--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.31
Thu
中国の大気汚染、またテレビでやっていた。

私はまた、ついつい見入ってしまった! PM2.5って、何!


また新しい韓流アイドル!?

それとも江頭2時50分の一種!?



ああ、C.W.ニコルさん、










草花や動物から少しずつ力を分けてもらえそうなので元気玉打てそう



私は、どうすればいいんですかぁぁあ・・・!



とか言いながら、今日はおそろしく天気良かったから娘の布団のカバー一式、初めて洗った。

タオルケットとか毛布なんかはすぐ洗う気になるけれど、布団のカバーは、面倒臭い・・・

洗わんとも死にはせんし、また夏前くらいに洗うかも。


ああ私は、神経質なのか適当なのか、

ただの面倒臭がりなのか、よく分かりません。



今日も我が子は特変なく穏やかに、平穏無事に暮らしていた。

最近は加湿器のコードを引っ張り、加湿器を散歩させるのにお熱なよう。

ガラガラガラガラ、加湿器のコマが彼女の手腕によって動きまわる。

危なくてしゃあない。



そして昨日に引き続き、昼寝一切しねえ。

その代わり風呂上がりの寝つき、半端なく良い。

風呂の最中から眠たくなり過ぎて、お泣きになりあそばしなすったけれども。


今日なんて風呂上がりの授乳すら待たずに熟睡しよった。

そのうち喉渇いて起きる気がするんだなあ。


と、パソコンを触っている途中で泣いたので授乳したらすぐ寝た。



そして娘っこ、楽しそうに笑うようになった気がする。


我が家はトイレの目の前が和室で、寝室として使っているのですが

私がトイレ行くときはいつも和室に連れて行き、旦那の布団に寝かしておく。


私は後追いティックになってからというもの、トイレ全開で用を足すんだけれど、

いつ見ても娘っこはニヤニヤしながらじーと私の一部始終を観察しているようす。


私が肌を露出するとニタァ・・・と、メメタァ・・・・と笑う。愛想笑いか。

そして私のノリが良いときは、笑かすのに必死で娘っこを楽しませるんだけれど

その時の笑い方がどうしても、

リカコというより池畑慎之介みたいだった。








もっとこう、全体的にくしゃっとした笑い




しかし、泣き声聞きながらの排泄は心苦しい。落ち着かない。そわそわする。

出るもんも引っ込むから腸に穴が空きそうだったので、今このスタイルで安定している。

ただ、娘が前進する技術を習得してしまったら、どうするよ。

トイレの中まで来たら、気が気でないわ。

いっそ、私もオムツ生活するか。

いかん、金掛かってしゃあない。



お暇があればクリックをば…

大葉甲いかは、旦那が好きな寿司ネタ…

育児日記 ブログランキングへ

今日は天気良かったので、昼前に買い物行ったのに

シチューには美味しいパンよね! とか女子的発想をし、

3時前にもう一度、買い物行った。

小汚いスーパーの中の小汚いパン屋だけれど、けっこう美味しい。

なにより、トングを使ってパンを取るというのが、私にとっては非日常。

だいたい、取りたいパンにトング型の穴開けたり2、3回取り損なったりするけれども。

どんだけ、どんだけやねん。


どんだけ~!


しくじってパンを床に落としやしないか、いつも心配。
スポンサーサイト
comment 2 trackback 0
01.30
Wed
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

01.30
Wed
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

01.27
Sun
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

01.25
Fri
今日はモンゴル800がテレビに出ると知り、娘っこを寝かしつけて早々にテレビ観る。

なんとか間に合った。


なんか、彼ら、年取ったなあ。というか、こんなだったかなあ。


そういう私も、同じくらい年取ったんだなあ。




まあいいや。


そうそう、ミーハーながら、

あっ、ミーハーという言葉はまだセーフですか。



ミーハーながら、ブルーノ・マーズも出ていたので私釘付け。

彼のはなんか良いね。90年代の古臭さを感じつつ、現代っ子が聴けば新鮮な感じなんかしら。

だから流行しているんかね。知らんけど。

なんだかんだ言いながらも、良かった。

そして彼のバンド、軽快で良かった。特にドラム、良かった。



そうそう、彼の曲のなかにもあったけれど、

アメイジングという言葉の持つ「降り注ぐ感」、すごくないですか。私だけですか。


なんかこう、大気中に舞うダイヤモンドダストのような

空気中に放出されたファブリーズ(スプレータイプ)のような、






別にアメイジングやから雨っぽい、ちゅうわけではないんですよ。









なんの話をしているのか分からなくなったので、もうやめます。


育児日記 ブログランキングへ



今日は離乳食用のしらすを加工、冷凍して、うどんを出汁で煮て冷凍して、

とかしていたら、しらす、

なんか洗濯機のゴミ屑がたまるネットに固まる、埃のようなものが凝縮されたゴミのようだった。

きれいなねずみ色。

食べさすのためらうレベルだった。



そんで私の心中が複雑な折、娘っこは台所付近の床に転がしていたのですが方向転換し、

使用済みおむつ専用ゴミ箱(蓋付き・100均の200円商品のやつ)の蓋を取ろうと

バンバンバンバン、ばんばんばんばひろふみ、叩いていた。


彼女の努力は実り、蓋は取れたんだけれど、

取れたと同時に至近距離でのうんこ臭を感じたのか、






酸っぱい顔でもあった



みたいになってた。



そして今夜もたびたび、ちょっと泣いて起きる。

今日、7時半ごろに寝つき今現在2回ほど起きる。

朝も5時過ぎには起きるし、

これはもはや、夜泣きの一種なのかしら。ううむ分からん。
comment 2 trackback 0
01.23
Wed
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

01.22
Tue
やあやあやあ、プリキュアの最終回間際、毎回泣くね。



私たちはあきらめない!

