--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.30
Mon
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

09.28
Sat
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

09.27
Fri
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

09.27
Fri
無気力症、どんどん進行しております私、うんこです。



すみません、今の私を比喩する言葉がうんこしか思いつかなくて…

いつも下劣ですみません・・・・・




さて、今日も支援センターへは行かなかった。


しかしどこかで「また行かなかったまた行かなかったまた行かなかった私駄目なやつ」という暗示


なので、きょうの料理がグッチ裕三だったので観るのやめて(シャキーン!からずっと

Eテレつけっぱなしだった)公園へ行く。


娘はずっと歩く。

マンションの部屋を出てすぐの段差も降りられるようになった。

エレベーターも怖がらず、すんなりと乗ることが出来るようになった。

そしてなんといっても、外では必ず手を繋ごうとするところ。ここは感心した。

好奇心旺盛過ぎてひとりでどこかへ行く、というのがまだまだ危険なお年頃なので、

私の手をまさぐる娘に感服。私の人差し指をしっかり握る娘、眼福。(まだラップ調が抜けない)


しかしやたら車道へ出たがる。まじでそれやめて死ぬから。


なんとかなだめるが大声で厭厭と拒否。嘘泣きまでかましやがる。

それでもなんとか公園に着く。はあ。ここまで来るのだけでも私、人目が気になる人見知り。

一体なんなん私。


さて、娘は公園の中をぐるぐる歩き倒し(もちろん私の手を離さず)、

おおいい感じ、と思ったのも束の間、再び車道へ出たがる。まじでそれやめて死ぬから。


なんとか注意をそらしつつ、しかし公園の隣のマンションの駐車場へ迷い込む。

ははん、さては娘、車が好きなのか?と思ったけれども、一切そんなことはなかった。

車には目もくれず、とにかくアスファルトの上を歩き続ける。

時折段差を登っては降り、を繰り返す。



が、再び車道へ出たがる。まじでそれやめて死ぬから。



娘に厭厭拒否されながらも、再び公園へのルートに戻す。

娘、途中で公園に戻ったのにも気づかず、私を半笑いで見上げてきた。

そしておもむろに「ん!ん!」と、抱っこをせがんだ。セガール。


だもんで、抱っこしてマンションへ馳せ参じる。時刻は正午だった。

おお、30分ほど外にいたのか。

そして娘は20分以上、歩き続けたのか。歩き過ぎ。




最近離乳食を嫌がり食べない娘。昨日はほとんど炭水化物しか食べなかった。

おかずをすすめても食べやすいように工夫してもひどく嫌がるので、私も昨日はキレてしまった。

もうほんなら一生食べんと死んだらええわ!くらいのことを思っていた。

その怒りが顔面に出る。態度に出る。ああいやだ。


冷静さに欠くと、私は本当に劣悪。

そして私はけっこう尾を引くからさらにタチが悪い。私ってつくづく子どもだなあ、とも思う。

気分や感情の切り替えが早い人間になりたい。

こういうバカデカいイラつきが何か月かに1回来るから、ちょっと脅威。

そろそろ学習しようや私。相手は発展途上の人間よ、なに自分の価値観で赤子と対等になってんの。


というのが昨日の反省点。



で、今日は昼、なんともりもり食べてくれた!

ああ、なんて素晴らしい!嬉しい!


というのも、もう「離乳食」というジャンルは嫌なんだろうな、と思ったのです。

なので私の茶碗に白米を入れ、それをスプーンで食べる。

すると娘は「それ、くれ!」と激しく欲するので、同じスプーンで食べさせるのです。

私と同じ食器で同じものだと、食べるのです。

ああそうか、同じものが食べたいのか、

というわけで、本気で虫歯菌とかチマチマ言ってられなくなった。

私が娘に希望しているのは、虫歯菌に感染してほしくないことではなくて、

ご飯を機嫌良く食べてほしいこと、なので、

しばらくは私、自分と娘の食べるものを同じにするようにします。

昼、レトルトのカレーとか前の晩の残りとか、楽できんようになった・・・・

うどんとか、具入りのオムレツとか、簡単なものを作るようにしなければ・・・・

そんな娘、この数日は私と同じうどん、大根の煮物、ちらし寿司などを食べた。

ちらし寿司の錦糸卵、あれ、まじで便利!

