--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.31
Tue
6か月 (細かくいえばあと数日で23週)の胎児ぼんず

もう聴覚も発達しているため 語りかけたり声を掛けたりすると良いらしい。


しかし、私は残念ながらそういうのが苦手だ。

どうもしっくりこないのだ

「ぼんずちゃ~ん♪ おはよう♪」
「今日も寒いね~♪」
「パパ遅いね~♪」

とか、どう考えてもできない。

心のなかでは

「ぼんずー!」
「今日もさっぶいな~!」
「びっくりしたな~!」
「いま動いてんのかー!そうかー!」 と

思ってはいるのだが、声に出すのがどうも性に合わない。

腹をなでたり、ポンポンすると 心なしかぼんずもたまに応答するので

意思疎通はそれなりにしているつもりだ。


さらに旦那もあまりそういうキャラでは無い 夫婦揃って照れ屋なのだ。

(照れ屋というか、夫婦揃ってまじめなシーンとかこっ恥ずかしいシーンが嫌で、

 ちょけてしまうのだ。)


例えば 飲み過ぎる旦那の酒を取り上げると、

私の腹に向かって

「ぼんずー!虐待や!おかんが虐待しよる!」と 私の悪口をぼんずに言う。
 
ある意味胎教か。 いや 胎教に悪いのか。


そんな私も、最近になりやっと(胎教の為!というわけでは無いのだが)

音楽でも聴いてみようかなという余裕ができた。

胎教CD(クラシック)も2枚ほど手元にある。

試しに1回聴いてみたが、何か違う 思てたんと違う。


クラシック自体は好きだ。でも、胎教に良いのはポピュラーで眠たくなる曲が殆どである。

私はもっとこう・・・   ・・・とりあえず違うのだ。


そうこうしているうちに、今日ももう昼下がりの妊婦だ。

やばい。もうこんな時間ではないか。

私の好きなCDを探そう

10月に引越しをしてから(今思えば妊娠初期に引越しとは無謀だった)

段ボールに入れっぱなしのCDを引っ張り出す。

数にすると400枚くらいだろうか

その中から好きなCDを探すのが途方もなく面倒臭い。

ああもう もれなく面倒臭い。


面倒臭いながら探し出す。あった。

私はハードコアだのミクスチャーだのメロコアだの、世間的には一世代二世代古く、

「好きだ」と 堂々と言うのが恥ずかしいものが好きなのだ。

重低音のベースと低音を効かしたドラム、この組み合わせが最高に好きだ。

人見知りも自室ではさすがにノリノリである。

旦那とは音楽の趣味が奇跡的に合うので 非常に助かる。


ちょうどいろいろと多感な14~5歳の頃から好きだった KORN が特に好きだ。

旦那は好きではないが。

ただ、ここ最近の彼らはどこへ向かっているのか不明なため、聴くのも恥ずかしいので

90年代に出したアルバム数枚をよく聴く。 さて、久々に聴いてみよう。



・・・なんなんだこの明らかな ぼんずに対する悪意は

FUCKだの KILLだの BITCHだの シャウトしやがるのはお下品な言葉ばかり・・・


ああ駄目だ ぜんぜん駄目 無理だ



妊娠する前は心地良く聴いていた曲も、母性が目覚めたのだろうか 受け付けなくなっている。

ネチネチした内面を書き殴ったような曲とか、ハードコア特有の不協和音とか、全部却下だ。

残念でならないが。


ぼんずが誕生して、聴く気になったらまた聴いてみよう。

ああでも 低い声で「FUCK!」と突然叫び声が流れてきたら

さすがのぼんずも泣いてしまうか。 しばらく お蔵入りにしよう。


やっぱり母体が心穏やかにしているのが一番胎教に良いということかしら。


胎児への語りかけが苦手なポッチリはこちら


妊娠・出産 ブログランキングへ


この4枚はおもしろいほど反応がありました。
CD.png
・・・もしかして拒否をしているのか?
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
01.31
Tue
わいわい♪