夢に向かって!

希望に満ちた世界を!

私たちはくじけない!

私たちの友情パワーで!


的な、若干キン肉マン的要素を感じつつも、おおよそ私が毛嫌いする類のノリなのに、だ。


キン肉マンは面白いから好きだ。

ステカセキング対テリーマン、

ヘルミッショネルズ、

ああでも、キン肉マン2世はあかん。

おもんない。



娘っこが生まれてから、余計プリキュアでの感涙率がうなぎ登り。

どうでもいいけれど、娘っこ、という言い方、ウザいのにちょっと癖になりそう。


そんな私の横で、今日も右回転からのうつ伏せで、屁ばかりこく愛娘。


みずみずしい屁、あ!もしかして!と思い、

尻を拭く用の湯を汲んできてもうんこではなかったり、

なんか生き物のにおいがするな~、と思っていたら、ミュートでうんこだったり。


うんこを伴う屁、

そうでない屁、

音色の違いはよく分からないけれど、

みんなちがって、みんないい。



しかしまじでよく屁をかますなあ。なあ、娘よ。

うつ伏せになったら、まずは屁、だなあ、娘よ。

私の屁で昔は笑ってくれたのに、今はもうなんのリアクションも返ってこなくなったんだなあ、

なあ、娘よ。


屁、屁、言うとりますが、

これじゃあ私と娘、ヘルミッショネルズは組めない。

あ、私はビッグ・ザ・武道なんだなあ、娘よ。娘は必然的にネプチューンマンなんだなあ。



しかし、やっぱり、赤子の尻、いい。

たまに尻にうずもれるんだけれど、そういう時はだいたいうんこしてる。

尻に頬ずりしたら、だいたい生き物が発するにおいがしてる。

ああ、娘、君は生きている。

そう感じる。

そうして私も生きているんだと感じる。

お暇があればクリックをば・・・

ちょっとだけ ブログランキングへ 

私がこのブログをはじめてもうすぐ1年になる。

1年のうちに、私は意外と充実した妊婦期間を経て、陣痛も体験して、発露して、出産を経験して、

そしてよく屁をこく娘のおかあさんになった。
comment 2 trackback 0
01.22
Tue
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