娘は手でつかみやすいし、時間稼げる。

娘用にと太めに切るので、錦糸卵を作る時間も短縮!


やだわもう、無気力なくせに長話になって・・・ねえ。




さて、午後からはおたふくかぜの予防接種へ行く。

案の定泣き喚く。身体を波打たせながら、全力で嫌がる。

しかし無事注射は終わる。4200円だった。

副反応として38度くらいの熱が2~3日続くことがあるそう。

注意せねば。熱なんぞだいたいっすわ、フリーハンドっすわ。とか馬鹿なこと言ってられん。



昨日、旦那は差し歯の接着をしてもらいに行けたので、やっと普段の堺雅人に戻りました。

良かった。



今日はえらく冷える夜です。

育児日記 ブログランキングへ
先ほど玄関が開き、旦那が煙草吸いにいくんか、と思ってふと見たら、
肌着にパンツというスタイルで行こうとしたので全力で阻止した次第です。
あいつなんなの。





しもぶくれまんとは、旦那がたまに娘に言うあだ名です。

旦那、しょうもないことにいちいち「まん」を付ける。

娘が「すいかTシャツ」を着ていると「おい、すいかまん」と呼んだり、

頬がぷくぷくでしもぶくれっぽいことにハッとしたら、「しもぶくれまん」、

風邪をひいたら「風邪まん」「鼻水まん」、など。

あいつは一体何まんよ。



とか思っていたら、先日義父母と奈良へ行った際、

車内で娘のおでこが良いかたち、という話になっていて、

義父が「おい、でこまん!」と言っていた。




遺伝すんのか。
comment 0 trackback 0
09.24
Tue
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