わいわい♪

わいわい♪

わいわい♪


サタッデー~♪


わいわい サ タ デ ー ~♪


昨日、仕事から帰ってきた旦那が唐突に歌い始めた。


仕事中、突然前席のアナゴ(仮名)君に

「フグ田(仮名)君、わいわい♪ わいわい♪」と言われ、一緒に歌ったらしい。



仕事せえや。



おかげで今日の私はわいわいサタデーエンドレス

ハイレグの女性が胸元でちいさく両手を振りながら 私の前を歩いていく 永遠に



小学生の頃だった気がする

「エレクトーンの 小豆けいこ(漢字は記憶にない)です♪」が鮮明に記憶されている

司会のアナウンサーか誰かに

「あずきと書いて”しょうず”と読むんですねぇ~ あずきさんじゃないんですよ~」

と言われていた記憶もある。  (そのおかげで 小豆=あずき を学べた気もする)


しかしそんな微妙なことを言うのはトミーズ健か

確かトミーズときん枝師匠が出ていた気もする


そしてもう一つ鮮明に覚えているのは「お肌がきれい美人コンテスト」か何かで

毎日卵白を顔にパックしています!というおばちゃん

顔が卵白みたいにテュルッテュルで 顔を洗ってきてくださいお願いします 

というレベルにテカテカ光っていた。

こわかった。


土曜の昼、学校から帰ってきて母の焼き飯

(土曜の焼き飯率は半端なく高かった そしてそれは決してチャーハンではなかった)を

食べながら観た 浜村淳の番組、ノックは無用もしくは吉本新喜劇、そしてわいわいサタデー

良い時代だったなぁ

いや 良いのかは不明だけれど、

ハイレグの女性を出し続けて 何年も放送し続けられる時代って すごい。

私の母は 女性に順位をつけたりする番組だから大嫌いと言っていたな。

いやしかし 自ら進んで出場している女性に関しては

順位を付けられるのを承知でハイレグになっているわけだから、

むしろ自信を持ってハイレグでテレビに出ていたわけだから 構わんではないか。

私は金積まれてもそんな恥ずかしめを受けるなぞ死んでも不可能だが


人見知りが大勢の前でハイレグ しかも妊婦 さらにテレビで放送 

そして挙動不審になる人見知り 

目線をどこへやって良いやら分からず赤面することは安易に想像できる。 

恐ろしすぎる 嫌だ

胸元で可愛く両手を振る 挙動不審の人見知り 

ネタにされネットに動画拡散され 末代までの恥さらしに。

ああ、わいわいサタデーがいまの時代に無くて良かった



無駄な空想をしがち 人見知りにはよくありがち わいわいとポッチリサタデー♪

妊娠・出産 ブログランキングへ



ぼんずが無事生まれて 小学生くらいになったとき、どんな番組をやっているのだろう。

ぼんずも焼き飯を食べながらわいわいするのだろうか。

また焼き飯かよ と怒らないでくれ ぼんず。
comment 0 trackback 0
01.29
Sun
♪あなたは 稲妻のように 私の心を引き裂いた

♪蒼ざめた心ふるわせて 立ちつくす一人立ちつくす

「(ベーヤン&チンペイ)you're Rolling Thunder


 (チンペイこと谷村新司)・・・ァァァアアアア~~~ッ!!