01.20
Sun
最近、即刻ゴミ箱行きになる住宅関係のチラシに目を通すようになった。

というのも、現在住んでいる地域では、正直我が子を育てたくない、というかなんというか。

これは旦那も義父母も同意見だし、そして私の母もおおむね同意している。


なんといえば良いんだろう。

人口がとにかく、とかく、多い。

私たちの住むマンションから向こうは、市営住宅や府営住宅がそびえたっていて、

わけありティックな高齢者であふれかえっている。

もちろん、何も知らずに引っ越してきたような子育て世代もたくさん住んでいるし、

もともとこの土地で生まれ育った子育て世代もいる。

だからあんまり、この土地を侮辱してはいけないとは分かっているけれども、



なんといえば良いんだろう。


私、この土地柄、好きじゃない。ごめん、この土地。



たとえば自転車に乗る3人組の息巻いている少年たち、

コンビニで買った弁当類の包みを自転車を並走しながら道路に次から次へとポイ捨てしたり、

とにかく自転車人口が半端ない地域、自転車暴走団が半端なく多いのだ。


なんだろう、なんか、思いやりのない土地というか、

我が我が、な人ばかりの土地だなあ、と思う。

例えば自転車どうしがぶつかったとしても、

どちらもが「すみません」や「大丈夫でしたか」が言えない人たちが非常に多い。


ううむ、どうしたものか。

近くにある保育園の前を通ってみたとき、

金髪酒やけ声のヤンキーねえちゃんが、「こっちやー!はよ来いってぇー!!!」と叫んでいた。

ううむ、あれは、やはり、保育士だよなあ。


ううむ、ごめん、私は決して上品な人間ではないけれど、

もうちょっと上品なところで生活したいなあ。


どこで生きようと親が私なんだから、娘がどう育つかなんて私にかかっているんだけれども。


ううむ、なんといえばよいのだろう、

こう、ここに住んでいたら心が荒む!という感覚。




で、いつかはやっぱり、引っ越したいわけですが、

引っ越した場合、万が一第2子が誕生となった場合、どうしたものだろうか、と。

母はおそろしく機動力のない人だし、同居の叔母のこと、猫のこと、そして母自身のこともあるし、

そうべったりと甘えられそうにない。


かといって、義父母・・・・


義母、悪気なく思ったことをすぐ口にする人だし、旦那公認、デリカシーのない人だし、

悪い人ではないのだけれど、どうしても、疲れてしまう。

私がチマチマしたことすぐ気になる性分だということもあるけれども。


ううむ、義父母は絶対に世話になるつもりはない、という意思を持っているし、

旦那、義父母ともに同居なんて100割ありえないとは言っているけれど、

ありえないこともない、ことなのかもしれないなあ、とか、ふと思ってみたり。



確かに同居なんてしてしまえば私の生活リズムは崩れるし、

1人の時間なんて今以上に絶望的だ。


だけれども、私は生粋のおばあちゃんっこ。

もともと実家は代々そこにあるため、いわずもがな私は曾祖母、祖父母が家にいる環境で育った。

曾祖母は、私が1歳くらいに亡くなったと聞いている。認知症も患っていたらしい。


母は祖父の経営する会社で働いていたし、婿養子となった父も同じ会社だった。

父は結局、違う女の人のもとへと蒸発してしまったけれど、

祖父が株で失敗し会社が倒産するまでの間、母は懸命に働いていた。

なので私はおばあちゃんっこ。

学童に行くこともなく、かぎっ子でもなく、おばあちゃんがいた。



自分で言うのもおこがましいのですが、

私は物腰が柔らかく、奥ゆかしいところもあった女の子だったのだ。

年のわりに古風なところがあって、

そのぶんバリバリの現代っ子がする壮絶な嫌がらせとかを目撃したら、

たぎる正義感が胸を熱くしていたり。

痴漢を発見したら、自分が盾になっておねいさんを守ろうとしたり、

・・・意味の分からない少女だった。



これは、おばあちゃんっこだからなのかどうか。

少なくとも、「おばあちゃんっこやろ~!?」とよく言われた記憶がある。

そして私はおばあちゃんが好きだった。

母は父がいないぶん、非常に厳格に、ときにヒステリーに怒りまくっていた人だったけれど、

いつも祖母が助け舟をだしてくれた。

母の思う「私と兄のため」は、いつも違っていて、私達きょうだいはいつも萎縮していた。

でも、祖母はいつも優しくてあたたかい人だった。



私、娘を祖母にされたようにあたたかく守ってやれるだろうか。

母と同じように、厳しくし過ぎないだろうか。心配。

兄なんて、中学受験の時にほうきで殴られていたなあ。

私、そんなことしたくない。受験もさせない。本人がしたいということ以外は強要したくない。

妊娠中に読んだ本に書いてあったこと、もう一度思い返していたのだけれど、


こどもの頃に大人から受けた不条理なことを、大人になった自分が合理化してしまわないように。



そうそう、これ、これを思い返していたんだよ私。


私はやっぱり、娘が立ったり歩いたりしゃべったりするのがまだ想像できないので、

この先どういう風に娘に関わるのか未知数過ぎるのだ。

分からない、ということは、私にとって脅威。

何事にもシュミレーションしてきた、だから無駄に仕事上でもクソみたいに真面目だったから疲れた。

こうきたら、こう!

こうなったら、こう!

という対処法が、自分のなかにない状態が、とにかく脅威なのだ。


・・・とはいえ、母親になった私、

いざという時には母親としての本能が目覚めてゴールド聖闘士になったり…しないもんかねえ。

とかく、柔軟剤を必要とするほどに、私には柔軟さが足りないのかもしれない。


もしも柔軟さが足りないまま娘が成長して、自分ひとりでは対処に困ることがでてきたら。


私の場合、おばあちゃんがいたから、ヒステリーティックになった母から逃げることができた。


でも、私がもし、イー!!ってなったとき、娘に逃げ場がなかったら・・・・。

と思うと不憫でならない。

核家族、いいこともあるけど、子のすこやかな成長のためには弊害も多い気がする。


じいちゃんばあちゃんは子にとってはシェルターみたいなもんだ。

しかし嫁からみたらうぜーと思うことのほうが多いもんだ。


まあないですが、義父母と同居したほうが、我が子はのびのび育つのかな。

のびのび育つうえに、おおらかな面を持ち、少し古風で物腰が柔らかくなるのかな。

気遣いのできる子になるのかな。


・・・そうなると、現代っ子の輪のなかに入れるのかが心配。

はじかれるんじゃないだろうかとか、次から次へと取り越し苦労が絶えない。


旦那は「ほっといたって育つもんは育つんやって~」というおじゃる丸みたいな思想。

けど、いくら自分の子だといえども、1人の独立した人間であって、

その人間に最も影響力のある存在である私たち、半端な姿勢でいたくないのだ!

人格形成に最も影響がある年頃にはなおさら、私は細心の配慮を怠りたくないのだ!

だって、私じゃないもの。娘は私じゃない。

私の二の舞を踏ませるわけにはいかない。たくさんの選択肢から、自分で選べる子であってほしいもの。






何の話していましたでしょうか、

舞の海の二の腕を踏んだらあかん、という話でしたね。






適度に上品さと活気があって、適度に公園とか公共施設があって、

小学校の評判が良いところに引っ越したいなあ。

引っ越せたとして、賃貸?分譲?

旦那は将来的には田舎に持ち家派だけれども、私はそういうのなんか面倒だと感じるしなあ。

子どもが大きくなって、実家がない、というのは可哀相だ、と旦那は言うけれど、

そういうものなのでしょうか。マンションでも良いと思うけどなあ。




何の話していましたでしょうか、

実家がシャーメゾンとかレオパレスやったらかっこいい、という話でしたね。




で、間取り的にも文句なく、しかし価格が高かったら、もう、義父母と同居でもすっか!

