--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.06
Sun
いやあ、もう正月気取りな日々ではなくなりました。

あっという間に年末年始特有のマスメディアも通常通りになってる。

だけれどもこれといって年末年始特有の売り出しとかに行けなかった。

今更ながら、授乳するのに便利な服かつおしゃれな服が欲しかったのだけれども、

そんなん探しにどっかへ行くという時間が、不思議と無かった。

あるはずなのに、無かった。

おかしいなあ。年末年始、あほほど時間あったのに。


そんなこんなで、旦那も明日で長かった年末年始の休暇が終わる。


で、そんなこんなな休暇の終盤にして、

今日は義父母が迎えに来てくれ、旦那の実家へ行く。


年末年始、旦那が娘と過ごせる時間が比較的多かったので私がいないと泣く、ということが無かった。

だもんで、後部座席にぼんず、義父母、そして助手席に私というスタイル。

今まではぼんずの傍らには私、というスタイルだったけれど、今日は久々に助手席。

助手席に座れるって、なんだか女子。 私、助手席女子!

そしてぼんず、愚図りもせずにこやか! 私、にこやか女子!


旦那の実家までは高速も使って1時間弱。

ぼんず、もう着くよ、というところで熟睡。 だもんで、ちょっと遠回りしてから旦那の実家へ。


実家へ着くと、旦那のお兄さんとぼんず、初対面。

義兄(独身・実家住まい)、赤子とぎこちなく対面する。

ぼんずが床に寝そべり、義兄の足元でうつ伏せになっても立ちっぱなし。

しかしぼんず、義兄に微笑みかけていた。 義兄も若干、微笑んでいた。


で、すぐに義兄は出掛け、義父母とぼんずのふれあいタイム。

ぼんず、楽しそう。私が視界から消えても、おかまいなし。私もぼんずをおかまいもしませんで。


なんかこう、普段の平日、ぼんずと2人きりでいるので非常に気がらく。

義父母も非常に楽しそう。良かった。


それからご飯を食べ、ぼんずに離乳食を食べさせ、義父がりんごをむく。

義父がむいたりんごを持ってこちらに来た際、義父、

「食べるか~!?」と、ぼんずの口にりんごを入れようとする。

旦那、「おいおい!あぶないあぶない!」と義父を制止。

それに反し、ぼんずは口を開け上機嫌。しばらくりんごしゃぶらす。

シャリシャリシャリシャリシャリシャリシャリシャリシャリシャリシャリ

ぼんず、噛むおもちゃティックな扱いでりんごを噛む。

離乳食ではりんご、酸っぱいのか避けるけれど、義父のむいたりんごは嬉々として噛み続ける。

義母、そのようすを見てげらげら笑う。旦那も笑う。

めっちゃ、団欒やん!


で、そろそろ帰る頃、旦那の祖母が同居娘(義母の姉)に連れられ、旦那の実家へ来る。

ぼんず、義母の姉に抱っこされると大泣き。

義父母には慣れたようすだったけれど、初対面の人にはやっぱり穏やかでない。

そして旦那の祖母、ぼんずにお年玉、5万円!をくれる。

あほや!赤子に5万て!あほ!  とは言えず、断ったが旦那の祖母から見て私なんぞ赤の他人。

旦那へ詰め寄る旦那の祖母。旦那も最初は社交辞令で断っていたけれども、受け取る。

とりあえず、ありがとうございます、旦那の祖母。

どうでもいいけれど、旦那の祖母は両家とも健在。元気!


で、帰り際に西松屋へ行く。

もらった5万、早速使う。9000円くらいで、あほほど服買った!なんか、スカッとした!


帰りの車内、ぼんず熟睡だったので、西松屋に行っている間は義父母にみていてもらう。

久しぶりに旦那と2人で買い物をする。西松屋やけれども。

ぼんず、目覚めず熟睡。結局、家へ着く間際まで寝ていて、1時間半はしっかり寝る。


だったので、風呂後なかなか寝つきが悪かったれども、寝てしまうとかなりの勢いで熟睡。

非常に疲れただろうけれど、良い刺激だったよう。


そうそう、旦那が毎日いるせいか、ぼんずの知性がかなり発達したくさい。

やっぱり日々、きちんと相手して遊んでいると発達するもんなんだろうか赤子。

せやけど、せやけどやな、平日はそうはいきません。 ごめん!ぼんず!ボナペティ!