                    お腹が痛い
   
             何だこの痛さ 尋常では無いぞ

突然の腹痛にトイレへ。冷や汗とともに全身が変に熱くなる。 気を失うほどの波も襲来する。




妊娠する前から便秘症 そういう女性は多いはずです

妊娠を期に更に便秘に・・・ヤダわ・・・そういう女性も多いはずです

私もそうです 妊娠してからの便秘には悩まされていました

妊娠4か月に入る頃 検診時に相談すると、流れ作業のようにマグミットが処方されました。

酸化マグネシウム 通称カマグ 私も働いていた頃、職場でよく見ました

その効果は知っています。 

妊婦にも安心して処方される、副作用も殆ど心配ない便通を改善する薬です。

私も服用しています もうかれこれ2か月くらいです。




たまに、薬が効き過ぎることって ありますよね。

何ていうんだろう・・・

壊れた蛇口?みたいになるんです。


それも突然 激しい腹痛 まさにRolling Thunder



1~2週間に一度くらい、こういう事態に襲われる。

薬の量を調整しろよ バカ と思われるだろうけれど

1日1錠では効かない 3錠では大洪水 

そう、2錠です。 2錠で段取りしているんですが、なぜか効き過ぎるときがあるんですよね。

      「南方先生! 薬効 あり です!!」

と怒りと痛みで叫びたくなる

便秘と下痢は非常によろしくない。 後期に入ると痔にもなりやすくなる。

これで陣痛に耐えられるのだろうか 私の南方先生・・・

いま、切実に悩みの種となっている。


そういう時は必ず、トイレの中でアリスの冬の稲妻が脳内再生されるのも困る

痛みの波が襲来すると、タイミング良く チンペイの吐息

非常によろしくない。


今は腸も落ち着き、晩ごはん(作り置きを冷凍していたカレー)を食べながら

そしてサザエさんを見ながら ぼんずと平和に旦那の帰りを待っている


便秘にお悩みの方はポッチリを

妊娠・出産 ブログランキングへ


いやあでも 冬の稲妻の歌詞は秀逸だ

突然の腹痛の際には是非 思い出していただきたいくらい

♪あなたは稲妻のように 私の体を突き抜けた
♪燃え尽きた体 抱きしめて
♪駆け抜ける一人 雨の中

とか、

♪忘れない あなたが残していった
♪傷跡だけは・・・

とか、

もう完全に 腹痛→トイレ→悶え苦しむ→燃え尽きる→残るおしりの痛み の歌だ

いやほんと、良い歌だけに複雑な気分だ 
comment 0 trackback 0
01.29
Sun
旦那は実家が大好きだ。

もちろん良い意味で 両親が大好きなのである。


ぼんずが産まれてからは、お互い実家でゆっくり甘えることも出来ないだろう と

最もらしいことを言いつつ、旦那はわくわくで実家へ。足取りは異様なほど軽かった。


私からみても、義母は良いお母さんだと思う。

さばさばとしていて、細かいことは気にしない。ちょっと天然でもある。 

そして作る料理はどれも恐ろしく美味しい。

そういうオカンになりたいなと、けっこう本気で憧れたりする。


というわけで 2人、別々の家へ帰った。


私の実家は母と母の妹がいるだけでとても静かだ。

父は気付いたら居なくなっていたため、いわゆる母子家庭になる。

兄も去年結婚をし、いまは近くで新婚生活を楽しんでいる。


そんなこんなで人が少ない実家に帰っても、特にすることがない。

そして今日 母達はお出掛けの用事があり、一人で過ごす。



尋常ではない暇さ加減である。



ただ、唯一遊び相手になってくれる猫(♂4歳)がいる。


私は犬(特に柴犬)も好きだが 猫は憎らしいほど好きだ。

寒いときはストーブにあたる私の上に乗ってくるので、これみよがしにモフモフを堪能する。

モフモフしていると、ぼんずも人間ではない生物に反応したのか、よく動く。

猫(1歳のころ去勢された哀・戦士)、ぼんずセンサーにひっかかるの巻
1.png
猫(人間でいう男盛り・32歳独身)に嫌がられ、うざがられ、反抗的にされても ひたすらモフモフ