09.20
Fri
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

09.19
Thu
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

09.15
Sun
と、修造(松岡修造)に言われたら今の私はたぶん、ぶっ飛ばすと思う。

力で勝てるわけないけれど、とりあえず、ぶっ飛ばしたい。




そんなこんなで皆様におかれましては再び台風大接近な連休、いかがお過ごしでしょうか。

我が家は特に予定もなく、今日は天保山の動物に触れあえる施設、

いつものミーアキャットのところです、あすこに行く。

が、まじでえげつない、非人道的な混み具合よ。

臨時駐車場と言われて皆、どこまで停めに行くんすか、というくらいにひどかった。

我々は海遊館の駐車場に停められたけれども。

海遊館へ入場する人であたりは人だらけ、まじでドット絵のようで吐きそうになった。

草間彌生の作品に匹敵した。


吐きそうになりながらもサンタマリア号(大阪港を周遊する船)の出航を見届ける。

娘を真ん中に旦那と私は娘と手をつなぎ、「ファミリー」のモデルケースのようなスタイル。

そんな「ナイスファミリー」を演出しつつ、ミーアキャットのところへ。


娘、なんだか以前より「別に」的リアクション。なんだあんた、沢尻エリカか。

つう感じで、犬とのふれあいもまあまあ楽しむもののどことなく元気は8割ほど。

猫のブースには見向きもせず、すたこらさっさとミーアキャットを愛でる。

娘大興奮、やっぱりあんた、これだね。


しかし娘から出る「イマイチ感」。


施設を出てフードコートで我々はサブウェイ食べる。

旦那がいるので注文方法が分からないサブウェイ食べられる。

ああよかった。一人では未だ注文出来ないんですもの。人見知りにはハード過ぎるわよ。


娘は持参した離乳食(ベビーフード)とこれまた持参の超熟ロール。

なんとか食すも、なんだかやっぱりイマイチ感。

しかしフードコート、混みまくりでやんの。我々が食いはじめた瞬間から、

真後ろで待機する家族連れ。ゆっくり食えたもんじゃない。

さっさと食べ、イマイチ感を醸し出し続ける娘は満足に茶も飲めず、車に戻る。

まだ12時半になってなかった。


さて、空いてる店かどっかないかしら、娘にゆっくりティータイムを設けよう

と思っていたんだけれども、イケアは正気の沙汰ではない混みようだったので却下、

その他もなんとなく却下、我々、行くあてもない。ああ困った。


イマイチ感を醸し出す娘、なんだか身体が熱かった。





最初は眠たいんかしらと思っていたんだけれども、違うよう。

とりあえずダイエーの駐車場に停めて中に入ったんだけれども、その尋常でない熱さに驚く私。

旦那も異変を感じる。やばいなこれ、とりあえず水分摂れてないからりんごジュース飲まそう。

お茶は拒否、飲めるもん飲ます。



つうわけで、無駄に駐車料金払って5分で出てきた。

そのまま家へ急いで戻る。娘布団におろすもグズグズ、しんどそう。



娘にとっては初めての熱。

そら体験したことのないしんどさだのだるさだの、不快極まりないし怖いだろう。

普段昼寝を滅多にしない娘も、今日ばかりはちょっと寝ては起き、愚図り、歩き、

よしおのぱわわっぷ見せても訝しげな顔。再び飲めるものを飲ませ、寝る。



5時半頃、とりあえず赤子用のゼリー(キューピーが出してるやつ)とヨーグルト食う。

あとお菓子も食べれた。やはり好きなもの、口当たりの良いものは食べられるよう。

とにかく、熱はエネルギー消費するからこまめに食えるもん食ってけろ。という感じ。


旦那、この暴風大雨のなか娘にとりんごやバナナ、桃、

私にはヤマザキの2つ入ったケーキ買ってきてくれた。

さっそく旦那、娘にとりんごをすりおろす。が、娘、全く食わねえ。どうしたもんか。

やっぱりあれか、食感がイマイチというか見た目も奇怪だし、馴染みがないとあれだわね。

つうわけで旦那は寂しくりんごのすったやつ食ってた。

娘にはバナナ出した、娘、喜んで食う。あんた食べれるやん!