知性つうか知恵つうか、

おもちゃを取るため手を伸ばすが届かない、

そんな時は下に敷いているバスタオルを引っ張っておもちゃをたぐり寄せたり。


おしりふきウォーマー(いとこからもらった)が暖かいのを知ったのか、

ウォーマーをばんばん叩き、上に登ろうとしたり。猫のよう。暖をとろうとしているよう。


この人は私にとって無害でそして友好的かつ献身的だ、

という判断をしているように見受けられたり。

そしてその判断のもと、愛想を振りまいているようにもみえる。

まったく、とんだ小悪魔agehaやで!



身体面でも発達、

おむつ替えのとき、うつ伏せになろうとするので授乳クッションにはまってもらう昨今。

するとぼんず、両足の親指を両手でつかみ、股を最大限に開帳し、丸まって足の指をしゃぶる。

うつ伏せのときもかなり高く尻を持ち上げたり、背筋使ってるくさい動きをしたり。

娘、いろいろと発展している。

まったく、とんだ発展家やで!


もう日曜日になったのか、働いてもないくせに、月曜になるのが憂鬱。なのでクリックをば・・・

今更ですが、正月気分で人気ブログランキングへ

正月早々、五社英雄監督の吉原炎上観た。

私の中で、京都地検の女のイメージが強い名取裕子!ナイスパイオツ!

かたせ梨乃も西川峰子もナイス太もも!

そして若かりし根津甚八、男前!


旦那、最近剛力彩芽をみて「ぼんちゃんそっくりやで~!」という。


ごめんなさい、個人的に、嫌なんですが、どうでしょう。

ごめんなさい、私は、私や娘が剛力彩芽に似ていると言われたらちょっと複雑な心境です。

フアンの皆様ごめんなさい。


でも、今日、ダブルフェイス観てたら、蒼井優がぼんずにそっくり!やった!

旦那も、「あれ?蒼井優のほうが似てるな~!」という。

蒼井優、なんか赤ちゃん顔や!ベビーフェイス!肌きれい!

そう思っているとコマーシャルに剛力彩芽が出てきて、旦那ふたたび

「やっぱりゴーリキーやでぼんちゃん!」


ただ、ショートヘアの女の子で、眉が若干下がっているとぼんずに見えるようすの旦那だった。
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
12.30
Sun
最近、ポージングの種類が増えた。

ここ最近では、

涅槃像、インリンオブジョイトイ、池谷幸雄。


平たく言えば、土曜の夕方5時頃のオッサンの姿、M字開脚、Y字バランスが旬。


池谷幸雄に至っては、Y字バランス=新体操=池谷幸雄 という、安直な連想。

私は一体いつまで 池谷幸雄=若手新体操選手 という概念を持ち続けているのか。



そんな私の池谷幸雄像についてはどうでもいい、


で、特によくするのが、授乳クッションの上で、このポーズです。


涅槃で待つ

どうでもいいけど巨大な石像とか、無性に苦手。

なんか心臓が甚大な被害。鼓動が早くなり過ぎて、吐きそうになるくらい、苦手。






そしてY字バランス、右手で右足を持ち上げるポーズをよくする。

左手と左足のバージョンはまだない。









高麗の国譲二さんです

高麗ノ国 譲二(こまのくにじょうじ)氏(芝田山部屋所属)、

湘南乃風が好きでMステが好きな今どきボーイ。

平成2年生まれの、Hey!Say!JUMP。

得意な形は「押し」で、ご覧のとおり、Y字バランスが特技。


もう、彼の写真を見て、これだ、これしかない、と思った。

ぼんず、まさに、まさにこんな感じ!




もう一度、高麗の国譲二さんです

高麗ノ国氏には悪いと思うけれども、ぼんず、ほんとにこういう感じになる!

なんともいえない表情を浮かべるところまでそっくり!

そして彼から漂う良い奴臭! そこはぼんず似てない!