妊婦は猫から感染するといわれているトキソプラズマに気をつけろ!とよく言われるが、

猫のトイレには触れず、猫を触った後に手をしっかり洗えばそんなに怖がることはない。

神経質になると、胎教にも悪そうだし。

そんなわけで、思いっきり猫(最近目ヤニが気になる独身)と遊び 気分もスッキリ


そういえば、

ぼんずが産まれたら猫(体長約50cm ※歩行時 )ぐらいの大きさなのだろうか。

猫(その頃には男の色香漂う・36歳独身)もぼんずを可愛がってくれるだろうか。

仲良くなってほしいものだ。



動物が好きな人に、悪い人はいません!と思ったらポッチリを

妊娠・出産 ブログランキングへ


昔、サムスピという格ゲーにそんなこと言いそうな女の子出てきたなあ・・・

兄とよくやったもんだ。あ、ナコルルか。そういえば兄はナコルルに恋をしていたなあ・・・

                  ま さ に 黒 歴 史
comment 0 trackback 0
01.27
Fri
妊娠を意識してからも、実際のところ何も努力をしていなかった。

仕事を言い訳に煙草も止められず、お酒を飲み過ぎたり食べ過ぎたり身体を冷やしていたり。

そこで、仕事を辞めてから2度目の禁煙外来へ。

働いているときにも1度行き、1か月は禁煙できていたものの復活してしまったへタレである

自力で禁煙出来るほど意思は強くなく、自分に甘い。いやまあ、ニコチン依存なのである

そして久しぶりのチャンピックス服用。その頃舞の海に出会う。

婦人科に通い、私も本気を出す

1か月もチャンピックスを飲んでいると、煙草を吸いたいうんぬんよりも胃が気持ち悪いのだ

チャンピックスを中止し、ここからは根性で禁煙。極力余計な薬は飲まないようにした。


それと同時に、妊娠しやすい身体づくりなるものを自分なりに実行する

・もちろん禁煙
・夏だったがとかく腹と腰は冷やさない ある時はカイロを使用するくらい
・ルイボス茶を飲む(卵子が若返るというかそんな理由で)
・葉酸を飲む
・排卵日付近に温座パットで子宮を温める(なんか良さそうだという理由で)
・ちょっとだけ食生活を改善
・生活リズムは崩さない
・旦那、亜鉛を飲む(たまに) そして禁煙
・旦那、大事なところは温めないようにする(精子が死ぬとか動きが悪くなるとかそういう理由で)
 いやまあ温める機会はないが 熱い風呂に入らないとか、パソコンを太ももに置かないとか

しかし、禁酒だけは出来なかった。

夫婦2人とも、酒は大好き 煙草も酒もやれないなんて、人生楽しくないやないか

結局、妊娠確定までは普通に飲酒

も、も、もしかして・・・妊娠してる?と何となく自覚していたが、禁酒だけは出来なかった

カスである。

それでもぼんずは無事心拍を確認させてくれた。

もうそんなん見せられたら、酒なんてどうでもいいやないか

まだつわりというものも無かったが、カスなりに禁酒にとりかかる。

たまに隣でビールをあおる旦那に殺意を覚えたが、ぼんずの心臓は動いている

酒飲んでる場合じゃないぞ、カス

という具合に、今まで休肝日すら無理だった禁酒を守れている。

年末年始、周囲が酒を飲もうが何とも感じないくらい意思は強い。

たま~に飲みたくはなるが、昔ほど、

ぬおおおぉぉぉおおおおおおおお!飲みたいんやーーーー!!!!

という欲求は全くない。

この調子でぼんずの卒乳まで禁酒する自信は満々である。


旦那は毎晩隣で飲んでいるが 外で働いてくれているから仕方ない。

ありがとうな。

飲んで 飲んで 飲まれて 飲んで 飲んで 酔いつぶれて眠るまで 飲んだらポッチリを

妊娠・出産 ブログランキングへ


旦那編として、男性には亜鉛とエビオス錠がとても効くという情報があった。

エビオス錠を購入する前にぼんずは降臨してくれたわけですが。
comment 0 trackback 0
01.27
Fri
と言われ、落ち込んでから 次の排卵で無事受精しました。

いちびんなや~!!

と、医者に言いたくなったものです。


仕事を辞めて2か月は今まで通り自然に任せていたものの、なんだかおりものが気になるな・・・

まさか旦那、お風俗にでも通ったのか?