その後は娘、ちょっと元気に。

絵本を手に取り「読んでけろ!」とアピールするし、歩き回るし、てな具合。

首を触っても夕方のような熱さではなく、わきの下もかなり熱がひいている。

汗もかいている、おしっこもしている、あまり重症ではないようす。

しかし娘にとってはしんどいだろうなあ。代わってやりたい。


風呂、入らんほうがええんですが、あまりにもな汗だったのでささっと流す。

その後熟睡しなすった。今で2時間ちょっと。

身体はやっぱり熱い。

今晩はちょこちょこ起きるかもしれないし、とにかく飲めるものを飲まそうと思う。

なので私、今日は酒を2本に控える。深夜帯に起きられないと困る。


深夜~明け方のようすを見て、バナナもヨーグルトもゼリーも食べられなくなったら、救急行こう。

これが突発か、ただの風邪か、はたまたアデノか・・・・・・・・・・・・


実は昨日、所用があり兄の家に行く。一家総出で。

兄の嫁さんは友人の結婚式とかで朝から夜遅くまで家を空けるそう。

兄、1人で奮闘していた。そんな兄の娘、どうもアデノウイルスに感染していたようで、

えらく鼻は詰まりしんどそう。咳き込みも収まっていなかった。

もしかすると我が子もそれ、食らったかもしれない。

旦那、「だからあの子きらいや!」と、兄の娘を嫌う。冗談だけれども。

いや、確かに、旦那から見れば赤の他人が生んだ、ただの他人ですわな。

しかし兄の娘も誰かにもらったんだから、お互い様よ。


それにしても兄の嫁さん、既婚者でもやはり友達多いと2次会やら行くんだな。

我が子がまだ病み上がりしていない状態だと、私の性格上欠席してしまう気がする。

それはそれで迷惑極まりないんだろうけれども、

それ以前に私を結婚式に招待するような人はいないわけで、

私は友達兼親友が1人しかいないわけで、

その親友の結婚式は娘がまだ6カ月に満たない時だったので、

式にしか出る気がなかった。旦那は社員旅行で不在だったし母乳メインだったからなあ。

いくら親友でも、やっぱり我が子が一番ですわ。

だから私、友達いないんだろうな。まあいいや。正直、面倒くさい。

披露宴出てくれない!付き合い悪い!きい!とか言う女ならいらないや。

そういう友達付き合い、出来るほうが生きてて楽しいんだろうけれどもなあ。

私には出来ません。楽しくなくてもいいですわ。


私のことは嫌いでも!クリックのことは嫌いにならないで下さひっ!

育児日記 ブログランキングへ

つうわけで、そんなこんなで、こんな感じです。
comment 4 trackback 0
09.15
Sun
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

09.11
Wed
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

09.09
Mon
いやいやいや、今日もそれとなく平和で今に至ります。


午前中は離乳食を作るため、「お母さんといっしょあつまれ土曜日」を2回ほど繰り返して見せる。



ほんまはこんなことしたくないんや・・・・

テレビを見せっ放しにするのは、ほんまに辛いんやでえ・・・・



と思いながらも、けっこう頻繁にしてしまう、そんな昨今です。

フックブックローとあつまれ土曜日がけっこう旬。

なにはともあれ、えらく旬が遅れてきた感が否めないんだけれども、よしおが最旬のよう。

それと、「バスに乗って揺られてる、ゴーゴー!」というやつ、

支援センターで何度か体感してからえらく喜ぶように。

私も手が空いたら出来る限りしてやりたい。が、そうもいかない昨今です。



さて、そんなこんなで午後から30分ほど支援センターへ行く。

一組の母子が来ていて、よく顔を合わせる人なので微妙に緊張しながらも、なんとか娘と遊ぶ。

娘、ちょいちょいと歩き、保育士にボールやおもちゃを手渡し、にんまりし、を繰り返していた。


娘ちゃんったらもう!しつこい女は、嫌われるゾ☆



つうわけで、そそくさと家へと戻ったわけですが、

自転車を停めているとなにやら怪しげな奴がすり寄ってきやがった。



ひ、ひ、ひいい!!!




インターネッツ回線がどうのこうの系の、 勧 誘 や ! !



「あのぉ~・・・・いえっ!すみませんっ!あのですね!」



という、お決まりの感じですり寄ってきやがった。

もうまじで、中腰で小走り、かつ手は前方に寄せていて、なんかむかつく。


私、最近強くなったのか、こいつらには無表情で挑めるようになった。

非常にそっけなく、かつ冷たく、しかし当たり障りのない返しをちょこっと織り交ぜながら。


そして今日の奴は、えげつなく酒やけした声だけれども多分私より若い感じで、

ベルトの上に腹が乗り過ぎて最早血流障害をきたすのではないのかと心配になるくらい、

ベルトが見えない感じで、

眉毛が尋常でないくらい鋭角に切り揃えられており、なんかうざい感じで、

涼しくなったとえどもまだちょっと暑い、そんな日中には見応えのあるパッツパツのYシャツな感じで、





ひと言でいうと、肥えた石川遼だった。



ああ、えらい遼くん肥えてしもて。と思いながら、なにやら鞄から資料を取り出す遼。


ごめんね遼くん、同じ遼でも私は冴羽獠しか愛せないのよ。

無碍に扱って、ごめんね。


と、肥えた石川遼とちょっとしたラブロマンスを演出した。




まあ、なんだ。

要するに、肥えた石川遼がプロバイダーがどうの、こちらでは料金がなんと!何円安くなります!だの、

インターネッツの速度が日本一!だの、

うっせえの。


私の一存で決められるわけないやろ。私を誰やと思っとるんや。

ただの専業主婦やぞ!なめとったらいてまうぞ!