ほんで金、若干払てもらおか~!


・・・いやあ、やっぱり、たまに会うから、丁度良いってもんです、義父母。

明日も遊びに来るよ義父母。

今日も旦那はご飯食べて酒飲んでとっとと寝たし、私ももう寝る。

アパマンショップとか賃貸住宅サービスとかでマンション探すの、目が疲れてかなわん!


子のために、自分の時間(義父母に干渉されるだろうから)失う必要もないのかなあ。

お暇ならクリックなどどうでしょう

どう思いますか奥さん、育児日記 ブログランキングへ

「娘我命」的に娘を優先させるのか、「あなたとは違うんです!」的に私の自由を尊重するのか、

親としての私なのか、私としての私なのか、優先順位をしっかり見極めたいです。
comment 6 trackback 0
01.17
Thu
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

01.15
Tue
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

01.14
Mon
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

01.13
Sun
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

01.11
Fri
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

01.11
Fri
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

01.09
Wed
前のマンションの住所に届くはずの年賀状、

転出届出してるから今のマンションに届くはずだ、

と思ってずっと届くの待ってたのに、来なかった。

旦那の仕事関係のチェックせねばいかんのに。


郵政公社め!

年賀状シーズンに雇われたアルバイトめ!

配達せんと捨てたんやろ!

川に投げ捨てたんやろ!

穴掘って埋めたんやろ!


「こいつらまじうぜー。

 前もって引っ越ししましたのハガキ全員に送っとけや!」とか思ってるやろ!



私が前髪切りすぎて、

ブチャラティみたいになってんのを笑ってるんやろ!

















かわいいボブにしたい




ああああぁぁぁあ!


とか思ってたら、今日になって転送されてきた。

旦那に即刻、メールで知らせる。

仕事関係で、送ってない人がいたら失礼だ。



クソみたい  私の妄想  糞喰らえ




そんなこんなしているうちに、ぼんず、7か月めになりました。

いまだズリバイやらハイハイやらをする気はなく、ひたすらに裏返っては後ずさりし、

足の親指の皮が若干めくれたりしている。


尻を持ち上げるのも増えた。

おすわりをさせてみるとかなり前傾だけれども、しばらくは維持できるよう。


離乳食、もぐもぐはたまにそれらしい動きをするのみで、まだ習得出来ていない。

丸飲み感が否めない。回数は1日2回。


うんこもたまに2回。

だいたい起きて着替えさせて居間に連れていき、

私が食パン食べたり離乳食をチンしている間にうつ伏せになりうんこしている。

だいたい尻の形に沿った造形になっている。

2回の時はよく食べた日とかで、たまに軟便になっている。


歯はまだ全く生えていない。

眉毛、完全に下がり眉。

ハゲなりに、部分的に毛は伸びている。


湿疹は相変わらず出やすい。

そして相変わらずアズノールとステロイド。

ステロイドは2~3日連続に抑えたいけれども、なかなか引かない湿疹のときは

一週間近くは連続使用する。

泣いたあと涙を拭いても、我が子のチャームポイントである長いまつ毛のせいなのか、

目の周りに湿疹よく出る。

そのせいか、よく目の周りをこするようになった。

痒いのか。目くそも同時にちょっと発露。



発露って、病院で配布された妊婦用冊子の『分娩の過程』みたいなところに書いていたけれど、

イラストで見たらオーマイゴッドだった。

たったいま、発露の画像探そうとグーグル検索したら、吐きそうになった。


そんなことはどうだっていいのだ、

お暇があれば検索してみて。



手をグーパーする要領で、ただでさえ無い毛髪を握って引っ張ろうとして、痛いのか泣く。

こらこら、痛いしハゲるよ、と手を解いても、再び毛を掴みにかかる。

それのシリーズ化で、風呂の時に自身の腹を引っ掻く。

痒いわけではなさそう。


おもちゃ入れのカゴをひっくり返したり、おもちゃよりもおもちゃ入れてるバケツをしゃぶっていたり、

はたまたコンセントのコードを掴み、しゃぶったり、これは危ない。目を離せない。

いろんなものを口に入れる。


私が手をたたいて「おいでおいで!」と呼ぶと、

愛想笑いみたいな笑みを浮かべて、無理いいなさんな~的な顔をする。

腕の力も結構ついたのか、アシカ並みに上体をあげるように。


連続して11時間近く寝る日もあった。

今日も10時間近く連続して寝ていた。なのでおっぱい飲む回数も量も減る。

私の乳、左だけ張るように。右はなんとなく、枯れはじめた気もする。

絞れば出るけれど、10時間空いても張らなくなった、右乳。

母乳育児にお熱なわけではなかったけれど、枯れかけるとちょっと複雑。


そうこうしているうちに、ぼんず、今日は昼寝を1時半からはじめ、まだ寝てる。

離乳食食べさせようとしているときから大泣きして、抱っこしても大泣きして、

仕方ないから横たわらせても大泣きして、仕方ないから私はご飯食べる。

で、再度あぐらの上に座らせ、離乳食勧めたら、渋々食べた。

食べて、おっぱい飲んで、寝た。


大泣きする日としない日、違いは何なのか、分からん。

泣きたい日もあるんでしょう。なあ娘よ。

なあ、我が娘よ。


いまだハゲ娘、女の子らしい服を着せても坊主頭のオカマにしか見えねえんだなあ。なあ娘よ。


ハゲていても、ハの字眉毛でも、あなたはあなた、可愛いよ。


ハライチの澤部みたいに見えることもあるけれど、私の娘、可愛いよ。









こんな女子になっては困る


もうそろそろ昼寝はじめて2時間経つなあ。めずらしい。昼寝しても10分くらいなのに。

本当にめずらしい。おかげで鯖の味噌煮と寄せ鍋の段取りは出来た!