いやいやそんな激しくおりもの!ではないぞ おりも政夫・・・

そんなこんなでなんとなく、おりものの質が気になり、

そして妊娠を阻む症状がないか婦人科で検査してもらうことに。

まずは看護師の問診そして内診 医者は中年男性で、ちょっと舞の海似の人だった。

いくら中身はオッサン寄りの私でも、自動で股を開かす椅子には抵抗がある。

えげつい椅子やでと思いつつ、内診。 

ついでに子宮頸がんの検査・性病検査やら一通りしてもらうことに。

妊娠を希望しています と伝えると、なにやら不妊外来に回される。

回されるといっても舞の海ひとりがやっているちいさなクリニック


どっちみち舞の海が内診するわけなのであった。


軽い気持ちで通うことになったが、毎週の血液採取と内診 ちょっと心が折れそうになる。

しかも検査受けるのに戸惑うと、舞の海が間髪入れず

「問題がないかどうかは検査せんと分からんでぇ?」と責め立てる まるで青い稲妻

検査いうたかてあんた、わし無職やさかいに金ないんやでぇ・・・


ホルモンの働きが正常か、検査をしなければ問題があるか分からないから当然なのだが

「私、病院通わないと妊娠できないのかしら」と不安になる毎日。

それと同時に 本当に不妊治療で身も心も財政も削りながら頑張る人の

想像をはるかに超える大変さにぶるっときた。お金はもちろん、心もボロボロになりながら

検査・検査・検査・・・・リセットする度に言いようもない落胆・・・

わけも分からず内診中に泣きそうになった。


とりあえずは排卵日あたりを指摘され、そこを狙ってライドオンするように指示を受ける。

まさにタイミング療法というやつであった。


通いだして2か月、私も次々と検査をすり抜けた頃


「プロラクチンがなぁ。高いんやわ~」


プロラクチン? 何それヨーグルトかなにかですか?

「このホルモン値が高いとなぁ、妊娠しにくなってまうねん。」

この流暢な関西弁を話す舞の海、さらっと恐ろしいことを発言する。

じゃあなに、私、妊娠できないんっすか?

いや、そういうわけではないらしい。

その日からプロラクチンを下げる薬(カバサール)を服用

しかし気になり家に帰ってインターネッツで調べてみると、

プロラクチンを下げても妊娠率が必ずしも上がるわけではない・・・だと・・・?

諸説あるみたいだけれど、プロラクチンが高くなっている原因も人によって違うため

服薬=正解ではないらしい。

しかし私としては気の問題だ 副作用だろうがしばらく続けてみよう。

それでも駄目なら最も嫌な卵管造影の検査を受けよう・・・・・・

痛いともっぱら評判だが、

検査後いわゆるゴールデンタイムと呼ばれる妊娠しやすい期間が訪れるという・・・

でも痛いのはもう嫌なんだよ舞の海

と複雑な心境のなか、排卵日あたりの受診

「今日は排卵を助ける注射打つでぇ~」 さすが舞の海、軽快である

看護師に注射の説明を受ける。筋肉注射で、いわゆる排卵を誘発するものだ

いやぁ、私もこれは何ですかそれは何ですかと もっと聞いてよけば良かった

注射後、再び舞の海ルームへ

「明日な!」 ああ、ライドオンの指令か

舞の海の助言の通りにしていると、    生 理 が 来 な い。

結果的に無事懐妊することが出来たのだ。

もちろん、舞の海のおかげもあるけど、いちばん私が助けられたのは旦那の言葉だった。



別に出来なかったら出来ないで今は良いいやん。

妊娠出来ひん身体じゃないって分かったから良いやんか。

30歳までは自然に任せたらいいやん。

それでもあかんかったらその時はその時考えたらええやん。

そんな痛い思いせんでええやん。病院嫌なんやろ?



この言葉は今でもちゃんと覚えている。

この言葉のせいで、実は泣きそうになった記憶がある。

そしてこいつと結婚して良かったな~と、実感。(けんかもするけれど)