そして、風呂の時に必ずするのがM字開脚。

私の腹をまたぎ、太ももの上でねそべる際、自分で足を固定してまでM字開脚をしてくれる。

おかげでおまたを洗いやすいけれども、なんだか、複雑な親心が湧いてくる。





最近はリル・キムレベルのM字を見せつけるぼんず。


リル・キムはなんだか迫力がすごい


そんでたまに角度が急過ぎて、助けを求めてくる。





インリンより角度が急

これくらいになると、泡ですべると危険なので、救出する。



私の太ももの上で、つるつるつるつる、いろいろ試行錯誤しているようすの娘です。



格付けランキング参加中です、クリック、とっつぁんです。

育児日記 ブログランキングへ

今日は早々に寝てくれた娘、なので寝かしつけてから旦那と久しぶりにご飯ゆっくり食べた。

旦那はビール2本と日本酒を飲んで早々に寝た。

昨日も会社の付き合いでビールをピッチャーサイズで4杯くらいは飲まされたと言っていたし、

明日は大学時代の友人と会うようだ。



ああ!!貴様ばっかり酒、浴びるように飲みやがってぇええ!!

仕事の付き合いはいらんけど、友達と会って楽しむなんてぇぇえ!!


と、ちょっと腹立ったけれど、この年の瀬に都会へ行くのは嫌だ。

ぼんずと狭いマンションの一室、孤立していたほうがまし・・・・!と、強がりを言ってみても

本当はちょっと、唯一ひとりの親友と、会ってお酒飲んだりしたいなあ。

美味しいもん食べて、しょうもないことしゃべって、

「オコジョみた~い!!気持ちわるい~~!!」って、言われたい。

親友は今頃、新婚だから充実しているかな。


・・・ちょっとうらやましいな。

子のいない、新婚生活。


子がいるって、本当に大変だ。


だけれども、子は私を惹きつける何かを持っている。

当たり前か。

そうしないと生きていけないじゃない、赤子。
comment 0 trackback 0
12.29
Sat
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

12.27
Thu
夜、熟睡しにくくなったようです。

私ではありません。娘さんです。

私が寝つき悪くて携帯でインターネッツしながらじゃないと寝れなくなったとか、

誰が興味あるのか。


そんな私の子ども、

半分寝ながらも指を吸い、頭を左右に動かしていたり、

(動かすというか、もはや激しく後頭部を布団にこすり付けているようにしかみえない。

 そのうち火が起こるのではないのだろうか、それくらい、禿げている後頭部。)