と、だんだん抱っこしている娘が険しい顔に。



「あっ!可愛い!ねえ!可愛いですねえ!」と、取ってつけたように突然言いだすデブ。






んなんなんなんなんなんなんなんなんなんだ貴様ァァァァァァァァッ!!!!




わしの娘がそんな感嘆詞だらけで評価されるような顔に見えるか!!

わしの娘は話の種か、話のネタか、どういうことやねんボケカス!!



と、よく分からないところでイラっとする。




さらに石川遼、「ねえ!こんにちわっ!わあ!」と、意味の分からないことを重ねてきやがる。


娘、無表情をつらぬく。





い い ぞ も っ と や れ  


な ん な ら 泣 い て や れ 






デブの話は続いていた。

「でですね、こちらのだと、年間にして〇〇〇円もオトクなんです!

やっぱり、なんでも安いもののほうが良いですよねっ!」

と、よく分からないが同意を求めてきよった。




「あ、たぶん今の変える予定はないんで、」と言いながらデブの前を横切る。



「あっちょっ!ちょっといいですか!」と、引かないデブ。



「あのっここまで話を聞いていただいてありがとうございますっ!

ですが、只今順に上の階からご案内をさせてもらっていまして、

またお部屋のほうにお邪魔してしまうかもしれないので、部屋番号だけ・・・!」と言いやがる。



「〇〇〇です。」と私、言ってシ・モウタ


ああどうしよう


「あのクソブスボケデブカス、俺の話を突然遮りやがってボケクソアマ」とか、

逆恨みしてポストにうんことか入れて嫌がらせしないでしょうねあいつ・・・!!



と、しばし妄想で楽しんだ今日の昼下がりだった。



さて、気分を入れ替え、今日は母が来てくれたので近くの公園まで行くことに。


娘、靴を履いて歩いて行けた!信号待ちやらちょっとした段差、こっちがヒヤヒヤしたんだけれども

娘、きちんと歩いて公園まで行けた!すごい!

途中、工事現場のおっちゃん2人が木陰で休んでいるのを発見し、娘凝視し過ぎる。

おっちゃん、「こんにちわ」と声を掛けてくれた。

娘、無言でおっちゃんを見つめる。

おっちゃん、見つめられ続け若干面倒臭いだろうに、

「うちの孫も歩き始めた時は大変やったわ。歩くんが楽しいんやろうな。」など、話をしてくれる。



その間も娘、おっちゃんを見つめ続けて微動だにしない。あんた、迷惑やで。

私やったらどうリアクションとれば良いのか分からなくなり、引きつった笑顔で応対してまうで。


そんな娘もやっとちょっと歩き、さてスーパーにでも行きましょうかと思った矢先、

振り返って先ほどのおっちゃんを凝視するわけですわ。

というのを、3回ほど繰り返した。


ああ、この先、こんなん増えるんやろか・・・


と、私もそういう時にどういう応対をすれば良いのか、今から悩ましいです。

人見知りといってこういう時にそっけない母ではやってられなくなってきた。

もっと、社交性を身につけたい。


社交性というか、「どうしよどうしよどうしよ」と、

応対に困りまくって緊張して前歯が乾かないようにしたい。


そんな昨今です。

そんなわけで、クリックをしてほしい昨今です。

育児日記 ブログランキングへ

旦那の夏季休暇、どうなることやら・・・・・・


とりあえず伊勢神宮行きたかったけど、今年は式年遷宮で混むだろうから、来年かしら・・・・

というわけで、和歌山のアドベンチャーワールドにするかも。

ぐふふ、楽しみ。
comment 2 trackback 0
09.08
Sun
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

09.04
Wed
えげつない、えげつない嗚呼、えげつない、

今日の雨は何だったのですか。嫌がらせですか。地球終了ですか。

皆様におかれましては無事だったでしょうか。

私は大事を取って、ずっと家に閉じこもっていました。

雨を理由にダラダラダラダラ、掃除しかしなかった…!

