・・。
かもめ食堂 | 2012.05.08 20:28 | 編集
はじめまして。ネットサーフィンしていてたどり着きました。
私も今年2月に出産した3ヶ月の男の子のママです。産褥期を実家の2階で過ごしましたけど特に問題なかったですよ。ご飯は3度とも二階の部屋に運んでもらっていましたが。。家事をするわけでなくゆっくり2階にいる分には問題ないですよー。

安産無事でありますように(*^_^*)
tomotan | 2012.05.18 16:55 | 編集
こんなまとまりのないブログにお越しいただいて恐縮です・・・

そしてコメント頂きありがとうございます!


住まいの件、引越し費用や物件探しにかかる時間を考えると、とても悩ましいことだったのですが

無事ちょっと古めのファミリーマンションが見つかり、今より家賃も安い物件で

夫婦共々なんとかホッとしています。

私の母も、そのほうが良いかもね! と、納得してくれ 解決したかな・・・?という今日この頃です。

すでに母もマンションに通い妻する気マンマンなようで・・・ 

夫婦いっしょに暮らすほうがいいよ! とも言ってくれるので、ありがたい限りなんです。


とはいえ、引越し前に出産を迎えてしまえば実家にお世話になること間違いなしですが・・・


2階でも大丈夫!というご意見を聞けたので、いつ生まれても心配いらんぞ! と、

腹に向かって良い報告が出来ます。


           コメントどうもありがとうございました!
かもめ食堂 | 2012.05.19 17:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。