ホッとして いっきに気が楽になった。

身体的なことも大事だけれど、何よりも精神的な落ち着きや安心って本当に大切だなと実感した。

ぼんずも気を張った私には降臨したくなかったのだろうな。

命って、いろんな偶然や愛情や喜び いろんなことが重なり合って誕生するんだな、ぼんず。


しみじみ飲めば しじみ汁が飲みたくなったらポッチリを


妊娠・出産 ブログランキングへ

comment 0 trackback 0
01.27
Fri
自分の記録として、本気で子供がほしい!と思ったお話をひとつふたつ・・・


2011年の5月 仕事を辞める! と、5年とちょっと務めた職を離れる一大決心をした。

子供のことを本気で考えながら 職業病だった腰痛の悪化を改善しつつ

精神を健やかにすることに。

人見知りのくせに、いわゆる肉体労働な対人援助職。でも仕事は好きだった。


当時、末期の私は(外には出さないが)すぐに感情が高ぶったり、落ち込んだり、

(別に圧力なんか無いはずなのに)追い詰められたり、

生理が来るたびに子供が授からないことにもしゅんとしたり。

酒豪一家の娘である私、毎晩楽しんでいたお酒も量が増え、まじでおっさん以下
 

当時はいわゆる中堅芸人と師匠の間ぐらいの立場だったせいか、

次から次へと入っては出ていく後輩の教育にあたふたしまくりな毎日

まあ、働きながら 妊娠しちゃった♪いまあんまり動けないんですぅ♪ とか

つわりで休むやら産休育休やらを取れば、代わりの人材どうすんねんボケと内心怒られかねない。

人に関わる仕事だからそれだけ人材の確保は生命線だ。

甘ったれたこと言えない職場環境ではあったけど、嫌なくらいやりがいのある職場だった。


人と接するうえで自分がこんなのでは話にならない。

自覚しているうちに手を打つことにした。



人間嫌いでも仕事で出会った人たちはみんな好きだ。

ご老人、認知症の方を相手とする職だったけれど

彼らの生きる力はすごい。

そして、今までを必死に生きてきた顔は ほんとうに素敵。

なかには認知症のせいでいけずな部分が出てしまう人がいたけれど、

ときどき「母」や「おばあちゃん」が顔を出す。

働いてすぐの頃は、うわべだけの気持ちで「人生の先輩だから」と

分かった風なことを思っていたが、長く一緒に過ごすうちに


女のひとが母親になって家族を守っておばあちゃんになって「今」


それが、いまのその人の顔に出ていると実感できた。


「私は鼻ぺちゃで小さいときからおとうちゃんにブサイクや言われててん~」とよく言うひとがいた。
 
たしかに私と同じ系統な顔のひとだけれど、明らかに違う。もちろんか。

ああ、この人は本当に家族に大切にされて、

自分も家族を大切に大切にして今まで生きてきたひとなんだなぁ

と、ふと思った。


自分はこのままで人の親になれるのだろうか

心からいま子供が欲しいのだろうか

自分はあのひとみたいにきらきらした表情のお母さんになれるのだろうか

自分に余裕のない状態で、何を焦っているんだろう。


と、若干思春期の子のような悩みができた。

(バリバリ働きながら頑張ってる妊婦さんにははずかしくて顔向けできない悩みだな すいません)

しばし悩み、結局離職する結論を出した。

私だって働きながら子供育てたい!とちょっと前まで思っていたが

私は子供が欲しいという思いを最優先にしたかった。職場環境を言い訳にしたくなかったのもある。


それより大きな影響を受けたのは、やっぱり仕事で出会った「母」の顔を見せてくれた人たち


「子を持ち育て、家族を守っていくのが女の特権であり男には味わえない幸せなのよ」



いや、本当にそう言われたわけではないけれど

そういう生き方だって素敵だな・・・と憧れた。


当時は私が働き旦那が家事をしながら資格のために猛勉強、というスタイルだったが

旦那の資格試験が終わるころ、立場は逆転

ニート主婦となり、はぢめての婦人科受診をする決心をしたのでありました


なげーし自分語りうぜーというひとはポッチリを


妊娠・出産 ブログランキングへ

comment 0 trackback 0
01.25
Wed


なのかEXILEのDA PUMP化なのか

どうでもいいけど

旦那の帰りを待ちながらテレビを観ています。

懐かしや、私が女子高生を楽しんでいたころに人気だった

DA PUMPが出ています。


・・・なんか多いな




4人組ではなかったのか?

いつ増えたんだ

EXILEみたいにもっと増えるのか?

どうでもいいけど


if・・・という曲は流行ってたなあ~

私もまだ流行の波に乗れていた頃だったなあ~

カラオケで歌ったなあ~ と

10代の頃に思いを馳せているとぼんずの胎動でちびりそうになりました。

ちびったらポッチリをお願いします


妊娠・出産 ブログランキングへ



comment 0 trackback 0
01.25
Wed




私も旦那も目が悪い。

2人とも普段はコンタクト、入浴後はメガネ愛用者。

私に限っては引きこもる日はずっとメガネ 最近ほぼメガネ とりあえずメガネ

前髪は10代の頃からぱっつん気味で、普段はぱっつん姿だけれど家に帰るとすぐゴムでくくる。

引きこもる日は晩ごはんあたりから前髪をくくる。


つまり、旦那が仕事を終えて帰ってくると 大体前髪をしばったメガネがお出迎えをする。


彼は私をもたいさんと呼び、あんた秀逸やでぇ~ と嫌な笑い方をする。

もたいさんというのは、あの もたいまさこさん である。

私はもたいさんが好きなのでそんなに悪い気はしない(というと嘘になるかもしれないけど)