あ!起きた!ブログランキングへ

小雪がもう妊娠10か月とテレビで観た。

えええ、もう、そんななるの!?もう発露するやん!第2子!小雪!

すごい、小雪。


あわわ、ぼんずが寝間からこちらを見つめて泣きかけている。

ささ、パソコン閉じてぼんず起こして洗濯物取り込もう。


comment 2 trackback 0
01.09
Wed
いやあ、昨日は寝かしつけたまんま寝てしもうたね。

旦那が寝間に来て私は起きたね。

歯磨いてなかったから起きないといかんから面倒くさいことこの上ないね。

そんでブログに記録しておきたいことがどんどん頭から抜けていってるね。


そして今日も全く同じことを繰り返してるね。

夕方ささみと白菜と大根とりんごとさつまいも、離乳食用に調理したやつ、冷蔵庫に入れっぱなしやね。

今から冷凍させるの、この上なく面倒くさいね。



もう、私、終わってるね。





旦那の年末年始休暇最終日にあたる日曜日、


私は、自転車を買った。


買った、といっても、旦那の祖母がイカレポンチに5万もお年玉くれたから、そっから支払うことに。

そんで、ゆくゆくは旦那にお下がりさせるつもりで、おしゃれなやつ買った。

最初から電動付きの子どもが座るカゴがつけられるママチャリ買えば良いのに。

無駄におしゃれ感を自転車に求める私、

だって私、子どもが座るカゴ付きの自転車乗る自分が想像出来ないんだもの!


現在旦那の愛車は中古の折りたたみ型でカゴ無し、チリンチリン無し。


私が買ったのカゴ付きでありながら小型であり、

しかもタイヤ太めで安定感があり、黒とベージュのカラーリング。

ちょう、かわいいのっ!

と、私がテンションをどうにか出来なくなるくらい、お気に入り。

旦那のはメタリックなシルバーに淡い水色がかった感じ。

無駄に折りたたみ型でカゴ無し、チリンチリン無し、タイヤ細い。


だっさ!

でも、私の自転車、備品やら防犯登録やらの初期費用込みで1万7千円だった。


バカくせえ!


私、あと半年くらいはぼんずをおんぶして自転車乗るつもりやけど、

これは違法なの?

法律家を目指していた旦那に訊いてもさっぱり。二人乗りに該当するの?

それよりも危険だから注意して乗らねば。

今私たちが住んでいる地域、中国クラスに自転車多い。

そんで信号無視する人間の多いこと!


なので、しばらくは旦那と土日にイオンとか行くくらいにしか使わない。


そんで出掛けても2時間くらいで帰る。

私の自転車運転技術、車輌を運転するにあたっての注意力、

さらに8キロちょいのぼんずをおんぶしての運転における筋力、

どれもが欠如している、今。


私、バイク(大型)に乗る峰不二子みたいな女になりたかったけれど、

どうも私は公道を走るには何か足りないようだ。

それにレザースーツ着たらもじもじ君のよう。

峰不二子とは、何もかも、全てが違っている。



みんなちがって、みんないい。



で、日曜日は早速、ビョルンにて抱っこしながら自転車運転して神社行って初詣して、

お宮参り(9月中旬)の時にもらった絵馬をやっと結んだ。

そっからまたまたイオンに行き、ベビーフードやら綿棒、ぼんずのトレーナーを買う。

帰りは旦那が抱っこする。

寒さ対策にぼんずを覆うエプロンみたいなやつもしていたから、

それをした旦那はなんとなく滑稽だった。

空いた道で並走してみると、ぼんず、旦那から顔だけ出して笑っていた。


よ!自転車男子!

よ!自転車旦那!

よ!どっちみちジテダン!

なんか花粉症の薬みたいになった!


さて、そんな家族揃っての束の間のお出掛け三昧も終わり、

いつも通り私とぼんず、2人きりの生活に戻った。


昨日はまさに、休み明けの仕事始めティックになんかしんどかったけど、

何とか普段のペースを取り戻した。


旦那は仕事始めの昨日だけはちょっと早めに起きて、

結露しまくりの窓をカインズで購入した便利グッズで綺麗にして、

「ちょっとほんまに早起きの習慣つけるわ~!