早朝から旦那が出張先の九州へ向かったので、今日は調理業務放棄し放題!だった。

まじで今日、ガス使ってない。全部レンジ。

作り置きの冷凍しておいたお浸しやカレー、昨日の晩の肉豆腐や豚キムチ、オクラのお浸し・・・・

大根とあげの煮物すらレンジよ。ガスなんてなくてもな、食卓はご馳走だらけよ。


しかし、娘がどうも私の食べるものにご執心かつご乱心あそばされるので困った。

私が食べようと解凍したお浸しを机に置いていたら、すぐさまぐちゃぐちゃし、

それおかあちゃんのやで、となだめると大激怒し、大泣きしやがんの。

ふう・・・と、私は諦め、彼女の好きにさせる。

もう食卓はお浸しと米とオムレツでえげつない惨状よ。

私は現実逃避し、発泡酒2本目飲んだわよ。


そんなこんなでしたが、娘が昼寝していた正午過ぎ、

ヒルナンデスにマイケル富岡が出ていた。

なんで主婦向け番組にマイケル富岡!と、微妙なリアクションの私だったんだけれども、

なんということはない。マイケル富岡の自宅に行くという企画だった。

それにしても相変わらず三トちゃんは可愛い。


そうそう、肝心のマイケル富岡の自宅、もうなんかエロいの。

関西でいうところの「やらしいわァ」が満載よ。


もうなんか、全てが「女といかにエロいセックス出来るか」、

ということしか考えられていないような部屋だった。

ソファーもラグジュアリーでエロいし、エアコンもエロかった。


マイケルの自宅、蛍光灯が無いんですってよ奥さん!

どうも間接照明のほうが女性を綺麗に見せるだの、そんなんらしいですわよ!ひい!

そして最も解せんのが、三トちゃん、マイケルにうっとりしていたのよ!ひい!

駄目よ三トちゃん!マイケルだけは、駄目よ!


そんなマイコー、現在彼女が10人から12人いるそうですってよ奥さん!ひい!

確かに、マイコーか黒田アーサーかというくらい、女にもてまくりだろうと思うけれども、

マイコー、そろそろ落ち着きなさいよ!

石田純一だって落ち着きつつあるのよ!

マイコー、ずっと女のこと語ってて、いわば「取り巻き」のような、

「ガールフレンド」のような、曖昧な感じでしたわ。


もうああいうの見ていると、

マイコーが幼少期、まともに母親から愛情を受けていなかったんじゃないか、とか、

幼少期に年上の女から犯されただの、えげつないことがあったんじゃないか、とか、

妄想してしまうくらいに彼の女への情熱というか執念は凄かった。

「凄い・・・こんなのはぢめて・・・」と、女に言われないと満足出来ない人なんだろうな、

とか、勝手に妄想していた。



さて、旦那は金曜の夜遅くに帰ってくる。

なので家事も必然的に手抜きになってしまう。

掃除は変わらずするものの、調理がないだけでこんなに楽だなんて・・・!

お蔭で録画して溜まっていたフックブックローを編集し、1本50分ぐらいにまとめられた!

LOVEをプレゼント、飽きたようだ娘。

今はよしおのぱわわっぷ体操に興味が沸きかけている状態。


そんなこんなで今日は調子に乗って飲み過ぎてしまった。空き缶が5本も出てしまう。

今日、資源ごみの日だったのに・・・・・・

しかし全く酔わないんだ、どういうことよ。

こんなんじゃ、「もうらめ・・・酔っちゃいました・・・およよ・・・(くらくら)」とか、

ぶりっ子出来ないじゃないか・・・!