旦那はよく 佐々木蔵之介・西島秀俊・堺雅人

私の母には玉木宏、そしてご老人にはキムタクに似ていると言われる。

私としては、好きな俳優でもある椎名桔平にもちと似てきているのが複雑だったりする。

つまり、顔が整っていて イケメンだの年より若く見られるだの私に自慢してくる。

中身は全くイケメンなんかではない。

それを知らない人は、彼の外見に騙されて好青年だと褒めてくれる。

なんかムカつく。

そんな私はカワウソに似ていると言われる。

旦那はブス専なんだな~とすぐ気付いたのだが、複雑な気分だったりする。

個性的でユニークで秀逸だと旦那は表現するけど、

それはいわゆるブスだということだろうがクソが。

若い頃は旦那から 宮﨑あおいに似てる~!!とベタ褒めされ、こっ恥ずかしかったけど

今では私も もたいさん。

それでもよく私と結婚したなぁ、と

旦那にはある意味感心している。



ぼんずには旦那に似ていてほしい。

顔だけ。



なにげにランキングに参加してみました。

お暇ならついでにポッチリ

妊娠・出産 ブログランキングへ



comment 0 trackback 0
01.25
Wed




だったら人見知りでも良いなと思うけれども

このお年頃で人見知りは明らかに嫌がらせだろうと悶々する今日この頃。

まあそのうち何とかなるか。


安定期に入ってから頑張ろうと、何を思ってか

マタニティビクスとヨガのDVDを購入したのが4か月ぐらいの頃だった

しかし未だに1、2回しかやってない。

ついついお昼の2時間ドラマを見たり、こたつでダラダラしていると

あっという間に晩ごはんを作る時間になっていたりする。


散歩でもしようと思った日は寒かったりする

ああ・・・服着替えるのも寒い。

面倒臭い・・・と気が付けばもうすぐ22週目


ああ、本気でやばい体重増加が深刻にやばい

なので土日は旦那と1~2時間ウォーキングなるものをやってみたりする。


そしてたまに旦那が夜の散歩に付き合ってくれるけど、寒い

家から歩いて15分くらいのところに川沿いの大きい公園があって、

夜は川に橋の灯りが映ってとてもきれいなので気に入っている。

本気のランナーや犬の散歩する老夫婦、ウォーキング中の女の人

いろいろな人とすれ違う。

夜は暗くて昼より寒くなるけど、人見知りとしては良い時間だったりする

何より健康的な生き方ぽくて、公園でみかける人たちは好きだったりする。

街中や駅近くの悪ぶりたい年頃の学生や、自分は全知全能だ的な風を吹かす血気盛んな若者

営業っぽいサラリーマン衆から発せられる活性しまくりな雰囲気は昼だろうが夜だろうが嫌い


こんな感じで「ママ友」といわれる集団といずれは立ち向かうのかー

旦那が働いてる間、ママ友とランチ♪とかするのかー

人が稼いできた金でママ友とショッピング♪とかするのかー

そんな調子でビオレママ♪とかになるのかー

あー。無理だがや。

その前に仲間外れ♪とかいじめ♪とかあったらもう笑かしにきているとしか思えないぞ。




こんな人間嫌いな人見知りでもちゃんと親になれるのだろうかとまた悶々とする。

ぼんずが産まれたらぼんずに治してもらおう

そうそう それがいい そうしよう そういうことにしておこう

いまは頭使ってしょうもないこと考えるより、

身体を動かさないと難産になるかもしれないな、ぼんず。

今日はマタニティビクスでもやってみるかな。




comment 0 trackback 0
01.23
Mon




年明けとともに胎動が始まり早1か月

あっという間にぼんずも成長してくれている



旦那にも胎動を感じはじめた頃

「胎動あったで」とスーパーからの帰り道に報告

旦那「胎動て胎動け」



何を言っているんだこの旦那

胎動といえば、お腹の中の赤ちゃんが動くことだろうよと小一時間


旦那としては、

ミュージシャンのツアータイトル的な意味で使用するのが本来の姿と思っていた節があったようだ





長渕剛的なポジションのミュージシャンのツアー(もちろん行ったことも行きたいわけでも無い)



            長渕剛 2012 THE 胎動
                    ~男たちの大和~




胎動という言葉をアーティスティックに操る人は、確かにいる

言葉の魔法って、おそろしい。



comment 0 trackback 0
01.23
Mon





前回の検診でも順調と言われ、それはもう順調としか言いようがないくらい、順調

時々子宮が大きくなる為の痛みなのか、生理痛のようなものが出現するけど

問題はないらしい。



問題なのは体重増加

年末年始の間に肥えに肥え天城越え

調子に乗って食べた分は、ありがたいことにそのまま肥える。


しかし

安定期に入った妊婦が、こうも肥えやすいのはなぜなのか。


私だけか?