 これして、ぼんさん見ながらパン食べるようにして、…」云々言っていたが、

今日はすっかり家を出る15分前起床に戻ってた。

そういう人よ、あんた。

逆にテキパキ起きてチャキチャキしてたら気持ち悪い。


そうそう、休みのあいだは私以外の誰かがいて、

ぼんずも楽しそうだったな。

良い刺激を受けて、情緒の面でも成長したんだろうな。



とか思うと、途端に2人きりのこの空間に罪悪感。というのか、なんというのか、

何を言う、早見優。



とか思っても、私は絶対、子育てサロンとか児童館とか行きたくない。

嫌やで!そんなもん行くくらいやったら2人きりでええわ!



・・・でも、ぼんず、刺激が足りんことはないんだろうか・・・



とか思っても、私は絶対、

横目でチラチラ伺いあったりグループやら群を展開する女の園へは行かんからな!


私、物凄く狭い空間で生きているな。

登場人物も決まってる。

そしてそれに対して不満があるわけでもなく、疑問も抱かず、生活を営んでいる。

きっと私、村人タイプなのだ。

古くからの伝統や習わし、決まり事の通りに生きるような、なんか、閉鎖的な村人ティック!


これで良いのか、私の育児は。


ううむ、今はまだ、これで良い。


ぼんずがスタスタ歩くようになったらまた考えよう。

それくらいには引っ越ししたいなあ。

出産直前に決めたこの住環境、もっとしっかり下調べをすればよかった、クリックをば・・・

育児日記 ブログランキングへ

離乳食の冷凍保存、私は材料ごとにしている。けどこれがうんこみたいに面倒くさい!

今のストックは、

かぼちゃ、にんじん、ほうれんそう、じゃがいも、トマト、さつまいも、おかゆ

そして今日加熱加工したやつ。

シリコン製の製氷皿みたいなやつに適当に入れて冷凍、

冷凍されたら製氷皿から取り出して、ジップロックみたいなやつに入れてる。けどこれがクソ面倒!


最近気づく。

材料を1つずつ出して解凍してベビーフードの出汁なんかで味付けする無駄な手間もあるし、

もう、離乳食として加工してから、冷凍すれば良いんではないか。


いっつも「今日はかぼちゃと何組み合そう・・・」とか、無駄に考えるのが無駄!

かぼちゃとほうれん草のホワイトソース味、とか、とうふとはくさい和風だし味、とか、

最初から作れば良かったんだ!

そういうの、もっと調べたり本見たりすれば良かった。

面倒くせえ、我流で行くぜ!とか、調子こいたらこのありさまよ。

子ども寝かしつけてそのまま寝て、今から材料別に冷凍とか、そらもうアホの所業ですよ。




あああああ!面倒!

でも、きちんと毎日離乳食作る手間は掛けられない、面倒!

さて、明日は初ささみ。けっこう良いささみ買った。味に違いはあるんかしら。

キューピーの瓶のベビーフード、あれ、

今どきの若者っぽく絶賛するけれども、あれ、


マジ神!



あれの「ささみと緑黄色野菜」3日前くらいに食べさせてみたから、たぶんささみ大丈夫なんだろう。

それにしてもあの瓶タイプ、どのくらいの量を1度に食べさせたらええんや。

残りは冷凍してあるけれども、1回分の目安、どうなっとるの。

そして私は最初に食べる食材は1さじずつ、というのも守らなくなっている。

しかしこれから動物性のものを食べさせることが増えるだろうから、気をつけねば。

そしていまだに分からない。

離乳食1回あたりの総量って、どのくらいなんですか。

適当に、幼児用ごはん茶碗に半量くらいのおかゆ(だいたいとうふとか白身魚混ぜて、味つけてる)

と、小皿2つに野菜ペースト的なもの2種類くらい。

これは多いのか少ないのか。3・4か月健診のときもらった冊子みてもちんぷんかんぷん。


食べるからいいか。いや、たまにクソ不味い時とか食べないね。

その時は仕方ない。私だって味見して「うわっ!」と言ってしまうもの。

すまん、わが娘。やっぱり、ちゃんと味付けして調理してものを、冷凍するようにする。

せやけど、まだまだストックある・・・・




新年気分、まだありますか。

今年は、つうかずっと、ハッピーニューイヤーと言われても違和感しか感じない。ブログランキングへ
comment 2 trackback 0
01.06
Sun
いやあ、もう正月気取りな日々ではなくなりました。

あっという間に年末年始特有のマスメディアも通常通りになってる。

だけれどもこれといって年末年始特有の売り出しとかに行けなかった。

今更ながら、授乳するのに便利な服かつおしゃれな服が欲しかったのだけれども、

そんなん探しにどっかへ行くという時間が、不思議と無かった。

あるはずなのに、無かった。

おかしいなあ。年末年始、あほほど時間あったのに。


そんなこんなで、旦那も明日で長かった年末年始の休暇が終わる。


で、そんなこんなな休暇の終盤にして、

今日は義父母が迎えに来てくれ、旦那の実家へ行く。


年末年始、旦那が娘と過ごせる時間が比較的多かったので私がいないと泣く、ということが無かった。

だもんで、後部座席にぼんず、義父母、そして助手席に私というスタイル。

今まではぼんずの傍らには私、というスタイルだったけれど、今日は久々に助手席。

助手席に座れるって、なんだか女子。 私、助手席女子!

そしてぼんず、愚図りもせずにこやか! 私、にこやか女子!