そんな機会ないけれどもそんな対象者なぞノットファウンドやけれども。



しかしあれだ、

飲んで陽気になりかけているせいか、麺づくりの担担麺(カップラーメン)を食べ始めてしもうた。


断乳してから体重が3キロ増加している。原因は酒だ、分かっているけどやめられないんだ。

BBA街道まっしぐらですわ。


今、真矢みきが「マルちゃん麺づくり~♪」と歌いながら、私の頭の中で踊っている。

しかし冷静に「今から風呂掃除して、パソコン内の写真の整理して、

それから返さなければいけないメール(およそ4件)に返信せねばならん」と、考えている。

唯一の親友かつ友人である彼女からのメール、1か月以上放置している。

なんなんだろう、私、唯一の親友なのにメール返すのが面倒臭い、と思ってしまっている・・・!

下衆の極み!

ついつい担担麺の汁、飲み干すところだった!あぶないあぶない!


坦坦とクリックしてもらえると、私は担担麺から手を放すことが出来ます・・・

育児日記 ブログランキングへ

そういえば娘、今日はずっと家の中だったので豪雨だけれどもベランダで歩かせてみた。

西松屋で購入した480円ほどのソフトタイプな靴を履き、べたんべたん歩いていた。

はいはいをする時間が、圧倒的に少なくなっている。

寂しいなあ。

今日もふと、そういえばこの子はもう母乳飲まないんだなあ、と思いだし、

ちょっとウルルン滞在記だった。


ウルルン滞在記で思い出したけれども、山本太郎よ!

隠し子って、ほんまですか!

えらく年下の人と結婚して離婚して、

気が付けば反原発の活動で知り合った女性(39)を妊娠させるだなんて・・・・

どこのエロ漫画よ・・・

とにかく、その赤子が太郎の騒動に巻き込まれないことを祈るのみよ。

山本太郎がどんな男かは興味ないんだけれども、

とりあえず、赤子の無事を祈る!
comment 4 trackback 0
09.03
Tue
ひいい!!

もうこんな時間っ!



インターネッツにてインターネットサーフィンをしていたところ、

「こんな俺って異端?www」的な発言を目にしたり、

枕に顔を埋めて発狂したくなる発言を目にしてしまい、思わず転覆するところだった。

自分のことを異端児だと思ってしまう時期・・・・ひい!








私にもありました…










さて、本日も娘のニュアンスをラフにリポートします。



支援センターのおもちゃの中にあるブロックをよく舐る。たまに吸う。

そのなかに棒状のパーツがあり、さらにその先端にニワトリのようなパーツがついている。


それを必死に舐る娘がなんとまあ可愛いの。

で、その姿を見て私はふと、「内田裕也のステッキみたいだなこれ」と思う。

多分内田裕也は「杖」というとロックンロール!とか言って殴りかかってきかねない。

なのでステッキと私は脳内ですぐ感じた。



で、「〇〇(娘)ちゃん、それ好きやね~!」と保育士が言う。

そこで私は「なっなんか内田裕也みたいですね」と言ってしまう。






「…は?」





「…あっはっいえっ」




てなりますわな。





あと、あるお母さんが私に話しかけてきたので挙動不審ながら応対する。もう死ぬ思いよ。



「〇〇(娘)ちゃんって、何時に起きます?けっこう頻繁に起きます?」


「えっえーと、きょ、今日は6時に一度起きて、あっでも夜に2回ぐらい起きるんですけど、

あっすぐにまた寝るので夜泣きではないんですけど、あっえっ7時です」



「…あっそうですか
 
7時かあー・・・すごいちゃんと寝てるんですねー!」


「っいっいえっフハッフ八




(ここで話振ったらええんか?わしはどうしたらええんや!)



あっあの、〇〇ちゃんはどっどうですかっ?」



「もうねー、今日は4時半起き!だったんですよー!