ちょっと横向くつもりが思いのほか勢いがついて、うつ伏せになってしまったり、

というようなことをするせいか、上へ上へ、どんどん昇ってゆく。

もう布団、そこから先には無いやん。

それ以上いったらあんた、壁です。


頭を打ち付けないよう、布団の下のほうに寝かせていたつもりが、

やっぱり私が就寝する頃になると、壁から数cm下にいるぼんず。


前向きというか、上昇志向の強いお子だ。


そんな上昇志向の強い、布団界では常に上位に君臨している上流階級な我が子、

最近気持ち、毛が伸びてきた個所がある。耳周辺と、モヒカン部分にあたるところ。

しかしサイド部分は相変わらずなので、モヒカンに見えんこともない。

壮大なM字ハゲにも見える。

ほんで耳の近くの毛は若干長いときている。


大五郎か、

はたまた五人囃子のもみあげのよう。いいやあそこまでボーボーではないけれども。

もみあげがひどい

ニュアンスはこんな感じ。

決して、尾崎紀世彦ほどはない。

そういえば、実家にある祖父が買ってくれた雛人形、もう15年以上出していない。

祖父、立派なやつを買ってくれたけれど、私は組み立てられないし、並べ方も知らない。


そして5人囃子は並べる順番は決まっているのでしょうか。

ベースが左でドラムがその横、ギター2人は右、

そしてセンターにはヴォーカル、ドーン!的なもの、あるんでしょうか。



そうするとキーボードの太一はどこへ行けば良いのか。

太一がいるとギター2人編成は難しい。

智也がヴォーカル兼ギターで、リーダーにメインギター1人で頑張ってもらう寸法になるか。


あっじゃあそれ、もはやTOKIOになるね。

長瀬智也の短パン、稲葉浩志の短パン、どちらも受け付けないという方はクリックをば・・・

育児日記 ブログランキングへ

母の妹、松岡君の大ファン、いや、ファンっつうか、フアン。

彼の出演した作品のDVDなどなど、すべて収集している。

タマテツこと玉山鉄二の大フアンでもある。


そんな叔母、松岡君のことを「マボ」と呼ぶ。

なんだ、その麻婆豆腐の素みたいなあだ名は。

フアンの間では、ポピュラーなよう。マボちゃん。
comment 4 trackback 0
12.21
Fri
今日もいつも通り、6時半まえに風呂入る。

私がシャワーする間、風呂の扉は全開で、狭い脱衣所にはバウンサーで待機するぼんず。


もう、この寒さでは風呂の扉全開は自殺行為。

そして脱衣所にこもる湿気、カビルンルンが大量発生するレベルにひどい。

ぼんずも湿気にまみれ、あーあーうなったり、背中を反ったりして待機。


もうそろそろバウンサー、限界です。


両手はガッツのポジションで、側面をむけるがごとく弓なりになるぼんず、

非っ常~に、危険です! と、テレンス・リーですら警鐘を鳴らすレベルにやばい。

そろそろ、新たな方法の待機のしかた、考えなければ。

皆様におかれましては、どのような待機法で子を待たせなすっておられるでしょうか。



で、そんなこんなで私シャワーを終え、ぼんずの服を脱がし、浴室へ舞い戻る。

しゃしゃっと洗髪・洗身を終え、湯船に浸かる。

ぼんず、いつものように左手人差し指をしゃぶり、右手で私の乳房や水面をぺんぺんする。


風呂に入れる時、三角座りの私の腹あたりにまたがらせる感じで、

私の太ももが背もたれになる感じ。


いつものように私は橋幸夫の「恋のメキシカン・ロック」を歌い、

ゴーゴ、ゴーゴ、あたりから、「2億4千万の瞳」に歌がすり替わる。



そんな折、ぼんず、私の腹に両足でしがみついていた。


池乃めだか氏のカニばさみをはるかに超える、カニばさみ。

私、完全にホールドされる。



めちゃくちゃ、可愛い。


けっこう、がっしりと私にしがみつく娘。 しかも足で。 

手は、余裕しゃくしゃくでしゃぶっているくせに。湯をちゃぷちゃぷしているくせに。


なにもしらない、という顔で、指しゃぶりながらのカニばさみ、

なんともいえず、ラグジュアリーなひとときでした。



そうそう、我が子を風呂に入れるたびに少し考えるのだけれども、


私のアンダーヘア、我が子の尻に刺さらないか心配。

もしかして、私のアンダーヘアのせいで、ぼんず、尻が真っ二つに・・・!? とか、

ちょっと心配。

センシティブな我が子の尻、私のアンダーヘアが刺激にならないか、心配。



ついでにそうそう、

いままで、とらじろうのオムツを愛用していたが、

とらじろうではLサイズを使わなければならなくなり、代替え出来ると思ったのがグーン。

メリーズ、ムーニー、けっこうな確率で尻がかぶれたのだけれど、グーンは比較的ましだった。


が、この数日、オムツはこまめに交換しているものの、尻、かぶれだした。

ううむ、やっぱ、万策尽きたのでとらじろうに戻すか。

グーンだとMサイズで済むから、Lよりも枚数が入っていて価格も安心だったのに。

しかし、我が子の尻にはかえられない。


というわけで、今日からふたたび、とらじろうのオムツに戻る。

Lサイズのとらじろうは、おすわりしたり絵本読んだりしている。

おむつのイラスト、グーンのほうが可愛かったのになあ。


おむつを通して知る、とらじろうの成長具合なんぞ、どうでもいい。


おむつのサイズアップ、

我が子の成長とともにとらじろうも成長しているのを、喜ばねばならんのでしょうか。


とらじろうは1人でお座りして絵本読んでるけれども、

我が子はまだ、支えがないとお座り出来んし絵本はまだ、舐めたり口に入れるためのものだ。

くそう、とらじろう、やけに発達しやがって・・・!

虎のくせに、なまいきだ!



とらじろう、いや、しまじろう、

別に恨みはないけれど、なんか、あんたの所属事務所が嫌!


育児日記 ブログランキングへ


私は、しまじろうがけっこう好きではない。

しかし旦那は好きだという。

「これ可愛らしいやんか~!好っきゃ~!」と、非常に好意を寄せている。


・・・我が子がしまじろう好きになったら、私も腹をくくるか。


そして私は実生活でも、しまじろうをとらじろうと呼んでしまう。

いや、呼ぶ機会なんてそう無いのですが。

母の前でも「とらじろう」と言ってしまい、母にすら「寅次郎は違うで!」と言われる始末。

・・・わざと言っているのでは無いのだけれど、どうしよう。

とっさに、とらじろう、と言ってしまう。

ややこしい。
comment 2 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。