旦那の実家までは高速も使って1時間弱。

ぼんず、もう着くよ、というところで熟睡。 だもんで、ちょっと遠回りしてから旦那の実家へ。


実家へ着くと、旦那のお兄さんとぼんず、初対面。

義兄(独身・実家住まい)、赤子とぎこちなく対面する。

ぼんずが床に寝そべり、義兄の足元でうつ伏せになっても立ちっぱなし。

しかしぼんず、義兄に微笑みかけていた。 義兄も若干、微笑んでいた。


で、すぐに義兄は出掛け、義父母とぼんずのふれあいタイム。

ぼんず、楽しそう。私が視界から消えても、おかまいなし。私もぼんずをおかまいもしませんで。


なんかこう、普段の平日、ぼんずと2人きりでいるので非常に気がらく。

義父母も非常に楽しそう。良かった。


それからご飯を食べ、ぼんずに離乳食を食べさせ、義父がりんごをむく。

義父がむいたりんごを持ってこちらに来た際、義父、

「食べるか~!?」と、ぼんずの口にりんごを入れようとする。

旦那、「おいおい!あぶないあぶない!」と義父を制止。

それに反し、ぼんずは口を開け上機嫌。しばらくりんごしゃぶらす。

シャリシャリシャリシャリシャリシャリシャリシャリシャリシャリシャリ

ぼんず、噛むおもちゃティックな扱いでりんごを噛む。

離乳食ではりんご、酸っぱいのか避けるけれど、義父のむいたりんごは嬉々として噛み続ける。

義母、そのようすを見てげらげら笑う。旦那も笑う。

めっちゃ、団欒やん!


で、そろそろ帰る頃、旦那の祖母が同居娘(義母の姉)に連れられ、旦那の実家へ来る。

ぼんず、義母の姉に抱っこされると大泣き。

義父母には慣れたようすだったけれど、初対面の人にはやっぱり穏やかでない。

そして旦那の祖母、ぼんずにお年玉、5万円!をくれる。

あほや!赤子に5万て!あほ!  とは言えず、断ったが旦那の祖母から見て私なんぞ赤の他人。

旦那へ詰め寄る旦那の祖母。旦那も最初は社交辞令で断っていたけれども、受け取る。

とりあえず、ありがとうございます、旦那の祖母。

どうでもいいけれど、旦那の祖母は両家とも健在。元気!


で、帰り際に西松屋へ行く。

もらった5万、早速使う。9000円くらいで、あほほど服買った!なんか、スカッとした!


帰りの車内、ぼんず熟睡だったので、西松屋に行っている間は義父母にみていてもらう。

久しぶりに旦那と2人で買い物をする。西松屋やけれども。

ぼんず、目覚めず熟睡。結局、家へ着く間際まで寝ていて、1時間半はしっかり寝る。


だったので、風呂後なかなか寝つきが悪かったれども、寝てしまうとかなりの勢いで熟睡。

非常に疲れただろうけれど、良い刺激だったよう。


そうそう、旦那が毎日いるせいか、ぼんずの知性がかなり発達したくさい。

やっぱり日々、きちんと相手して遊んでいると発達するもんなんだろうか赤子。

せやけど、せやけどやな、平日はそうはいきません。 ごめん!ぼんず!ボナペティ!


知性つうか知恵つうか、

おもちゃを取るため手を伸ばすが届かない、

そんな時は下に敷いているバスタオルを引っ張っておもちゃをたぐり寄せたり。


おしりふきウォーマー(いとこからもらった)が暖かいのを知ったのか、

ウォーマーをばんばん叩き、上に登ろうとしたり。猫のよう。暖をとろうとしているよう。


この人は私にとって無害でそして友好的かつ献身的だ、

という判断をしているように見受けられたり。

そしてその判断のもと、愛想を振りまいているようにもみえる。

まったく、とんだ小悪魔agehaやで!



身体面でも発達、

おむつ替えのとき、うつ伏せになろうとするので授乳クッションにはまってもらう昨今。

するとぼんず、両足の親指を両手でつかみ、股を最大限に開帳し、丸まって足の指をしゃぶる。

うつ伏せのときもかなり高く尻を持ち上げたり、背筋使ってるくさい動きをしたり。

娘、いろいろと発展している。

まったく、とんだ発展家やで!


もう日曜日になったのか、働いてもないくせに、月曜になるのが憂鬱。なのでクリックをば・・・

今更ですが、正月気分で人気ブログランキングへ

正月早々、五社英雄監督の吉原炎上観た。

私の中で、京都地検の女のイメージが強い名取裕子!ナイスパイオツ!

かたせ梨乃も西川峰子もナイス太もも!

そして若かりし根津甚八、男前!


旦那、最近剛力彩芽をみて「ぼんちゃんそっくりやで~!」という。


ごめんなさい、個人的に、嫌なんですが、どうでしょう。

ごめんなさい、私は、私や娘が剛力彩芽に似ていると言われたらちょっと複雑な心境です。

フアンの皆様ごめんなさい。


でも、今日、ダブルフェイス観てたら、蒼井優がぼんずにそっくり!やった!

旦那も、「あれ?蒼井優のほうが似てるな~!」という。

蒼井優、なんか赤ちゃん顔や!ベビーフェイス!肌きれい!