もれなく1㎏増量キャンペーンしてる。


大きい病院なため、おもしろいくらいの待ち時間を経て

やっと私の番号が呼ばれる。

返事をした瞬間、ぼんずの THE 胎動 

ちびりそうになる。


今日の検診ではうっすら体重増加に触れられたが

スルー。すぐ先生もスルーしてくれた。


ぼんずは21週4日のいま、418gとスレンダーボディ

もっと私から養分を吸ってくれ。

そしてエコーの度にうつ伏せになり、お股を見せないようにする反抗はやめてくれ。

元気に動いてくれるのは良い。なぜ検診となるとふて寝をするのだ、ぼんずよ。

性別判明するのはまだ先になりそうだ、ぼんず。






comment 0 trackback 0
01.23
Mon





気が付けば妊娠6か月に突入し、1月末に初めての両親教室へ行くことに。

母親教室に一人で行くには気が重く、(いわゆるママ友作りの場が超絶に苦手)

保護者的な感じで旦那を連れていけるほうを選んだ。


ピチピチの若い子ばっかりだったらどうしようかと小一時間


オッサンのような中身をひた隠しにし、旦那とともにいざ会場へ潜入



しかし心配とは反対に、以外と年齢層が高くて安心・・・

旦那と共に馴染めない異様な空気と格闘しながら小一時間

いや、正確には2、3分

ドギマギしながら着席。


かわいい助産師さんが司会を始めた。


今日はこんなことしますよ~ こんな話しますよ~

と、皆の緊張をほぐすように話はグイグイ進む。

さて、何とかこの椅子にも馴染めたかと思った矢先、




「では、まず自己紹介をしてもらいます!」




藪からスティックに


かわいい助産師さんが余計なひと言



まじで勘弁してくださいよォ~

ちょっと待ってくださいよォ~

まじで聞いてないですよォ~


何をしゃべって良いやらテンパるという若者言葉の意味を理解しつつ、

ペラペラと瞬息で終わらせてしまう。


それに比べて旦那ときたら、うまいこと言うこと。


出だしから帰りたくなった人見知りの妊婦



グループワークやら何やら私が苦手とするものが続き、

終盤には旦那衆が妊婦体験をするコーナーに。


おっぱいとお腹に重りがついた矯正ベルトのようなものを装着する旦那衆

やたらとおっぱいのハリやカタチがなまめかしい矯正ベルトを装着している旦那衆




その間、奥様方は暇を持て余すので、かわいい助産師さんが順番に赤子の心音を聴かせてくれる。

私の中の赤子は、通称ぼんず(まだ男か女か不明なため、通称も意味不明)


私の順番になり、ぼんずの心音を聴く。


その前に、腹を出さなければいけない。


他の奥様方は順番がくると自然と横になり、白い肌のお腹を出していた

はぢらいながらも奥様方は、肌がきれいだった。

中身はオッサン、頭脳はオッサン、外見だけかろうじてコナンな私も腹を出さなければいけない。


しかし妊娠5か月ごろから徐々に腹毛が濃くなると聞いていたのに、

毛が濃くなっているのは私だけかもしれない。


辛い現状だったが仕方ない。

腹毛もあらわに心音を聴かせてもらう。

ぼんずの心音は他の奥様方やなまめかしいおっぱいを装着中の旦那衆にも聞こえる。



ボフボフボウッボフボウッデュフフッ!!!!!!



やたらとぼんずは軽快な心臓で、元気そうだった。


それと同時に明らかに他の奥様方のお腹から聞こえる心音とは何かが違う

やたらと軽快過ぎる



「すごい元気ですね~」

かわいい助産師さんがフォロー




腹毛が濃いからなのかね?


色々とあったなか、色々と勉強できた両親教室だった。







comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。