それからごそごそして、なっかなか寝ないんです!」



「よっ4時半ですかー!はっ早いですねえっ」





「あっ


ここで私、とっさに「哀川翔みたいですね」と言ってしまう。

哀川翔がクワガタやカブトムシや熱帯魚の為に4時半に起きるというのは

一般的な知識だと思っていたのだ。


哀川翔みたいですねっフヘッ」





「・・・え」



「・・・っあっ」















「ねぇ~!早いんですよ~!」


「えっあっはっ早いと大変ですよね~!」
















わたしゃ若い時からキャピキャピした女の子をどこかで小馬鹿にしていたんだと思う。

馬鹿だなあ、くらい、馬鹿にしていた。

「めっさかわい~!」とか、女子は通り一辺倒で面白くない。

なんかあったら「スイーツ」食べに行くとか言う。

だいたい男だの彼氏だの好きな人だのあいつ嫌いだの言う。




だから、私はそんな女子とは違う、私はお前らとは違う、と馬鹿にしていたのです。
















すいませんほんまに、馬鹿は私です、

「お前らとは違う」とか、もうむしろ私のほうが「えっなにこの人きもい」サイドです、




と、私は若い頃女子にあえて溶け込んでいないのではなく、

むしろ溶け込めていなかったんだと知った。




どうすんだよこれから・・・・


こんなんばっかか・・・


お先真っ暗か・・・・





私はお門違いか・・・



門前払いか・・・・・




クリックしてください、光明です、あなたは光明です

育児日記 ブログランキングへ

さて、寝ましょう。

もうすぐ哀川翔の起きる時間だ。
comment 2 trackback 0
09.01
Sun
今日は義父母が来た。

娘、最初は辺りを観察し、義父母とも一定の距離を取っていたんだけれども

慣れてくるとニコニコと笑い、気が付けば歩いていた。

「すごいやん!歩いてんの~!」と、尋常でないレベルで褒め称える義母。

娘、誉められていることが快感なのか、ずっと歩く。

居間から寝間、1周してまた居間へ。ぐるぐるぐるぐる、家の中を歩き回る。

その都度義父母は「すごいなあ!」「もう歩けるやんか~!」と喜ぶ。



が、娘が何度も何度も同じことを繰り返すので、義父母が果てていく。

私は離乳食を作り、旦那は寝ていたので義父母のライフはゼロになりかけていた。

なので私は娘を制止しつつ、ひたすら離乳食用の魚を調理する。

娘、今日も元気です。


そんな娘、今日は1日の殆どを立って、しかも歩いて過ごしていた。

午前中はそんなことなかったのに。

義父母が来てからは特によく歩いた。ずっと家の中を歩き回っていた。

ちょろちょろ、腹を突出し首をすくめ、けったいな歩き方。

まだまだ不安定で、「歩行」という感じは一切しない感じなんだけれども、

彼女は非常に楽しそう。


しかし今日の強風、えげつなかったですな。

祖父母を見送りに外へ出ただけで、一族揃ってTMレボリューションのように。

とか、ふざけたことを思う余裕があったので、大丈夫でした。

自転車も管理人が心配する事態にはならなかった。良かった。

皆様におかれましては大丈夫でしたでしょうか。



クリックをついでにクリックしてクリさい

育児日記 ブログランキングへ

8月31日消印有効のもの、なんとか間に合った…!

私、娘への熱い思いを託し、恋文大賞に応募した。

娘の誕生日あたりにバス停で広告を見かけて、気になっていたんだった。

昨日の夜に思い出し、やべえ、もう時間無いがな、と焦る。もう急ピッチよ。


ぐ、ぐ、ぐぎぎぎぎぎ・・・・・・今更ながら、ものすごく後悔している。

あすこ、ああ書けばよかった!とか、絶対無理だわ母から娘へなんてありふれ過ぎだわ!とか、

もう頭はぐわんぐわん。

入賞するはずなどないのに、どこかで期待したり気になったり・・・・・・・・・・・


ああ、早く忘れよう。今日のことは全て夢、幻、フィクションよ。


だけれども、娘宛てに手紙を書くというのも悪くないわね。

娘への誕生日カード、毎年書こうと決めていたのに、まだ1歳の誕生日の書いてない。

つうか生まれた時にも書いてない。

ということは、もうすでに毎年書けていないじゃないか。

私の妄想はひどい。近代稀に見る自慰妄想。




comment 2 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。