そう思っているとコマーシャルに剛力彩芽が出てきて、旦那ふたたび

「やっぱりゴーリキーやでぼんちゃん!」


ただ、ショートヘアの女の子で、眉が若干下がっているとぼんずに見えるようすの旦那だった。
comment 0 trackback 0
01.02
Wed
皆々様、あけましておめでとうございます。

皆々様におかれましては、良き年明けを迎えられたでしょうか。


私はと言うと、2013年カウントダウン!とか浮かれるわけでもなく、

眠気に誘われるまま昨年12月31日の夜11時半に眠り、朝4時に授乳で目覚め、

7時にもう一度ちゃんと起床した。


乳幼児、とくに夜間の授乳が必要な子を持つお母さんがたには、

正月とか本当、関係ないですね。

年越しオール!とか、カウントダウンライブ!とか、生活リズムを崩すものとは本当に縁遠くなった。

改めて、乳児をお育てのお母さん方、お疲れ様でございます。


大晦日から浴びるように酒飲んで、ぐだぐだ出来るようになるにはまだまだ年月が要りますな。

今年も昨年に引き続き、隣で吐くほど酒を煽る旦那、超絶にうざい。

2リットルの日本酒を3日で飲みやがる。ビールも水のように飲みやがる。

私はノンアルコールものをたらふく飲み過ぎて、煮しめ食い過ぎて、吐きそうになった。

旦那は今日も日本酒とビールを飲みほし、早々に寝床へと消えていった。


そして年越し番組、ガキの使いを観ようと思っていたけれど、

録画したやつ観て、昔ほど笑えなかった。

なんか、観れなくても別にいいや。と思えるようになっている。加齢だねえ。

若い頃、つうか、つい2~3年前くらいまでは、げらげら笑いながらだらだらしていたのに。

赤子中心の生活も板につき、いろんなものに対して折り合いをつけられるようになったのかしら。


で、今も年始特有の特番だらけ。

とりあえず、5年ぶりに細木数子が出るらしいから4チャン観てる。

とりあえず、加齢のせいなのでしょうか、細木数子が赤べこ並みに首揺れてた。

とりあえず、マツコ・デラックスの気の遣いようったらなかった!

芸能界って大変!

そして、あの人は今!?的なコーナーに、大木凡人が出ていた。

なに、大木凡人は「あーあー!いたいた!そんな人!」扱いされているの?

そして、六角精児に間違われると凡人は言っていた。

凡ちゃん、確かにちょっとなんとなく、似ているかも!




…ぼんちゃん!凡ちゃんに似たらいかんよ!



で、昨日は私の実家へ行く。

旦那のほうは実家が奈良で、大阪よりもずっと寒いだろうからということで、

5日あたりに義父母が車で迎えに来てくれ、そして奈良へ行く段取りになった。

幸い、義父母が

「こんな寒い日にわざわざ連れてきたら可哀相やろ。

 色々と荷物多いし大変やろうし、1日2日はお酒飲むからあれやけど、

 あったかい日に車で迎えに行くで~。」

と言ってくれたので、お言葉に甘えることに。

正月は帰ってくるもんじゃろうが!というタイプではない人達で本当に助かる。

ただ、旦那は義母の作るご馳走を食べながら、義父とともに酒を酌み交わすため明日実家へ帰る。

で、明日は旦那不在なので、母とマボ好きな叔母がマンションに遊びに来ることに。

ぼんず、また叔母にこねくりまわされる。

未婚で子を持たない叔母、そして若干わが身可愛さ優先の叔母、赤子の扱いも若干心配。

(大の猫好きな叔母、実家の猫を可愛がるものの、引っ掻かれると「いったぁ~!!!!」と

 大きい声で騒ぐ。いわば可愛いものの可愛い部分しか見たくないタイプの人。)

1日も実家へ行った際、兄の娘っこも来ていて、ぼんずも他の赤子と触れ合う貴重な体験をした。

そんな時でも叔母、

「ねーちん!(母のこと。叔母からすれば母は姉)ここに並べれる~っ!?」とぬかす所業。

貴様、赤子を何だと思っていやがる!

兄も苦笑い。兄の娘とぼんずを並べたかったよう。並べてどうかなるのか。

「かわい~!」というリアクションのためなのだったら、しばくぞ!

そんで貴様、しっかりメイクで頬ずりしないで!お願いだから!と、心中大荒れだった私。

…叔母なりに、可愛いと思ってのあれなんだけれども・・・・・

また、個性的な叔母のことは、後日お話します。あ、どうでもいいっすよね。


そんなわけで、新年になりましたが何も変わらず、正月気分も特に感じず、

ただひたすらに煮しめ食った昨日今日でした。


あ、兄がヴィレッジヴァンガードの福袋くれた。



中身、ゴミしか入ってなかった。

ゴミと、そしてヴィレッジのロゴ入りのゴミ箱が入っていた。

なんというか、全体的にゴミ。


ほんと、ヴィレッジの福袋はやるよねー!金をドブに捨てるようなもんだ!クソ!FUCK!


新年早々こんなFUCKなブログに目を通してくださったならばクリックをば・・・

育児日記 ブログランキングへ

煮しめ食べたら、お通じが開通し過ぎて死にそう。

comment 4 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。